No Image

お見合い相手と本交際に進むためには、「告白」の仕方やタイミングが重要です。ここをしっかり守らなければ、焦った気持ちが相手に伝わってしまい逆効果になることも。

お見合いで出会った相手と仮交際へ進めたら、次は本交際へステップア ...

No Image

仕事の種類や職場にもよりますが、忙しいところは本当に忙しいです。朝も早く帰りは終電コースで職場と自宅の往復ばかり。

出会いもなく坦々と毎日が過ぎていきます。気付けばもう40代突入といった感じでしょう。たしかにこれだけ見れば ...

No Image

婚活で相手を探すときについついやってしまうのが、減点方式で相手を見てしまうということ。自分の理想像を明確にしてから婚活をする人が多いので、どうしても理想像を基準にしてしまいがちです。

「ここが足りていないな。」

No Image

恋愛や結婚が出来ない男性の特徴とは・・・

⒊ 若い頃からモテてきた

意外にも、若い頃からモテてきた男性で恋愛結婚が出来ない人は結構います。

つまり女性の選択肢に常に困ってきていないので、女性のありが ...

No Image

恋愛はできるのに結婚までは踏み切れない、そもそも恋愛ができないなどという男性は多いと思います。

恋愛や結婚が出来ない男性の特徴の一つとして「理想が高い」というのが挙げられますが、悪いのは理想が高いことではなく、理想だけが高 ...

No Image

昔から妻(恋人)の方が大きい夫婦を「蚤の夫婦」というが、女の方が大きいカップルなど今はもう珍しくない。

しかし、身長差を気にする男性はまだまだいるようで、「今少し気になっていて仲の良い女友達がいるのですが、ハイヒールが好き ...

No Image

付き合い始めの頃はまだお互いが緊張している状態。会話もなかなかスムーズにいかない・・なんて悩みも深刻です。

慣れてくると、会話がない時間も心地よいものとなるのですが、そうなるまでは時間もかかることでしょう。そういった状態に ...

No Image

近年女医さんが増えてきたこともあり、医者同士というカップリングが増えている。

男性医師の中でも、「相手は女医さんのような頭が良くて学歴のある人が良い」という意見は多い。

そんな医者同士の結婚、忙しそうではあるが ...

No Image

今、たくさんの方からお申込みいただいているのですが、何だかピンとこないのです。一例をあげると外見に拘るつもりはないのですが、背が低く痩せ型で、はっきり言って貧相…。

ハンサムでもなく、服のセンスも悪い。かと言って、すごく性 ...

No Image

まず一般的に地味婚と呼ばれているスタイルはこちら。

①フォトウェディング
②2人挙式(式のみ婚)
③挙式+食事会(家族婚)
④挙式+披露パーティー(少人数婚)
⑤会費制パーティー
⑥ ...

No Image

明日は待ちに待ったデートの日!

デートの日のワタシは当日の朝から作るんじゃ間に合わない。前日から朝ごはんを仕込んで、コーデを決めて、丁寧にスキンケアをして、アロマの香りの中で眠るの。

デートのための夜活で、いつ ...

No Image

まっすぐな人と言えば、素直で誠実、ピュアでやさしいなど想像するといろいろ浮かびます。誰でも自分の恋人になって欲しい人の条件があるはず。

初対面でその人の性格などはわかりにくいので、初めのお気に入りポイントは「外見」でしょう ...

No Image

学歴コンプレックスが強い人は「思考の癖」を改める必要があります。すべての物事には「光と闇」の両面があるにもかかわらず、コンプレックスは「負の側面」ばかりにフォーカスした結果、作られているからです。

本来、学歴とは、あなたの ...

No Image

お見合いで意気投合して見事に交際に発展したものの、交際がうまく続かない・・・なんて悩みを持つ方も多いでしょう。

まだ慣れないうちは仕方ないとしても、何人か交際に発展したのになかなかいい結果が出ないとしたら、あなた自身の行動 ...

No Image

誰の人生にも、「重大な選択肢」を選ぶ瞬間が必ず訪れます。

極論すれば、こうした人生の選択肢を選ぶことが、「人生そのものである」と言っても過言ではありません。

あなたが、人生の選択肢に迷ったとき、最も重要となるの ...

No Image

「年齢とともに女性の好みが変わった」「昔と比べるとタイプの女性が違う」と感じる男性は多くいるようです。

傷つく恋をすると似たような相手が嫌いになってしまうことも。男性の場合はよりトラウマ感が強い様子。

「元カノ ...

No Image

子連れ再婚は最近の離婚率増加に伴って年々多くなってきています。

子供がいてひとりで子育てと仕事の両立は大変で、再婚することで心身ともに助けられることは多いでしょう。

しかしながら、子連れ再婚に後悔を感じている人 ...

No Image

一般的に男性は口下手で、恥ずかしがってなかなか愛情表現を言葉や態度に表してはくれません。

いつまでもラブラブでいられるベテランカップルの男性も果たしてそうなのでしょうか。

多くの男性が勘違いしている「言葉にしな ...

No Image

「彼は本当に私のことが好きなのだろうか?」という不安は、いつも女性たちを悩ませます。だから女性は男性に愛情表現を求めるものですが、ひょっとしたら男性は男性なりに愛情表現を行なっているつもりかも。

そもそも愛情表現とは、一体 ...

No Image

交際していて、よくある悩みは「進展しない」ということです。

例えば、仕事などでどうしても会う機会を持てなかった場合、相手からするとどうでもいい存在なのかと軽くみられているような気持ちになるものです。

1回のデー ...

No Image

お見合いで意気投合し、見事、交際に発展したものの、どのように交際を進めていけばいいのか・・・と不安で悩むものですね。

それは大抵、お互いに同じ不安を感じているもので、ずっと受け身でいても進んでいくようであれば楽な交際ですが ...

No Image

結婚を後悔したことがある女性はなんと二人に一人もいる!?

みなさんどんな理由で結婚を後悔しているのでしょう。結婚を後悔した理由を男性と女性両方の視点から見てみましょう。また、夫婦関係を円満にするコツとは?

結婚 ...

No Image

結婚相談所の存在は、すでに知っている。しかし、なかなか一歩を踏み出せない。

婚活を意識し始めた男女は、結婚相談所に興味を持ちながらも、どのようなサービスを提供しているのか、どのように入会をすればいいのかわからず、何ひとつア ...

No Image

「結婚相談所での交際は同時に複数の方と交際しても良いのですか?」

無料カウンセリングや、ご入会されるときにご質問されることがあります。

答えはYESです。

結婚相談所での交際の場合は、基本的に複数の ...

No Image

男女、年代別の比較から浮かび上がってきた傾向は……

厚生労働省の「人口動態統計」によると、日本国内の婚姻件数は、1970年から1974年にかけて年間100万組お超えた。

なかでも1972年は、過去最高の109万 ...

No Image

厚生労働省の「ひとり親家庭等の現状について」によると、この25年間で、母子世帯は1.5倍に増えたそうです。

母子世帯が増えた分、貧困であえぐ母子家庭も増加しています。母子家庭の貧困率は、なんと6割を超えているそうです。

No Image

自分が年を重ねるごとに相手のタイプが変わることは、自分が成長している証拠です。

自分が成長したことで、それまでは価値があると思っていた意識が向上したのです。子供の頃にはおもちゃで遊んでいた時期がありましたよね。

No Image

「終活」の一環として婚活を行う方がいらっしゃることをご存知でしょうか?

自身の最期を想定してどう生きていくかを考え準備を行う終活と今後の人生の伴侶を探す婚活、相反する活動のように思われるかもしれませんが、現在の日本の少子高 ...

No Image

あなたが求めている男性はどんな人ですか?

理想の相手と出会いたいと思っていても、意外と明確なイメージを持っていない人が多いものです。

お金を持っている人、背の高い人、優しい人、気がきく人、仕事ができる人、男らし ...

No Image

今の彼に満足していない人、理想の彼氏・結婚相手に出会っていない女性、ぜひ『簡単な引き寄せの法則』を使って、理想の恋人を見つけてみてください。

引き寄せの法則のことを知らない人も、もしくは引き寄せの法則を使っても満足のいく結 ...

No Image

「いつか素敵な人と結婚したい!」と幸せな結婚を夢見る未婚女性は多いですよね。

しかし一生添い遂げる結婚相手を選ぶのは、かなり慎重になるもの。理想の結婚相手の条件とは何なのでしょうか?

既婚女性に、実際に結婚した ...

No Image

経済状況や社会的な風潮が異なる、母親世代と私たち娘世代では、結婚相手に求める条件に違いがあると言います。

それはどんなことでしょうか?

知人親子の協力のもと、両者の考えを比較してみました。両親との結婚相手につい ...

No Image

性格美人はモテます!

「性格美人に憧れる」や、「性格美人になりたい!」って、思う人は多いと思います。そうですよね?

やっぱり周りからも性格美人と思われる女性になりたいもの。性格美人と言われる人は、確かに男性から ...

No Image

あなたは今まで初対面ではどんな話をしていいのか、非常に悩んでいたのではないでしょうか?

初対面では、お互い相手のことがよくわかりません。

たとえあなたが事前に調べたとしても、相手はあなたのことを知らない可能性が ...

No Image

先日、居住区の区役所へある相談で出向きました。その相談とは医療費抑制のために50歳以上の独身者を対象に「お茶会」を開催してもらえないかという提案でした。

まず最初に国民健康保険担当者へその旨の話をし、担当課長を紹介してもら ...

No Image

結婚相手が現れない…原因は理想の高さでなく多さ!

「結婚はしたいけど、出会いがない」「合コンや婚活パーティーに参加してもいい人がいない」ーー。

いつもこう嘆いているあなたは「理想のパートナー」の条件を列挙しすぎ ...

No Image

人生に3回モテ期が訪れるという明確な根拠は無いようですが、多くの人が3回のモテ期はあると思うと回答しているそうです。

☆ 誰にでも人生のうちに3度は訪れると言われるモテ期。

☆ モテ期を説明するとすれば、「自分 ...

No Image

結婚相談所に入会されるときの判断は、皆様はどのようなことで入会を判断されているのか知りたいという方がいらっしゃいます。

入会されるときの判断基準というのがいくつかあります。

「信頼できる」「サービスが良い」「サ ...

No Image

学生時代に憧れていた彼。

お互いに大好きだったはずなのにちょっとしたきっかけで別れてしまった元カレ。。。

同窓会に行くときは、なんとも言えぬ期待をしてしまうもの。今恋人がいないのなら、相手を見つけたい!と思って ...

No Image

しばらく彼氏がいなかったり、そもそも恋愛経験がなかったりする女性は「自分の恋愛が実現可能なのか?」を、一度見つめ直してみることをおすすめします。

たとえば、美形の男性が好みだったり、お金持ちが好きだったりするのはわかります ...

No Image

なぜ50代の婚活は難しいのか?

未婚のまま50代、60代になった方だけでなく、最近は再婚希望の50代、60代も増えていますが、年齢を重ねるごとに結婚するのが難しくなるのも事実。

その中でも特に50代同士の結婚や ...

No Image

あなたはご存知でしょうか?

人生の転機で起きる出来事や変化は、その時期に取る行動と過ごし方が重要です。

満足できる結果を得る、ピンチや困難を乗り越えることもできれば、苦しいまま長い時間を過ごしたり、状況を悪化さ ...

No Image

婚活タイムとして人気なのは「お茶だけで済む」14時。でも、真夏に限っては例外だ。

「真夏の婚活ベストタイムが午前10時と午後4時」

婚活の待ち合わせで最も多い時間帯は14時です。実際にホテルラウンジのこの時間帯 ...

No Image

元彼は浮気ぱかり繰り返していた。元彼は暴力を振るう人で、毎日耐えていた。

言葉の暴力が凄かった。こんな風に、過去の恋愛でトラウマを抱えている女性って、結構いると思います。

女性の恋愛は上書き保存なんて言われるけ ...

No Image

初めてのデートに行くときは、前日から緊張して眠れなかったりするものです。何を

着て行こうか、メイクは上手にできるかドキドキしますよね。

そう考えると、出来ればデートの待ち合わせ時間はゆっくりめにしてほしいなんて ...

No Image

できるなら籍を入れて一緒に住んで、生涯仲良く助け合って過ごしたいの思いますよね。

どちらかが先に亡くなっても、相手の残してくれた思い出や経済的な支援があれば安心していられます。

また、お墓も一緒に入れるなら、そ ...

No Image

会話が途切れた時、最優先で考えないといけないことは気まずい沈黙へ突入を完全に阻止すること。

適切な手当を施すことが出来れば、会話の途切れは恐れるべきものではなくなります。

こわいのは会話が途切れることじゃなくて ...

No Image

若い男性は体力があり、自己管理が多少おろそかでも清潔感がありますよね。

そんな若くてモテる男性を見て、「自分は年だからもうモテない」とため息をもらす

50代のあなた!男性が発する真の魅力はこれからですよ!

No Image

■ 年齢的にもそろそろと考えていた時に。

仕事にもやりがいが感じられなくなっていた時期がありました。

そんな中、周りの友人もどんどん結婚をしていき、私を取り巻く環境には変化があるのに、自分自身は何も変化がないと ...

No Image

将来の結婚に向けて積極的に行動してはいるけど、なかなかうまくいかない・・・。

これは、婚活経験のある女性が一度はぶつかる壁のひとつかもしれません。では、女性の婚活がうまくいかない根本的な原因とは?

婚活がうまく ...

No Image

「運命の人」って、本当にいると思いますか?実は運命の人って、誰にでも存在していて、あなたが気付くことを待っていてくれているんです。

運命の相手と本当に出会いたいと思うのであれば、まずは「自分にもどこかに運命の相手がいる!」 ...

No Image

『男はつらいよ』の寅さんシリーズは、日本が世界に誇る長寿人気作です。1969年からの27年間、全48作、90年代までは、毎年夏と冬の2回公開されていました。

主演の渥美清さんが亡くなり、シリーズはストップしてしまいましたが ...

No Image

その1 親に報告・お互いの実家に挨拶

まずは、それぞれの親への報告です。自分の親に結婚をしようと思うと伝えましょう。

親への報告が済んだら、お互いの実家へ二人揃って結婚の挨拶に。結婚相手をお互いの親に紹介して、 ...

No Image

長い春の末、別れてしまうカップルは意外に多いものです。付き合いが長くなると、交際当初の勢いもなくなり、結婚のきっかけを逃しがちなのかも。逆に、長年付き合ったカップルが「結婚したい」と思うきっかけは何なのでしょうか?「交際11年、同棲生 ...

No Image

最近の傾向として、どの年代においても昔よりも若々しい方が多いです。

50代男性でも、50代には見えないような、元気な方が多いことは事実です。しかし、婚活においては、50代というと、シニアの分類に入ります。

いく ...

No Image

あなたは婚活で理想の出会いにめぐり合うことができましたか?

数多くの人が結婚につながる出会いを求めて集う婚活は、新しい刺激がたくさんある分疲れを自覚してしまうことがかりますよね。

婚活を頑張っている女子がそのモ ...

No Image

「晩婚化が進んでいる」というフレーズ、さすがにもう聞き飽きませんか?ちなみに私は聞き飽きましたし、見飽きました。でも、それもそのはずなんですよ。

晩婚化は今から60年以上も前から、ずっと進み続けているんですもの。内閣府男女 ...

No Image

女心と秋の空ということわざの意味は、変わりやすい秋の空もようのように、女性の気持ちは移り気だということです。

男心と秋の空ともいうことがありますが、これには男女によって意味合いに多少違いがあり、男性は愛情の対象、好きな女性 ...

No Image

交際中のお相手に他の交際相手がいるかどうかが気になる・・・

上記で示したとおり、通常の交際ステータスでは同時に何人とも並行して交際することが可能です。

故に、自分以外にも誰かと交際しているのではないかと疑心暗鬼 ...

No Image

お見合いでなかなか会話が盛り上がらず間が持たない・・・

男女問わず、あまり異性との会話に慣れていない人ほど「盛り上げなくてはいけない」と考えすぎるあまり、少しでも会話が止まってしまうと焦ってしまい、その間を埋めるために一人 ...

No Image

結婚相談所での婚活に悩みはつき物です。こんなことで悩んでいるのは自分だけ?なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

婚活の悩み事は、人に相談しづらい性質上、壁にぶつかった時についついマイナス思考に陥りがちです。

No Image

意を決してプロポーズしても、彼女が100%OKを出してくれるとは限りません。

まだ結婚への意志が固まっていなかったり、人生の大きな転機を迎えて「今はまだ結婚

すべきじゃない」と考えている可能性もあります。

No Image

条件的には申し分ない男性なのに、デートに気乗りがしない。

「なんでだろう?私って、こういう男性と結婚したいんじゃなかったっけ?」

そんな風に悩んだ経験はありませんか?

例えば、あなたがアクシデントに ...

No Image

結婚のための付き合う条件を考える時、ふつうは自分の今までの経験から入っていきます。

次に、誰かが「良い」「必要」と言っていることです。特に他人の付き合う条

件を知ると、理想の男性と出会いやすくなります。 ...

No Image

「我が子は結婚できるのか・・・・・」。未婚の30~40代の親たちの間で、子の将来への焦りが強まっている。

40代前半の未婚率は男性29%、女性17%という現状。親と同居し経済的に依存するケースが少なくないことも不安に拍車を ...

No Image

遥かな昔、大国主大神様は国づくり・人づくりをなされ、数限りない私たちの祖先

に、より良い暮らしをとのさまざまな業(わざ)をお教えになりました。そして、こ

の国は天照大御神様のご子孫が治められるようにと、国譲り( ...

No Image

目的は、お相手に良い印象を与えることです。服装は大切です。最初のあなたの

印象がそこで決まると言っても過言ではないからです。

その一瞬だけでも、相手も癒す。と思って、洋服を選ぶと良いと思います。あな

No Image

よくモテる人の条件の一つとして「清潔感」って言われますよね。

男性でも女性でも、清潔感のない人って「生理的に無理」と言われることが多く、

好感度が低くなってしまいます。

男性は、女性に対して清楚で女 ...

No Image

モテ期の前兆と思うような出来事は、男性にも女性にも訪れるものです。

このサインを見逃さずに、ここからどう行動するか考えていきたいですね。ちなみに

、人生には3回モテ期があるとよく言われます。

貴重な ...

No Image

本当に心が通じ合うような人には、なぜか本心とは裏腹な態度をとってしまったり

、冗談交じりに相手をディスってしまったりするものです。

こうした心理を「変動形成」と呼び、好きな人ほど意地悪なことを言ったり、逆に

No Image

恋愛運をあげたくて何となく恋愛のパワースポットへ行く人もいるかと思います。

「恋愛はこの神社がパワースポットで有名だから」

「ここが縁結びの神様だから」

このように、闇雲に恋愛のパワースポットに行っ ...

No Image

男性が女性に対して心を開く瞬間

「この子はおれのことを受け入れてくれるから、安心して自分のことを話しても

大丈夫だ」という印象を彼に与えることが、彼との信頼関係を築く第一歩になる

のです。

No Image

一緒に過ごすと楽しい友達。恋人にはない魅力あふれる存在ですよね。

いつでも気軽におしゃべりしたり、遊びに出かけたり……。とても幸せな時間を

過ごせます。

しかし一度自分の「本心」に気づいてしまうと、 ...

No Image

携帯、スマホが普及して、好きな人といつでも手軽に連絡をとれるようになりました。

今や「電話」と「メール」は、恋愛に欠かせないツール。とはいえ、そんな時代

だからこそ、新しい悩みも……。

好きな相手と ...

No Image

カップルにとって大切な「記念日」。一年を通して考えるとさまざまなものがあり

ますよね。

でも男性と女性では記念日の捉え方が違うことも多いもの。

また、記念日に何をするべきなのか、困っている人も多いは ...

No Image

「幸せ」と聞くと、あなたは何を思い浮かべますか?

人生のイベントに例えるなら、入学、就職、結婚……と一見他人が羨む暮らしを

しているほど、人はつい「いいなあ、幸せをゲットしていて」と思ってしまいま

...

No Image

恋人とのデートをある程度重ねていくと、次のデートプランが思い浮かばないなんて

ことがよくあります。

もちろん、すべてのカップルに当てはまる話ではありませんが、多くのカップルが次

のデートプランに悩み ...

No Image

結婚相談所での交際には、様々な決め事とかあってその中でお互いの愛を確かめ合い

結婚へと進んで行きます。

おおらかな人もいれば、きちょう面な人もいます。また、積極的な人や受け身的な人

など正反対の性格 ...

No Image

彼女と楽しいデートも終わり、あとは家に帰って寝るだけ……なんてことしていま

せんか?

デート後にフォローを入れておけば関係が長続きしますよ。

何をフォローするのかというと、今日のデートの感想や彼女へ ...

No Image

デートの約束を取り付けたら、あとは当日を待つだけなんて軽い気持ちでいませ

んか?

何も考えずにデートに行くと、当日どこにいく?

とりあえずぶらぶら…

行き当たりばったりで女性は疲れてしま ...

No Image

女性といっても性格は人それぞれですので、どのポイントで嫌がるかも微妙に違って

きます。

でも、明らかにどの人にも嫌がるようなメールを送りつけて、嫌われてしまうもてな

い男もいるんです。

...

No Image

結婚相談所の婚活にはいくつものルールがあります。

その中のひとつが、交際開始から3ヶ月以内にプロポーズの有無を判断するということ

です。

デートを積み重ねていき「この人となら結婚してもやっていけそう ...

No Image

よほど変わった趣味の人でもなければ、嫌なことをやられて喜ぶ人というのはそう

いないし、そういうことをやる人を好きになることもないでしょう。

逆に言えば、自分が嬉しいこと、喜ぶことをやってくれる人のことは好きにな ...

No Image

付き合い始めの頃というのは実は気をつけることがたくさんあります。

というのも今までの彼(彼女)との関係性から彼氏彼女の関係になるので、その

分以前と比べて変化が大きいですよね。

ただそんな中で付き合 ...

No Image

話題の作り方にもルールがあるんです。

ルールですので覚えてしまえば話題に困ることなく、無難な会話から盛り上がる

会話まで自由自在になります。

さらに、相手が話したい話題をただ振るだけで相手は喜んで話 ...

No Image

結婚相談所へ入会しお見合いを経て、見事に交際へと発展したカップルは結婚相談所

のルールにのっとりここから交際がスタートします。

基本的には、普通のカップルと同じなのですがいくつか結婚相談所ならではのルール

No Image

世の中の結婚されたカップルの中で、お付き合いを始める際に「まずは友達から」

と言ってお付き合いをスタートされたカップルはどれだけいるのでしょうか。

おそらく、半分ぐらいは「まずは友達から」と言ってお付き合いをス ...

No Image

おしゃれと身だしなみ……どちらも服装や見た目に関係する……ことはわかります。

おしゃれとは

辞書で調べてみました。「服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。

また、そのさまや、その人。」 ...

No Image

概要

マナーとは、自分とみんなのための立ち振る舞い、生活の仕方のことである。

一般的には、その場その場においての作法であったり、その文化で生きる時の行儀

のことである。

例えば、誰かと会 ...

No Image

先日、RKBテレビの「今日感テレビ」という番組の取材を受けました。

「福岡の中高年の婚活事情」というタイトルでした。けい花が終活を活用した中高年

の婚活を提供していることでの取材でした。

芸能界でも ...

No Image

来年の1月で、40歳になる私がついに結婚したいと思い、結婚相談所の門をたたいた

のが5月のゴールデンウィークが終わった頃でした。

節目の40歳を前に奥手の私が、勇気を持って一歩前へ進むことにしました。

No Image

50代での婚活になりますと、離婚された方や、配偶者との死別、あるいは初婚

とさまざまいらっしゃいます。

平成16年に年金分割がスタートしてからは、熟年離婚が増えています。熟年離婚

された方では、女性 ...

No Image

三十代の次に多いのが、四十代での婚活です。

四十代になりますとバツイチ子供ありとか、再々婚、もちろん初婚の方もいらっしゃ

います。

そういうわけで、それぞれに合った進め方が必要になってきます。

No Image

「三十代の婚活」は結婚相談所でのズバリ直球ストライクというところでしょうか。

日本全国の結婚相談所が一番力を入れているターゲットの年代です。以前は女性は

25歳までには結婚しなさいと言われていましたが、最近では ...

No Image

昭和の時代は、女性は25歳までには結婚しなさい。と親からも、周りからも

言われていたと記憶しています。

時代は平成へと移り、デフレやらリーマンショックとかで世の中も不景気になり

将来の展望が見えなく ...

No Image

10代の時に、何も考えずに(その時はそれなりには考えて)勢いで体の一部にタトゥー

を入れた若者が、大学の在学中に就活を始めた時に過ちに気づきタトゥーの除去に訪れ

る人が増えていると聞きます。

除去せ ...

No Image

特に、女性に多く見られることですが「ねえねえ、今月末の日曜日に婚活パーティー

があるんだけど、一緒に行かない」。「〇〇結婚相談所の無料カウンセリングに予約し

たけど一緒に話を聞きに行かない?」

など ...

No Image

結婚相談所には、さまざまなルールがあります。その中でも、無料カウンセリング

の時に一番びっくりされるのが、交際からプロポーズまでの3ヶ月ルールです。

特に男性の方がビックリされます。女性の方はそうですか、という ...

No Image

よく、人は一人では生きていけないと言われますが、20代からずっーと一人で

生活してみえる方は、結婚はしないのですか?と質問しても、ええ~ひとりの

方が気楽でいいですよ。

と、答えられる独身者が非常に ...

No Image

子供の頃からの夢を叶えて、その職業に就いたり、または、結婚相手を選んだりと

理想通りに叶えた人はほとんどいないのではないでしょうか。

多くの人が、どこか妥協したり、または、まったく違うものを選んだという経験を