No Image

「り」

どんなにこじれた関係であったとしても、全ての男性が知っておくべき、変わらない事実がひとつだけあります。女性は男性を心から愛していても、別れを告げることがあるということです。

女性は苦しむでしょう。心が張り裂 ...

No Image

「ら」

世の中には恋愛に器用な人もいれば、不器用な人もいます。もっとうまく恋愛ができてたら今頃は幸せな結婚ができてたかも・・・なんて思っている人もいるかもしれません。

実は恋愛でいっぱいモテるからといって、その先に ...

No Image

「よ」

現代は非婚晩婚化が著しく進化している。生涯結婚率が減少しているだけじゃなく、20代〜30代ぐらいの結婚適齢期の年頃の男女であっても、彼氏彼女、恋人がいない男女が大幅に増加傾向にあるという。

そんな中、さらに ...

No Image

「ゆ」

「結婚したい」と言いながらも、なかなか結婚できない女性を見ていて、不思議に思うことがあります。

「見た目も悪くなければ、常識もあるし思いやりもあるし、性格に問題もない。色気がないかというとそんなこともない。 ...

No Image

「や」

アラフォー世代の皆さんは、親御さんや周りの人から、適齢期プレッシャーを与えられたことはありますか?

昨今、あまり親御さんも、適齢期のお子さんに結婚のことをうるさく言わなくなってきたようです。

晩 ...

No Image

「も」

恋はするものじゃなくて、落ちるもの。なんて言葉もありますが、ふと気づいたら「彼を好きになっていた」なんてこともありますよね。

どんな時に「もしかして好きかも・・・?」と自覚するものなのでしょうか?恋の始まり ...

No Image

「め」

女性のおしゃれのひとつとして最近人気がある「眼鏡」。目が悪くない人でもおしゃれなコーディネートアイテムとして取り入れる人がいます。

「眼鏡」を上手に使ったファッションコーデを楽しむ「メガネ女子」は、女の子か ...

No Image

「む」

好きだけれど、女性からのアプローチって男性から引かれないかな……?なんていう悩みを抱える女性はいると思います。女性は控えめであるべき、なんていう考え方だってありますよね。

しかし、女性からのアプローチは恋に ...

No Image

「み」

彼氏が欲しいのになかなかできなくて悩んでいる女性はたくさんいます。こんなに頑張っているのにどうして?あの子にはどうして彼氏ができるの?悩みはつきません。

もういいやと諦めてしまえれば楽なのですが、どうして諦 ...

No Image

「ま」

「マナー」と「エチケット」、いずれも周りの人への気配りを要する場面で使われます。

⚫︎ マナー:態度。礼儀。礼儀作法。

⚫︎ エチケット:礼儀作法

このよ ...

No Image

「ほ」

大好きだった彼なのに破局したりと、恋をすると失恋というビターな体験がつきものです。でもだからといって恋に臆病になっては、ますます幸せから遠ざかってしまいます。

あばたもえくぼなんて言いますが、お互いに惹かれ ...

No Image

「へ」

男性は女性と比べるとメールやLINEの返事も遅いし、返さないこともよくあります。そんな世の女性が不安になる魔の時間に何を思っているのか、紹介したいと思います。

仕事のこと

男性は仕

No Image

「ふ」

縁のある人とはどんな人なのでしょうか?また縁のある人との運命的な出会いとは?縁のある人とはどんな人か、その特徴、出会い方や出会える場所、縁のある人の反対である腐れ縁とはどのような縁なのか?

縁のある人とはど ...

No Image

「ひ」

美人や可愛い、おブスというのは、顔の作りより雰囲気と本人の意識の問題だったりします。なので、どんな人でも理想のイメージに近づくことは可能です。

美人は顔立ちが整っていて、とにかくシャープな印象。目鼻立ちがく ...

No Image

「は」

婚活・お見合いバスツアーとは、結婚につながる出会いを求めている男女のために用意された出会いの場です。

まず出会いの場と聞くと、婚活パーティーなどが思い浮かぶ人も多いと思います。しかし最近はパーティーのような ...

No Image

「の」

気になる彼や付き合っている彼と過ごすとき、あなたはどんな風に接していますか?

それは、彼との関係を結婚まで持っていく能力のことを指すと考えます。事情があって結婚できない場合はあなたと結婚したいと思わせる能力 ...

No Image

「ね」

「周りの女友達に次々と彼氏ができているなか、なぜか自分にはできない……」「彼氏ができない」が口癖になっているなど、彼氏が欲しいと思っているのにいい出会いがなくて、悩んでいませんか?

彼氏が欲しいのにできない ...

No Image

「ぬ」

必要以上に群れたりはせずに、ちゃんと自分の世界観やスタイルを持っている年上女性はカッコ良く見えるし、男性もなんとなく気になるはず。

どこかミステリアスな感じもあったりするので、どんどんと興味や関心が慕ってい ...

No Image

「に」

初めてのデートということで、今日はどんな日になってしまうんだろう、などワクワクする反面、ドキドキハラハラ落ち着かない〜、と心の中では勝手に一人修羅場みたいにもなりますが、でもある意味1回目のデートは「お試し」という位置 ...

No Image

「な」

人との親しさを表すのに、とてもわかりやすいのが相手の呼び方ですよね。たとえば、初対面からまだお互い慣れてないうちは「⚪︎⚪︎さん」など「苗字+さん」で呼び合うことが多いはずです。

No Image

「と」

今の時代、独身男女が出会う方法は本当にたくさんあるので迷ってしまいますよね。そんなあなたに、結婚相手を探すうえで一番大切なことをお伝えします。

それはあなたの魅力を生かせる、あなたの魅力をきちんと認めてもら ...

No Image

「て」

「大人の恋愛」に対して、どのようなイメージがありますか?

女性は、大人の恋愛にあこがれを持ちつつも、どういう恋愛なのかよくわからないという人も多いようです。重要なのは、適度な距離感を保つこと。これは、恋愛を ...

No Image

「つ」

結婚相談所ではマッチングした相手とお見合いをしますが、何らかの理由で相手男性から「お断り」をされることがあります。

「お断りをされた回数」では「1〜3回」が約5割で最多となりました。次いで、「0回」が約3割 ...

No Image

「ち」

人はそれぞれ違う性格を持ち合わせています。そのため、他人を見て自分と違う部分があるとちょっと変わってるな……と感じることがあると思います。

しかし逆に、他人もあなた自身をちょっと変わってるな……と思っている ...

No Image

「た」

大前提として恋愛経験が浅い状態でいきなりデートに誘っても、上手くいかないです。相手を喜ばせるためにも、デートするための心得を知るべきです。

身だしなみチェック

● 体臭、口臭、鼻毛、眉毛、ヒゲを ...

No Image

「そ」

そもそも結婚相談所は「相談所」と名乗っているので「結婚の悩みを打ち明ける所」と思われがちです。

しかし、「結婚相談所は本来、結婚に一番近い考え方を学び、結婚に対し前向きに行動できるように自分自身を変える場所 ...

No Image

「せ」

結婚相談所に入れば必ず結婚できるというわけではありません。いくら結婚相談所から良いお相手を紹介してもらっても、交際や結婚に発展させるためには自分の努力も必要だからです。

ただ、その努力が自然にできる人もいれ ...

No Image

「す」

女性なら誰しも、ある程度の年齢になれば、実年齢より若く見られたいと思うはず。実際、あなたの周りにも、実年齢を聞いて驚くような若く見える人はいませんか?

若く見える人は、全体の雰囲気で決まります。顔にシミが何 ...

No Image

「し」

まず、嫉妬には2つの要素があります。ひとつが「妬み」で、人の持っている能力やモノなどをうらやましく思うこと。

そしてもうひとつが「ジェラシー」で自分が持っているモノを失ってしまうのではないかという不安や恐れ ...

No Image

「さ」

男性から誘われて遊びに出かけたものの、自分が相手のことを好きなのかわからないことってよくありますよね。

好きとは何か?その気持ちの判断基準や、自分の相手に対する気持ちの確認方法、彼への気持ちがもやもやしてい ...

No Image

「こ」

もし彼があなたをパートナーと呼び始めたら、それは関係を長く続けたいと思っている兆候。この言葉は、自立したカップルを意味するものです。

パートナーとは、人生のパートナーの略であることを忘れないでください。そし ...

No Image

「け」

日本にいると、常に「気がつくと忙しくなってしまう」という現象が起こり、それがどうしてなのか不思議で仕方なかったりします。

しかし、立ち止まってよくよく考えてみると、忙しいことは必ずしも充実しているということ ...

No Image

「く」

口下手な男はモテないのだろうか?

実際には、口下手な男性でも彼女がいる男性はたまに見かけます。でもそういう男性に限ってイケメンだったりします。

女性は男性を総合的に見て判断します。なので、口下手 ...

No Image

「き」

誰だって好きで嫌な気持ちになっているわけではありませんが、いつもいつも順風満帆とはいかないのが人生です。

仕事でミスをして周りに迷惑をかけたり、上司に叱られたり、取引先や顧客から理不尽なクレームを突きつけら ...

No Image

「か」

女性なら誰でも思うことは「勝ち組」になりたい!というものではないでしょうか。女性は誰よりも幸せになりたい、誰よりも素晴らしい人生を送りたいなどいろいろな思いを抱いています。

仕事でも恋愛でも同じです。

No Image

「お」

男性は内面の比重が高く、外見をそんなに重要視していない。

単に容姿がいい女性なんて、まわりにはたくさんいるし、寄って来て大変なのです。やはり話題が豊富で、話の引き出しが多い女性、コレじゃないですか。 ...

No Image

「え」

映画館デート。

その響きだけでもうワクワクしますよね。自分が好きな映画を、好きな人と一緒に見に行けるなんて、想像するだけで楽しそうです。

映画館デートは数あるデートの中でも鉄板。

と ...

No Image

「う」

仕事でもプライベートでも、「人生万事塞翁が馬」。上り調子のときもあれば、下り坂のときもあるでしょう。でも人生には、どん底まで落ちた時にしか学べないことがあるんです。

毎日成長していくことは、とても大切です。 ...

No Image

「い」

世の中の男性全員がそうだとは言いませんが・・・

男の人ってどうして、女性から真剣に問い詰められた時に、すぐ謝れないんでしょうか・・・。今まで交際した男性たちの中で、自分がどう思うかに関わらず、すぐ非を認めて ...

No Image

「あ」

あなたの周りに仕事やプライベートでも、甘えるのが上手だなと思わず感心してしまう人はいませんか?あまりにも甘えるのが上手なので、嫉妬してしまうこともあるはず。

甘え上手な人は頭に思い浮かぶものの、その人の特徴 ...

No Image

「わ」

あなたは自分の好きなタイプを聞かれて、具体的に答えることができますか?正直わからない人も多いはず。

しかし、自分の好きなタイプを知っていると、人に紹介してもらいやすくなり、恋愛のチャンスが広がることも。

No Image

「ろ」

ロマンスの意味

1 空想的、冒険的、伝奇的な要素の強い物語。特に中世ヨーロッパの、恋愛、武勇などを扱った物語をいう。ロマン

恋物語。恋愛小説

叙情的な内容の歌曲あるいは小規模な器楽曲 ...

No Image

「れ」

なんども参加するのに婚活パーティーで失敗してしまう。いい人とカップリング出来ない。こんな悩みを持っていて、婚活パーティーに行くのは無駄じゃないか、と感じてしまう人も少なくありません。

でも、婚活パーティーで ...

No Image

「る」

多くの人が「妥協」を価値のあることだと思っています。でも、自分の個性を諦めなければいけないような関係は、良好だとは言えません。

関係を長く続けるためには、相手からのプレッシャーを気にせずにパートナーのどちら ...

No Image

「り」

相手のいうことが理解できない、考えがまとまらない、そんな風に思考力が低下している状態は誰もが経験したことがありますよね。

このような状態だと話の内容が頭に入ってこないばかりか、的外れな返事をしてしまうことも ...

No Image

「ら」

生まれ変わってもまた結婚して一緒に暮らしたい、そんな風に思える生活はとても幸せですね。とはいえ、結婚生活は必ずしもバラ色でないこともあります。

Q 生まれ変わってもまた今の旦那さんと結婚しますか? ...

No Image

「よ」

告白は、好きな人に気持ちを伝えたくなった時にすることですよね。あなたも好きな人に告白したいと思ったことはあると思います。

でも、相手も必ずしも自分のことを好きになってくれているとは限らないので、あなたが告白 ...

No Image

「ゆ」

ゆったりとした性格の人はおおらかに見え、親しみやすさを感じます。第一印象がいいので、話しかけやすく、後輩からも好かれる人が多いイメージです。

また会社にいるとどうしても慌ただしい日々を感じてしまいますが、そ ...

No Image

「や」

人生で初めて彼氏ができた時って、「人生にはこんなに幸せなことがあるんだ」と思えるくらい、嬉しくて幸せな気持ちになると思います。

でも初彼氏だからこそ、「これからどんな付き合い方をしていけばいいんだろう?」と ...

No Image

「も」

☆モーニング…モーニング(正しくはモーニングコート)とは昼間の第1礼服。別名カット・アウェイ・フロックコートと呼ばれてます。

フロックコートの前裾を乗馬用に切り落とし、朝の散歩服として作られました。19世紀 ...

No Image

「め」

誰かに憧れるということは決して悪いことではないのだけど、想いが強すぎると、自分はその人と同じようには決してなれないということを無意識に言い聞かせてしまう。

有名人と一緒に写真を撮ってもらったり、Twitte ...

No Image

「む」

好きな人がいると、相手の一挙一動が気になって仕方ありません。誰しもが、好きな人には好かれたいなと思いますよね。

しかし、両思いになることは簡単ではありません。

自分が好きだと思っている人に好きに ...

No Image

「み」

先のことがわからないというのは不安ですよね。逆に先のことがわからないから楽しみという考え方もあります。

思い通りになっている未来の自分の姿を想像するのは、楽しいことです。楽しいに決まっています。想像の中では ...

No Image

「ま」

付き合っているときも結婚してからも、夫がまるで自分にヤキモチを焼いてくれない。もしや、私のことがそんなに好きじゃないのでは?なんて不安に思っている方はいませんか?

束縛は問題外ですが、夫が嫉妬している姿は可 ...

No Image

「ほ」

みなさんは、自分が大好きな人の理想の奥さんになれる自信はありますか?もちろん、料理上手だったり床上手だったりと、男性が求めるものはいろいろあると思います。

でもやっぱり一生を共にすると誓う相手には、それなり ...

No Image

「へ」

気になる男性からのメールやLINEを見ていて「これって脈なし?」と不安になったことはないでしょうか?

人がメールをする理由には様々あります。人間関係を円滑にも、泥沼にもすることができる現代の恐ろしいツールで ...

No Image

「ふ」

例えばあなたが風邪をひいて具合が悪いとき、彼はどんな反応をするでしょうか?

「大丈夫?」と気遣う言葉をかけてくれるのか、それとも家事を手伝ってくれたり、飲み物や食べ物を差し入れてくれたりなど具体的な行動をし ...

No Image

「ひ」

お見合い結婚は離婚率が低いと言われます。でも、離婚してしまうお見合い結婚カップルは約1割ほど存在するそうです。

恋愛結婚の離婚率は約40%、一方で、お見合い結婚の離婚率は約10%と、成功率は高いことがわかっ ...

No Image

「は」

いずれは結婚したいが、30歳を過ぎた頃から出会いがなくなってしまった。でも婚活パーティーなど結婚だけを目的とした場に参加するのは気が進まない。

こんな葛藤を抱えながら日々を過ごしている独身者は少なくありませ ...

No Image

「の」

目を合わせようとしない伏し目がちの心理には、言い出しにくい何かが隠されているように見えます。

目を見ながら会話をするのが本来は常識ですが、伏し目がちの人と接していると、心理が気になるところ。元気がなさそうに ...

No Image

「ね」

結婚相手の候補を絞りきれずに悩んでいる、なんて贅沢なお悩みを抱えているあなた。友人に相談してもしっくり来ず、それどころか羨ましがられて相談にならないなんてことになっていませんか?

他人から見たら羨まれるよう ...

No Image

「ぬ」

「身を固める」とはどのような意味があるのでしょうか。実は、この言葉にはさまざまな意味が含まれています。一つ目の意味は「結婚して家庭を持つ」です。

また「定職につく」ということを意味することもあります。

No Image

「に」

義理人情に厚い人っていますよね。できれば、あなたも自分自身「義理人情に厚い人だなあ」と思われたい・・・と考えているのでは?

誕生日会や、同窓会など、何かと「会」がつくものに、欠かさずといっていいほど参加する ...

No Image

「な」

人間関係が気薄と言われる現代、「仲間意識」を大切にしている人も減少しているのだろうか。20〜60代の男女1,348名に「仲間について」調査を実施しました。

全体では、62.8%もの人が「仲間意識は大切だと思 ...

No Image

「と」

男性が彼女といるときに大切にしているとがあります。それは余計な気を遣ったり、落ち着く時間がなかったりしないかというものです。

一緒にいて心休まる女性は男性にとって、かけがえのない存在でずっと共に過ごしたいと ...

No Image

「て」

突然ですが!倦怠期って長く付き合っている男女が陥りがちなイメージありませんか?

相手との関係性に慣れてしまってドキドキ感が薄れたり、一緒にいることに飽きてしまって、「ウザい」と感じるようになったり…と、原因 ...

No Image

「つ」

「月並みですが」というフレーズを聞いたことがある人は多いでしょう。たとえば、「月並みですが、毎日穏やかに過ごすことが私の願いです」などのように使います。

「月並みですが」の「月並み」の意味は、「ありふれてい ...

No Image

「ち」

この幸せな真実を証明するために、心理学者のチームはスペイン・マドリードにあるコカコーラ工場の従業員たちから、幸福に関する研究という名目でボランティアを募りました。

集められた被験者には、その日の気分と、その ...

No Image

「た」

毎日顔を合わす職場では、異性に対して仕事上の付き合い以上に好感を持って、より親しくなりたいという気持ちになりやすいでしょう。

パートとして働く女性が社員として働く男性のことが好きになってしまったり、という話 ...

No Image

「そ」

結婚相談所は、今すぐにでも結婚したい人がたくさん集まってくる場所です。そのため、普通に婚活するよりも、結婚相談所に登録して活動した方がより早く結婚に向かうことができます。

ところで、結婚相談所に登録してから ...

No Image

「せ」

世間知らずな人っていますよね。しかし、「深く付き合ってみないと世間知らずかどうかわからない」ということは多いでしょう。

たとえば、仕事ができてすごく素敵だなと思っていた男性と付き合ってみたら、まったくニュー ...

No Image

「す」

生まれ育った環境でその人の性格が変わってくる……という話はよく聞きますよね。「長男長女だからしっかりしている」「末っ子だから甘えん坊」などといった情報を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

特に ...

No Image

「し」

バツイチの方は一度失敗しているからこそ、円満な家庭を築くポイントを押さえている方が多く、再婚して良かった!幸せだと感じている方がたくさんいる気がします。

最初の結婚では、目先のことで相手を決めることが多いで ...

No Image

「さ」

婚活をしているとこういう方いらっしゃいませんか?「おしい!あと一歩なのに!」「もうちょっと気を使った方が良いんじゃないかな〜」「これはないな〜」

というちょっと残念な方。

お見合いの席や、パーテ ...

No Image

「こ」

男性は、本能的に女性を外見で判断をする傾向がありますが、案外見ていないようで、実は女性の内面も見ていたりするものです。

もしそれでもあなたの嫌な面を感じ取ったとしたら、あっさりと恋人候補から外されてしまうか ...

No Image

「け」

結婚をしたいと考えていても、結婚相談所を利用するのは負け組のような気がしてしまう人もいるでしょう。

確かに、自然に恋愛して結婚まで至る人もいることを考えると、結婚相談所に頼るのはどこか負けていると感じさせて ...

No Image

「く」

夫婦は幸せになる最高の人間関係です。それはなぜでしょうか?夫婦の素晴らしさは、苦楽を共有できる唯一のパートナーだからです。

もちろん夫婦以外にも固い絆で結ばれた人間関係は存在します。親子や兄弟との関係や、小 ...

No Image

「き」

期待と不安は、交互にやってくるものです。期待だけがずっと続けばいいのですが、そんな都合のいい話はありません。

しばらくすれば、不安がやってくるでしょう。期待をすればするほど「もしうまくいかなかったらどうしよ ...

No Image

「か」

思ってもいなかったタイミングで、ひょっこり自分の元に帰ってきた元彼。忘れられない人だったなら、嬉しくなっちゃいますよね…!

でも元彼の気持ちがどこでそう動いて、また私のことを選んだのかって気になりませんか? ...

No Image

「お」

誰かと一緒の方が生活が充実するのか、一人の時間を大切にする方が充実するのか。意識調査を行ったところ、ソロモンと既婚男女とでは、明らかに正反対の傾向が出ています。

驚くべきは、ひとりの時間を大切にするソロ女が ...

No Image

「え」

「最強の笑顔=見る人を幸せにする笑顔」なのかもしれません。作り笑顔もなんとなく可愛くは見えますが、見ていて幸せにまではならないですよね。

しっかり口をニーっと開いた笑顔はとてもかわいらしく、元気いっぱいに見 ...

No Image

「う」

恋愛をうまくいかせたいのに、毎回のようにうまくいかない…!そんな恋愛下手の皆さん。

どうしてあなたはうまくいかない恋愛しか出来ないのでしょうか?

好きになった人や恋人と意思の疎通がうまくできてい ...

No Image

「い」

「愛おしい」とは、辞書では「かわいい。可憐である。いとしい(=恋しく慕わしい)という意味。「好き」とは、「気に入って心がそれに向かうこと。その気持ち」という意味になっています。

付き合っている彼氏のことを思 ...

No Image

「あ」

性格が明るい人は、人生を幸せに生きることができます。性格が明るいだけで、毎日が楽しくて、友達も増え、いいことが増えます。

反対に、性格が暗くて悩んでいる人がいます。「自分には傷ついた過去があるし、友達もいな ...

No Image

「わ」

恋愛で告白は避けて通れません。ある調査結果では「告白は必要ですか?」の質問に「YES」と回答した人が81.3%。多くの人が告白は不可欠と感じています。

告白をすることで二人の距離は縮まりますが、告白する目的 ...

No Image

「ろ」

余計な一言で、周りを傷つけてしまうこともあると思います。余計な一言を言ってしまい、相手を傷つけてしまったことはありませんか?

「言わなければ良かった」と後で後悔しても、口に出してしまった言葉は消すことができ ...

No Image

「れ」

改めて身辺を見れば、「令和」になりましても、生活すること自体が精一杯という厳しい時代の到来を感じさせられる昨今でもあります。

しかし、そんな中で生きるとしても、「たった一度の人生」ということを考えれば、やは ...

No Image

「る」

恋人選びの基準として、外見重視であるという人はかなり多く、人は美女やイケメンに弱いという事実が存在します。

一方で、美女と野獣という言葉がある反面、逆のカップルを目撃する回数が少ない気がするのは、気のせいで ...

No Image

「り」

「結果には理由がある。」と言われます。なぜでしょうか?それは、人は理由なく行動できない生き物だからです。

行動しなければ、結果は出ません。そして、行動するためには、人には「理由」が必要となります。ゆえに、「 ...

No Image

「ら」

最近はバツイチの人も珍しくありません。バツイチになった理由は人それぞれで、望んでなった人もいれば、仕方なくなる人もいます。

白い目で見られた時代もあるかもしれませんが、今は昔より気にする人は多くありません。 ...

No Image

「よ」

素敵なご縁に恵まれたら、今よりももっと人生が豊かになると思いませんか?

多くの人は、「良い縁に恵まれたい」「悪い縁はできるだけ引き寄せたくない」と考えます。でも、具体的にどうすればよいか、今イチよくわからな ...

No Image

「ゆ」

優等生は仕事、恋愛においてもそこまで努力しなくてもソツなくこなす人です。「努力家ってどういう人?」なんて普段考えることもないでしょう。

しかし、私たちは人を讃えたり、褒めたりするとき、そして誰かを認めたとき ...

No Image

「や」

結婚を意識して婚活を開始するにあたって、男性が女性の体型にどれくらい関心があるのか気になりますよね。

男性に好印象を持ってもらうためには、ダイエットが必要なのか?どんな体型の女性が好まれるのか、知っておいて ...

No Image

「も」

「行動力がない人」と「行動力がある人」の違いはどこにあるのでしょうか?今一度、行動力とは何なのか辞書で調べてみました。

行動力とは、何かを思い立った際に、実際に行動を起こし、それを実現する力。または、そうし ...

No Image

「め」

優しい人は、配慮があります。「配慮」と一言で言っても、大きく分けると3種類あります。目配り・気配り・心配りです。

接客業界でよく使われる言葉ですが、優しい人になるためにも欠かせないポイントです。

No Image

「む」

人は、未来に希望が持てたり、ワクワクできることがあるとき「やってみたい」というやる気が湧き上がってきます。

しかし、失恋してしまうと、望んでいた元恋人とのワクワクする未来が、目の前からなくなってしまうような ...

No Image

「み」

男女の出会いは様々です。

友人の紹介、社内恋愛、結婚相談所での紹介

そして最近多いのがSNSの出会いサイトです。

相手に好意があるから交際するはずです。

しかし、この「好 ...

No Image

「ま」

かつて好きだった人との再会で、ガッカリすることもあれば、想いが再燃することもあるもの。男性がどんな瞬間に恋心が復活するのか、それがわかれば昔好きだった人との間に恋が芽生えるかもしれません。

「はじける笑顔に ...

No Image

「ほ」

あなたが、「この人といるとすごく優しい気持ちになれる。」とか、「一緒にいて楽だし落ち着く。」と思う相手は、これから先もずっと大切にし続ける相手であり、相手も同じく落ち着くと思っている可能性は高いです。

どん ...

No Image

「へ」

これまでの交際人数は、全体の約8割が「6人以下」で、最も多いのは「1〜3人」。一方で、「0人」と回答した人が146人おり、最近の恋愛の奥手さがわかります。

ということは逆に考えるとそこそこ「恋人いない歴=年 ...