No Image

「り」

思い切ってデートに誘ってみたら、なんとも言えない返事をされた。「これってOK?それともNG?」なんて、悩んだ経験がある男性もいるのではないでしょうか。

◼️ 「その日はダメ」

No Image

「ら」

気になっていた彼との初デートがとても楽しかったら、またデートしたいと考えるのは当然のことです。

ですが「自分から次のデートに誘うのは恥ずかしくてできない」と感じる女性も多いのではないでしょうか?

No Image

「よ」

まず初めに、付き合うということが何なのかを考えましょう。付き合うことの「心構え」を語る前に、付き合うとはどういうことなのか、どこに向かっているのか、を知る必要があります。

付き合うということが何なのか分から ...

No Image

「ゆ」

婚活男性に対して女性はどういう風に思っているかというと、実は最初からあまり良い印象を持たれていない場合が多いです。

たとえば、女性は結婚を真剣に考えてやってきていても、男性側はとにかく出会うだけを求めていて ...

No Image

「や」

「遅番/夜勤がある」「シフト制で休日が読めない」「長時間労働で大変」など、結婚したいのに職場の事情で婚活しにくい男性もいることでしょう。

「シフト制のため不定休」「労働時間が長い」といった仕事が大変なワーク ...

No Image

「も」

最初はどんなにラブラブでも、一定の時間が経つとカップルも落ち着くものですよね。そんな中で、彼女をどんどん好きになってしまった男性もいるようです。

倦怠期を迎えるカップルとの違いはどんなことでしょうか?

No Image

「め」

携帯電話、スマホは一人に一台が当たり前になったこのご時世。世の女性たちは彼とどれくらいの頻度で連絡を取るのでしょう?

ちなみに、20〜30代の女性にアンケートで聞いてみたところ、「毎日」がダントツという結果 ...

No Image

「む」

好きだから。そう、「好きだから」無理をしてでも彼と一緒にいたい。もしかしたら自分ではもう無理をしている感覚が麻痺してないかもしれません。

でも無理な恋愛はNG。

会いたいけど、疲れる

No Image

「み」

愛情表現が足りないと感じる女性、愛情表現をしているつもりなのに伝わっていないと感じる男性、愛情表現って難しいですよね。

「彼は本当に私のことが好きなのだろうか?」という不安は、いつも女性たちを悩ませます。だ ...

No Image

「ま」

付き合いが長くなると、どうしてもマンネリ化してしまいますよね。倦怠期を招かないためにも、デート改革をして気分を一新するのが◎。

いつもデートは彼任せという方は、たまには自分からデートプランを提案してみません ...

No Image

「ほ」

結婚相談所では、ほぼ100%に近い確率でお見合いはホテルのラウンジを利用します。

一般的には高級ホテル・・・と呼ばれるようなホテルには、宿泊者向けにラウンジ(クラブラウンジやエグゼクティブラウンジと呼ばれる ...

No Image

「へ」

JAIA輸入車新規登録台数ランキングではメルセデス・ベンツは日本でのシェアがフォルクスワーゲンに続き2位と大人気のブランドです。

そのベンツの中でも日本で最も売れているのはCクラス。ベンツの入門としてまずは ...

No Image

「ふ」

ふてぶてしい人は身近にいないでしょうか?彼らのどこか偉そうで図々しいブスッとした顔つきは、見ている人に良くない印象を与えます。

ふてぶてしいという言葉を耳にしたことがあるでしょうか?具体的にはどういう意味な ...

No Image

「ひ」

あなたにとっていつの間にか大切な存在になっていた…そんな人がいるはずです。恋をすると、好きな人が大切な存在になるでしょう。

あなたと同じく、好きな人にとって大切な存在は自分でありたいものです。誰だって好きな ...

No Image

「は」

初恋の人がどんな人であったのか覚えていますか?きっと誰の心の中にも初恋の思い出というものが残っていることでしょう。

思い出すだけで胸がキュン・・・とするのではないでしょうか。初恋から時が経ち同窓会などで会う ...

No Image

「の」

婚活をしていれば、ときには断らなければいけないシーンも出てくるでしょう。今後の接点がなくなるとはいえ、相手を傷つけないように断るのはなかなか難しいものです。

ましてや正式に告白されたわけでないなら、なおのこ ...

No Image

「ね」

気さくでさっぱりとした性格のサバサバ女子。フランクなので、男女問わず交友関係が広いイメージですが、それはあくまでも真のサバサバ女子に限ってのことです。

意外と乙女

「私サバサバ系だから女の子扱い ...

No Image

「ぬ」

そもそも同じ趣味の人と出会うと、どんな良いことがあるのでしょうか?

まずメリットとして挙げられるのは、共通の話題が多く話が広がりやすいという点です。初対面だったり、出会ってから日が浅いとどうしても話に詰まっ ...

No Image

「な」

やたらと自分のことが好きな「ナルシストな女」、あなたの周りにはいませんか?実は男性から見ても、「ナルシストだな」と思う女性が身近に存在しているようです。

あまりにもナルシスト過ぎると、男性からドン引きされて ...

No Image

「と」

「普段は明るいけど、本当は寂しがり屋じゃない?」なんて言われると、どうしてわかるの?と思ってしまうこと、ありませんか?

これがバーナム効果です。このバーナム効果を恋愛に効果的に使えば、「自分のことをわかって ...

No Image

「て」

ネットで検索すれば、婚活パーティー、出会いパーティー、○○県 ○○市などたくさん出てくるはずです。

また、新聞でも広告が出ているときがあります。雑誌、地元のタウン誌を見れば、たくさん見つけることができます。 ...

No Image

「つ」

街を歩くカップルに注目すると、恋人同士はラブラブに見えますが、なぜか夫婦は愛情が冷めているように見えるものです。

確かに、あからさまにラブラブな一面を見せている夫婦はあまりいないですからね。最も、それは冷め ...

No Image

「ち」

お見合いに限ったことではありませんが、遅刻というのは非常に印象が悪いものです。「待つ」という行為は、想像以上にパワーを使うもの。

間に合うように準備をして移動するということに加え、お見合いともなればかなりの ...

No Image

「た」

高嶺の花と言われることは、女性としてとても名誉なことではありますが、実は高嶺の花はモテないという事実がありますよね。

何もかもが完璧に見える高嶺の花がモテない理由とは一体?

「高嶺の花」という言 ...

No Image

「そ」

忖度とは、他人の気持ちを推し量ること。つまり、察するというやつです。

これって恋愛ではよくある話ですよね。「彼は私のこと好きなのかな?」「どうすれば彼女は喜んでくれるだろう」というように、相手の気持ちを考え ...

No Image

「せ」

青春時代の感性って今の僕らの世代の人間はもう持ち合わせていないのだと思う。

なぜなら、青春時代の柔軟な感性は、固定化してしまい色々なものに対して新鮮な感性を維持できなくなってきているのではないでしょうか。 ...

No Image

「す」

スイーツ男子とは甘党でスイーツが大好きな男性のこと。女子より女子力のたかそうなスイーツ男子の特徴と行動パターンを知って、彼に愛される女性になりましょう。

「甘いものを食べないと元気が出ない」なんて言ってしま ...

No Image

「し」

幸せなカップルの秘訣はまず、共通の趣味があること。もともと同じ趣味や好みを持っていれば、一緒にいる時間もさらに楽しめますよね!

もしなければ、相手の趣味を真似して始めてみたり、少し勉強してみると、共通の話題 ...

No Image

「さ」

「寂しい」という感情を生み出す脳の部位は「肉体的な痛み」を生み出している脳の部位と同じところにあります。

そのため、寂しさには肉体の痛みと同レベルの苦しみが伴います。これは人間が「社会的な動物」であることか ...

No Image

「こ」

ニュースなどで取り上げられることもありますが、婚活・出会いの場が時代とともに多様化し、それに伴って様々なトラブルが起きることもあります。

例えば、パーティーでいうと、参加したらビジネスや宗教の勧誘をされた、 ...

No Image

「け」

「継続は力なり」とは、続けることの重要性、たゆまず、くじけずに続けていくことの大切さを述べた表現・格言です。

この格言の意味合いは主に次の3つに解釈できます。

①個々としての成果は

No Image

「く」

結婚は、いつでもすぐに別れられる同棲とは違い、社会的な責任も発生するため、「ノリで結婚してみたけど、なんか違ったから別れよ。」などという軽い判断はできません。

とはいえ、仮面夫婦を続けるのも、できれば避けた ...

No Image

「き」

決められない状況には、大きく分けて3つのケースがあります。

ひとつ目は、好ましいものの中から選択するケース。レストランでの注文、洋服やお土産選びで迷う時のように、「これもいいけど、あれもいい。可能ならば全部 ...

No Image

「か」

過去のトラウマで恋愛ができないというのは、よほどつらく苦しい思いをされたのだと思います。

そう簡単には忘れられるわけでもありませんから、次の恋に行くことができれば、どんなに楽でしょう。

あなたが ...

No Image

「お」

几帳面な性格の人はA型男子に多く見られるようです。アウトドアなどのデートの時は、念入りな準備に頼もしい限りです。

都会でのありがちなデートよりも、山登りや釣りなどのアウトドアデートの方が、A型男子の長所が活 ...

No Image

「え」

影響力のある人とは、自身の行動の影響が、周りに派生させるほど大きい人のことです。この派生する人の人数が多ければ多いほど、影響力があると言われています。

その逆に、他人をまったく影響させることができない人は影 ...

No Image

「う」

大好きな彼氏に嘘をついてしまったことはありませんか?「無駄な心配をかけたくない」「やましいことはないから心配ない」などという理由から、悪気はなくついた嘘であっても、ときに彼氏を傷つけてしまいこともあります。

No Image

「い」

「ずっと一緒にいたい」そう思える彼氏と出会ったことはありますか?大好きな人と「ずっと一緒にいたい」なんて、当たり前すぎますよね?

自分が彼氏と「ずっと一緒にいたい」と思うように彼氏にも自分と「ずっと一緒にい ...

No Image

「あ」

蒸し暑い夏本番の時期は、お見合いの服装選びに悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?お見合いは第一印象が大切なのはいうまでもありません。

約1時間ほどの短いお時間で、しっかりと自分をアピールし ...

No Image

「わ」

20代の中には「仕事にやりがいを感じている」「恋愛が楽しい」「結婚はまだ早い」と思っている人も多いです。

しかし、若い女性は婚活でも非常に人気が高く、得られるメリットも多いのです。しかし、若いゆえに気をつけ ...

No Image

「ろ」

50代、60代、70代と、悠々自適な人生を描く人もいる一方で、人との交流が少ない人も増えています。中高年で独身を貫く人の中には、熟年離婚や死別などを経験した人も多く含まれています。

定年退職後、家族以外の誰 ...

No Image

「れ」

女性は占いが好きです。何度恋をしても同じ迷いを抱えたり、目には見えない運命という存在に期待を膨らませたりして、占い師の元を訪ねる人は少なくありません。

でも、占いは頼りすぎると裏目にでるもの。独りよがりな思 ...

No Image

「る」

ヴィトンが好きな人というのは「高級品が好き」という特徴を持っていることが多いです。値段が高いものに対しての信頼が厚く、そのためヴィトンが大好きです。

ヴィトンのバックや財布などを見ていると、それなりの金額が ...

No Image

「り」

どんなにこじれた関係であったとしても、全ての男性が知っておくべき、変わらない事実がひとつだけあります。女性は男性を心から愛していても、別れを告げることがあるということです。

女性は苦しむでしょう。心が張り裂 ...

No Image

「ら」

世の中には恋愛に器用な人もいれば、不器用な人もいます。もっとうまく恋愛ができてたら今頃は幸せな結婚ができてたかも・・・なんて思っている人もいるかもしれません。

実は恋愛でいっぱいモテるからといって、その先に ...

No Image

「よ」

現代は非婚晩婚化が著しく進化している。生涯結婚率が減少しているだけじゃなく、20代〜30代ぐらいの結婚適齢期の年頃の男女であっても、彼氏彼女、恋人がいない男女が大幅に増加傾向にあるという。

そんな中、さらに ...

No Image

「ゆ」

「結婚したい」と言いながらも、なかなか結婚できない女性を見ていて、不思議に思うことがあります。

「見た目も悪くなければ、常識もあるし思いやりもあるし、性格に問題もない。色気がないかというとそんなこともない。 ...

No Image

「や」

アラフォー世代の皆さんは、親御さんや周りの人から、適齢期プレッシャーを与えられたことはありますか?

昨今、あまり親御さんも、適齢期のお子さんに結婚のことをうるさく言わなくなってきたようです。

晩 ...

No Image

「も」

恋はするものじゃなくて、落ちるもの。なんて言葉もありますが、ふと気づいたら「彼を好きになっていた」なんてこともありますよね。

どんな時に「もしかして好きかも・・・?」と自覚するものなのでしょうか?恋の始まり ...

No Image

「め」

女性のおしゃれのひとつとして最近人気がある「眼鏡」。目が悪くない人でもおしゃれなコーディネートアイテムとして取り入れる人がいます。

「眼鏡」を上手に使ったファッションコーデを楽しむ「メガネ女子」は、女の子か ...

No Image

「む」

好きだけれど、女性からのアプローチって男性から引かれないかな……?なんていう悩みを抱える女性はいると思います。女性は控えめであるべき、なんていう考え方だってありますよね。

しかし、女性からのアプローチは恋に ...

No Image

「み」

彼氏が欲しいのになかなかできなくて悩んでいる女性はたくさんいます。こんなに頑張っているのにどうして?あの子にはどうして彼氏ができるの?悩みはつきません。

もういいやと諦めてしまえれば楽なのですが、どうして諦 ...

No Image

「ま」

「マナー」と「エチケット」、いずれも周りの人への気配りを要する場面で使われます。

⚫︎ マナー:態度。礼儀。礼儀作法。

⚫︎ エチケット:礼儀作法

このよ ...

No Image

「ほ」

大好きだった彼なのに破局したりと、恋をすると失恋というビターな体験がつきものです。でもだからといって恋に臆病になっては、ますます幸せから遠ざかってしまいます。

あばたもえくぼなんて言いますが、お互いに惹かれ ...

No Image

「へ」

男性は女性と比べるとメールやLINEの返事も遅いし、返さないこともよくあります。そんな世の女性が不安になる魔の時間に何を思っているのか、紹介したいと思います。

仕事のこと

男性は仕

No Image

「ふ」

縁のある人とはどんな人なのでしょうか?また縁のある人との運命的な出会いとは?縁のある人とはどんな人か、その特徴、出会い方や出会える場所、縁のある人の反対である腐れ縁とはどのような縁なのか?

縁のある人とはど ...

No Image

「ひ」

美人や可愛い、おブスというのは、顔の作りより雰囲気と本人の意識の問題だったりします。なので、どんな人でも理想のイメージに近づくことは可能です。

美人は顔立ちが整っていて、とにかくシャープな印象。目鼻立ちがく ...

No Image

「は」

婚活・お見合いバスツアーとは、結婚につながる出会いを求めている男女のために用意された出会いの場です。

まず出会いの場と聞くと、婚活パーティーなどが思い浮かぶ人も多いと思います。しかし最近はパーティーのような ...

No Image

「の」

気になる彼や付き合っている彼と過ごすとき、あなたはどんな風に接していますか?

それは、彼との関係を結婚まで持っていく能力のことを指すと考えます。事情があって結婚できない場合はあなたと結婚したいと思わせる能力 ...

No Image

「ね」

「周りの女友達に次々と彼氏ができているなか、なぜか自分にはできない……」「彼氏ができない」が口癖になっているなど、彼氏が欲しいと思っているのにいい出会いがなくて、悩んでいませんか?

彼氏が欲しいのにできない ...

No Image

「ぬ」

必要以上に群れたりはせずに、ちゃんと自分の世界観やスタイルを持っている年上女性はカッコ良く見えるし、男性もなんとなく気になるはず。

どこかミステリアスな感じもあったりするので、どんどんと興味や関心が慕ってい ...

No Image

「に」

初めてのデートということで、今日はどんな日になってしまうんだろう、などワクワクする反面、ドキドキハラハラ落ち着かない〜、と心の中では勝手に一人修羅場みたいにもなりますが、でもある意味1回目のデートは「お試し」という位置 ...

No Image

「な」

人との親しさを表すのに、とてもわかりやすいのが相手の呼び方ですよね。たとえば、初対面からまだお互い慣れてないうちは「⚪︎⚪︎さん」など「苗字+さん」で呼び合うことが多いはずです。

No Image

「と」

今の時代、独身男女が出会う方法は本当にたくさんあるので迷ってしまいますよね。そんなあなたに、結婚相手を探すうえで一番大切なことをお伝えします。

それはあなたの魅力を生かせる、あなたの魅力をきちんと認めてもら ...

No Image

「て」

「大人の恋愛」に対して、どのようなイメージがありますか?

女性は、大人の恋愛にあこがれを持ちつつも、どういう恋愛なのかよくわからないという人も多いようです。重要なのは、適度な距離感を保つこと。これは、恋愛を ...

No Image

「つ」

結婚相談所ではマッチングした相手とお見合いをしますが、何らかの理由で相手男性から「お断り」をされることがあります。

「お断りをされた回数」では「1〜3回」が約5割で最多となりました。次いで、「0回」が約3割 ...

No Image

「ち」

人はそれぞれ違う性格を持ち合わせています。そのため、他人を見て自分と違う部分があるとちょっと変わってるな……と感じることがあると思います。

しかし逆に、他人もあなた自身をちょっと変わってるな……と思っている ...

No Image

「た」

大前提として恋愛経験が浅い状態でいきなりデートに誘っても、上手くいかないです。相手を喜ばせるためにも、デートするための心得を知るべきです。

身だしなみチェック

● 体臭、口臭、鼻毛、眉毛、ヒゲを ...

No Image

「そ」

そもそも結婚相談所は「相談所」と名乗っているので「結婚の悩みを打ち明ける所」と思われがちです。

しかし、「結婚相談所は本来、結婚に一番近い考え方を学び、結婚に対し前向きに行動できるように自分自身を変える場所 ...

No Image

「せ」

結婚相談所に入れば必ず結婚できるというわけではありません。いくら結婚相談所から良いお相手を紹介してもらっても、交際や結婚に発展させるためには自分の努力も必要だからです。

ただ、その努力が自然にできる人もいれ ...

No Image

「す」

女性なら誰しも、ある程度の年齢になれば、実年齢より若く見られたいと思うはず。実際、あなたの周りにも、実年齢を聞いて驚くような若く見える人はいませんか?

若く見える人は、全体の雰囲気で決まります。顔にシミが何 ...

No Image

「し」

まず、嫉妬には2つの要素があります。ひとつが「妬み」で、人の持っている能力やモノなどをうらやましく思うこと。

そしてもうひとつが「ジェラシー」で自分が持っているモノを失ってしまうのではないかという不安や恐れ ...

No Image

「さ」

男性から誘われて遊びに出かけたものの、自分が相手のことを好きなのかわからないことってよくありますよね。

好きとは何か?その気持ちの判断基準や、自分の相手に対する気持ちの確認方法、彼への気持ちがもやもやしてい ...

No Image

「こ」

もし彼があなたをパートナーと呼び始めたら、それは関係を長く続けたいと思っている兆候。この言葉は、自立したカップルを意味するものです。

パートナーとは、人生のパートナーの略であることを忘れないでください。そし ...

No Image

「け」

日本にいると、常に「気がつくと忙しくなってしまう」という現象が起こり、それがどうしてなのか不思議で仕方なかったりします。

しかし、立ち止まってよくよく考えてみると、忙しいことは必ずしも充実しているということ ...

No Image

「く」

口下手な男はモテないのだろうか?

実際には、口下手な男性でも彼女がいる男性はたまに見かけます。でもそういう男性に限ってイケメンだったりします。

女性は男性を総合的に見て判断します。なので、口下手 ...

No Image

「き」

誰だって好きで嫌な気持ちになっているわけではありませんが、いつもいつも順風満帆とはいかないのが人生です。

仕事でミスをして周りに迷惑をかけたり、上司に叱られたり、取引先や顧客から理不尽なクレームを突きつけら ...

No Image

「か」

女性なら誰でも思うことは「勝ち組」になりたい!というものではないでしょうか。女性は誰よりも幸せになりたい、誰よりも素晴らしい人生を送りたいなどいろいろな思いを抱いています。

仕事でも恋愛でも同じです。

No Image

「お」

男性は内面の比重が高く、外見をそんなに重要視していない。

単に容姿がいい女性なんて、まわりにはたくさんいるし、寄って来て大変なのです。やはり話題が豊富で、話の引き出しが多い女性、コレじゃないですか。 ...

No Image

「え」

映画館デート。

その響きだけでもうワクワクしますよね。自分が好きな映画を、好きな人と一緒に見に行けるなんて、想像するだけで楽しそうです。

映画館デートは数あるデートの中でも鉄板。

と ...

No Image

「う」

仕事でもプライベートでも、「人生万事塞翁が馬」。上り調子のときもあれば、下り坂のときもあるでしょう。でも人生には、どん底まで落ちた時にしか学べないことがあるんです。

毎日成長していくことは、とても大切です。 ...

No Image

「い」

世の中の男性全員がそうだとは言いませんが・・・

男の人ってどうして、女性から真剣に問い詰められた時に、すぐ謝れないんでしょうか・・・。今まで交際した男性たちの中で、自分がどう思うかに関わらず、すぐ非を認めて ...

No Image

「あ」

あなたの周りに仕事やプライベートでも、甘えるのが上手だなと思わず感心してしまう人はいませんか?あまりにも甘えるのが上手なので、嫉妬してしまうこともあるはず。

甘え上手な人は頭に思い浮かぶものの、その人の特徴 ...

No Image

「わ」

あなたは自分の好きなタイプを聞かれて、具体的に答えることができますか?正直わからない人も多いはず。

しかし、自分の好きなタイプを知っていると、人に紹介してもらいやすくなり、恋愛のチャンスが広がることも。

No Image

「ろ」

ロマンスの意味

1 空想的、冒険的、伝奇的な要素の強い物語。特に中世ヨーロッパの、恋愛、武勇などを扱った物語をいう。ロマン

恋物語。恋愛小説

叙情的な内容の歌曲あるいは小規模な器楽曲 ...

No Image

「れ」

なんども参加するのに婚活パーティーで失敗してしまう。いい人とカップリング出来ない。こんな悩みを持っていて、婚活パーティーに行くのは無駄じゃないか、と感じてしまう人も少なくありません。

でも、婚活パーティーで ...

No Image

「る」

多くの人が「妥協」を価値のあることだと思っています。でも、自分の個性を諦めなければいけないような関係は、良好だとは言えません。

関係を長く続けるためには、相手からのプレッシャーを気にせずにパートナーのどちら ...

No Image

「り」

相手のいうことが理解できない、考えがまとまらない、そんな風に思考力が低下している状態は誰もが経験したことがありますよね。

このような状態だと話の内容が頭に入ってこないばかりか、的外れな返事をしてしまうことも ...

No Image

「ら」

生まれ変わってもまた結婚して一緒に暮らしたい、そんな風に思える生活はとても幸せですね。とはいえ、結婚生活は必ずしもバラ色でないこともあります。

Q 生まれ変わってもまた今の旦那さんと結婚しますか? ...

No Image

「よ」

告白は、好きな人に気持ちを伝えたくなった時にすることですよね。あなたも好きな人に告白したいと思ったことはあると思います。

でも、相手も必ずしも自分のことを好きになってくれているとは限らないので、あなたが告白 ...

No Image

「ゆ」

ゆったりとした性格の人はおおらかに見え、親しみやすさを感じます。第一印象がいいので、話しかけやすく、後輩からも好かれる人が多いイメージです。

また会社にいるとどうしても慌ただしい日々を感じてしまいますが、そ ...

No Image

「や」

人生で初めて彼氏ができた時って、「人生にはこんなに幸せなことがあるんだ」と思えるくらい、嬉しくて幸せな気持ちになると思います。

でも初彼氏だからこそ、「これからどんな付き合い方をしていけばいいんだろう?」と ...

No Image

「も」

☆モーニング…モーニング(正しくはモーニングコート)とは昼間の第1礼服。別名カット・アウェイ・フロックコートと呼ばれてます。

フロックコートの前裾を乗馬用に切り落とし、朝の散歩服として作られました。19世紀 ...

No Image

「め」

誰かに憧れるということは決して悪いことではないのだけど、想いが強すぎると、自分はその人と同じようには決してなれないということを無意識に言い聞かせてしまう。

有名人と一緒に写真を撮ってもらったり、Twitte ...

No Image

「む」

好きな人がいると、相手の一挙一動が気になって仕方ありません。誰しもが、好きな人には好かれたいなと思いますよね。

しかし、両思いになることは簡単ではありません。

自分が好きだと思っている人に好きに ...

No Image

「み」

先のことがわからないというのは不安ですよね。逆に先のことがわからないから楽しみという考え方もあります。

思い通りになっている未来の自分の姿を想像するのは、楽しいことです。楽しいに決まっています。想像の中では ...

No Image

「ま」

付き合っているときも結婚してからも、夫がまるで自分にヤキモチを焼いてくれない。もしや、私のことがそんなに好きじゃないのでは?なんて不安に思っている方はいませんか?

束縛は問題外ですが、夫が嫉妬している姿は可 ...

No Image

「ほ」

みなさんは、自分が大好きな人の理想の奥さんになれる自信はありますか?もちろん、料理上手だったり床上手だったりと、男性が求めるものはいろいろあると思います。

でもやっぱり一生を共にすると誓う相手には、それなり ...

No Image

「へ」

気になる男性からのメールやLINEを見ていて「これって脈なし?」と不安になったことはないでしょうか?

人がメールをする理由には様々あります。人間関係を円滑にも、泥沼にもすることができる現代の恐ろしいツールで ...

No Image

「ふ」

例えばあなたが風邪をひいて具合が悪いとき、彼はどんな反応をするでしょうか?

「大丈夫?」と気遣う言葉をかけてくれるのか、それとも家事を手伝ってくれたり、飲み物や食べ物を差し入れてくれたりなど具体的な行動をし ...