No Image

「ほ」

みなさんは、自分が大好きな人の理想の奥さんになれる自信はありますか?もちろん、料理上手だったり床上手だったりと、男性が求めるものはいろいろあると思います。

でもやっぱり一生を共にすると誓う相手には、それなり ...

No Image

「へ」

気になる男性からのメールやLINEを見ていて「これって脈なし?」と不安になったことはないでしょうか?

人がメールをする理由には様々あります。人間関係を円滑にも、泥沼にもすることができる現代の恐ろしいツールで ...

No Image

「ふ」

例えばあなたが風邪をひいて具合が悪いとき、彼はどんな反応をするでしょうか?

「大丈夫?」と気遣う言葉をかけてくれるのか、それとも家事を手伝ってくれたり、飲み物や食べ物を差し入れてくれたりなど具体的な行動をし ...

No Image

「ひ」

お見合い結婚は離婚率が低いと言われます。でも、離婚してしまうお見合い結婚カップルは約1割ほど存在するそうです。

恋愛結婚の離婚率は約40%、一方で、お見合い結婚の離婚率は約10%と、成功率は高いことがわかっ ...

No Image

「は」

いずれは結婚したいが、30歳を過ぎた頃から出会いがなくなってしまった。でも婚活パーティーなど結婚だけを目的とした場に参加するのは気が進まない。

こんな葛藤を抱えながら日々を過ごしている独身者は少なくありませ ...

No Image

「の」

目を合わせようとしない伏し目がちの心理には、言い出しにくい何かが隠されているように見えます。

目を見ながら会話をするのが本来は常識ですが、伏し目がちの人と接していると、心理が気になるところ。元気がなさそうに ...

No Image

「ね」

結婚相手の候補を絞りきれずに悩んでいる、なんて贅沢なお悩みを抱えているあなた。友人に相談してもしっくり来ず、それどころか羨ましがられて相談にならないなんてことになっていませんか?

他人から見たら羨まれるよう ...

No Image

「ぬ」

「身を固める」とはどのような意味があるのでしょうか。実は、この言葉にはさまざまな意味が含まれています。一つ目の意味は「結婚して家庭を持つ」です。

また「定職につく」ということを意味することもあります。

No Image

「に」

義理人情に厚い人っていますよね。できれば、あなたも自分自身「義理人情に厚い人だなあ」と思われたい・・・と考えているのでは?

誕生日会や、同窓会など、何かと「会」がつくものに、欠かさずといっていいほど参加する ...

No Image

「な」

人間関係が気薄と言われる現代、「仲間意識」を大切にしている人も減少しているのだろうか。20〜60代の男女1,348名に「仲間について」調査を実施しました。

全体では、62.8%もの人が「仲間意識は大切だと思 ...

No Image

「と」

男性が彼女といるときに大切にしているとがあります。それは余計な気を遣ったり、落ち着く時間がなかったりしないかというものです。

一緒にいて心休まる女性は男性にとって、かけがえのない存在でずっと共に過ごしたいと ...

No Image

「て」

突然ですが!倦怠期って長く付き合っている男女が陥りがちなイメージありませんか?

相手との関係性に慣れてしまってドキドキ感が薄れたり、一緒にいることに飽きてしまって、「ウザい」と感じるようになったり…と、原因 ...

No Image

「つ」

「月並みですが」というフレーズを聞いたことがある人は多いでしょう。たとえば、「月並みですが、毎日穏やかに過ごすことが私の願いです」などのように使います。

「月並みですが」の「月並み」の意味は、「ありふれてい ...

No Image

「ち」

この幸せな真実を証明するために、心理学者のチームはスペイン・マドリードにあるコカコーラ工場の従業員たちから、幸福に関する研究という名目でボランティアを募りました。

集められた被験者には、その日の気分と、その ...

No Image

「た」

毎日顔を合わす職場では、異性に対して仕事上の付き合い以上に好感を持って、より親しくなりたいという気持ちになりやすいでしょう。

パートとして働く女性が社員として働く男性のことが好きになってしまったり、という話 ...

No Image

「そ」

結婚相談所は、今すぐにでも結婚したい人がたくさん集まってくる場所です。そのため、普通に婚活するよりも、結婚相談所に登録して活動した方がより早く結婚に向かうことができます。

ところで、結婚相談所に登録してから ...

No Image

「せ」

世間知らずな人っていますよね。しかし、「深く付き合ってみないと世間知らずかどうかわからない」ということは多いでしょう。

たとえば、仕事ができてすごく素敵だなと思っていた男性と付き合ってみたら、まったくニュー ...

No Image

「す」

生まれ育った環境でその人の性格が変わってくる……という話はよく聞きますよね。「長男長女だからしっかりしている」「末っ子だから甘えん坊」などといった情報を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

特に ...

No Image

「し」

バツイチの方は一度失敗しているからこそ、円満な家庭を築くポイントを押さえている方が多く、再婚して良かった!幸せだと感じている方がたくさんいる気がします。

最初の結婚では、目先のことで相手を決めることが多いで ...

No Image

「さ」

婚活をしているとこういう方いらっしゃいませんか?「おしい!あと一歩なのに!」「もうちょっと気を使った方が良いんじゃないかな〜」「これはないな〜」

というちょっと残念な方。

お見合いの席や、パーテ ...

No Image

「こ」

男性は、本能的に女性を外見で判断をする傾向がありますが、案外見ていないようで、実は女性の内面も見ていたりするものです。

もしそれでもあなたの嫌な面を感じ取ったとしたら、あっさりと恋人候補から外されてしまうか ...

No Image

「け」

結婚をしたいと考えていても、結婚相談所を利用するのは負け組のような気がしてしまう人もいるでしょう。

確かに、自然に恋愛して結婚まで至る人もいることを考えると、結婚相談所に頼るのはどこか負けていると感じさせて ...

No Image

「く」

夫婦は幸せになる最高の人間関係です。それはなぜでしょうか?夫婦の素晴らしさは、苦楽を共有できる唯一のパートナーだからです。

もちろん夫婦以外にも固い絆で結ばれた人間関係は存在します。親子や兄弟との関係や、小 ...

No Image

「き」

期待と不安は、交互にやってくるものです。期待だけがずっと続けばいいのですが、そんな都合のいい話はありません。

しばらくすれば、不安がやってくるでしょう。期待をすればするほど「もしうまくいかなかったらどうしよ ...

No Image

「か」

思ってもいなかったタイミングで、ひょっこり自分の元に帰ってきた元彼。忘れられない人だったなら、嬉しくなっちゃいますよね…!

でも元彼の気持ちがどこでそう動いて、また私のことを選んだのかって気になりませんか? ...

No Image

「お」

誰かと一緒の方が生活が充実するのか、一人の時間を大切にする方が充実するのか。意識調査を行ったところ、ソロモンと既婚男女とでは、明らかに正反対の傾向が出ています。

驚くべきは、ひとりの時間を大切にするソロ女が ...

No Image

「え」

「最強の笑顔=見る人を幸せにする笑顔」なのかもしれません。作り笑顔もなんとなく可愛くは見えますが、見ていて幸せにまではならないですよね。

しっかり口をニーっと開いた笑顔はとてもかわいらしく、元気いっぱいに見 ...

No Image

「う」

恋愛をうまくいかせたいのに、毎回のようにうまくいかない…!そんな恋愛下手の皆さん。

どうしてあなたはうまくいかない恋愛しか出来ないのでしょうか?

好きになった人や恋人と意思の疎通がうまくできてい ...

No Image

「い」

「愛おしい」とは、辞書では「かわいい。可憐である。いとしい(=恋しく慕わしい)という意味。「好き」とは、「気に入って心がそれに向かうこと。その気持ち」という意味になっています。

付き合っている彼氏のことを思 ...

No Image

「あ」

性格が明るい人は、人生を幸せに生きることができます。性格が明るいだけで、毎日が楽しくて、友達も増え、いいことが増えます。

反対に、性格が暗くて悩んでいる人がいます。「自分には傷ついた過去があるし、友達もいな ...

No Image

「わ」

恋愛で告白は避けて通れません。ある調査結果では「告白は必要ですか?」の質問に「YES」と回答した人が81.3%。多くの人が告白は不可欠と感じています。

告白をすることで二人の距離は縮まりますが、告白する目的 ...

No Image

「ろ」

余計な一言で、周りを傷つけてしまうこともあると思います。余計な一言を言ってしまい、相手を傷つけてしまったことはありませんか?

「言わなければ良かった」と後で後悔しても、口に出してしまった言葉は消すことができ ...

No Image

「れ」

改めて身辺を見れば、「令和」になりましても、生活すること自体が精一杯という厳しい時代の到来を感じさせられる昨今でもあります。

しかし、そんな中で生きるとしても、「たった一度の人生」ということを考えれば、やは ...

No Image

「る」

恋人選びの基準として、外見重視であるという人はかなり多く、人は美女やイケメンに弱いという事実が存在します。

一方で、美女と野獣という言葉がある反面、逆のカップルを目撃する回数が少ない気がするのは、気のせいで ...

No Image

「り」

「結果には理由がある。」と言われます。なぜでしょうか?それは、人は理由なく行動できない生き物だからです。

行動しなければ、結果は出ません。そして、行動するためには、人には「理由」が必要となります。ゆえに、「 ...

No Image

「ら」

最近はバツイチの人も珍しくありません。バツイチになった理由は人それぞれで、望んでなった人もいれば、仕方なくなる人もいます。

白い目で見られた時代もあるかもしれませんが、今は昔より気にする人は多くありません。 ...

No Image

「よ」

素敵なご縁に恵まれたら、今よりももっと人生が豊かになると思いませんか?

多くの人は、「良い縁に恵まれたい」「悪い縁はできるだけ引き寄せたくない」と考えます。でも、具体的にどうすればよいか、今イチよくわからな ...

No Image

「ゆ」

優等生は仕事、恋愛においてもそこまで努力しなくてもソツなくこなす人です。「努力家ってどういう人?」なんて普段考えることもないでしょう。

しかし、私たちは人を讃えたり、褒めたりするとき、そして誰かを認めたとき ...

No Image

「や」

結婚を意識して婚活を開始するにあたって、男性が女性の体型にどれくらい関心があるのか気になりますよね。

男性に好印象を持ってもらうためには、ダイエットが必要なのか?どんな体型の女性が好まれるのか、知っておいて ...

No Image

「も」

「行動力がない人」と「行動力がある人」の違いはどこにあるのでしょうか?今一度、行動力とは何なのか辞書で調べてみました。

行動力とは、何かを思い立った際に、実際に行動を起こし、それを実現する力。または、そうし ...

No Image

「め」

優しい人は、配慮があります。「配慮」と一言で言っても、大きく分けると3種類あります。目配り・気配り・心配りです。

接客業界でよく使われる言葉ですが、優しい人になるためにも欠かせないポイントです。

No Image

「む」

人は、未来に希望が持てたり、ワクワクできることがあるとき「やってみたい」というやる気が湧き上がってきます。

しかし、失恋してしまうと、望んでいた元恋人とのワクワクする未来が、目の前からなくなってしまうような ...

No Image

「み」

男女の出会いは様々です。

友人の紹介、社内恋愛、結婚相談所での紹介

そして最近多いのがSNSの出会いサイトです。

相手に好意があるから交際するはずです。

しかし、この「好 ...

No Image

「ま」

かつて好きだった人との再会で、ガッカリすることもあれば、想いが再燃することもあるもの。男性がどんな瞬間に恋心が復活するのか、それがわかれば昔好きだった人との間に恋が芽生えるかもしれません。

「はじける笑顔に ...

No Image

「ほ」

あなたが、「この人といるとすごく優しい気持ちになれる。」とか、「一緒にいて楽だし落ち着く。」と思う相手は、これから先もずっと大切にし続ける相手であり、相手も同じく落ち着くと思っている可能性は高いです。

どん ...

No Image

「へ」

これまでの交際人数は、全体の約8割が「6人以下」で、最も多いのは「1〜3人」。一方で、「0人」と回答した人が146人おり、最近の恋愛の奥手さがわかります。

ということは逆に考えるとそこそこ「恋人いない歴=年 ...

No Image

「ふ」

結婚をして夫婦生活を出発するという場合に、出会いがなければできませんので、出会いが非常に重要になります。

また、世界の人口が70億以上いる中で、たった二人が出会うという確率は不思議というほかはありません。 ...

No Image

「ひ」

仲人カウンセラーのメリットは「あなたの魅力をしっかり伝えてくれる」ことです。どんな方でも自分の魅力を正しく伝えることは難しいものです。

1人で活動する婚活アプリでは、当然自分のアピールは自分で作文しなければ ...

No Image

「は」

初めてのお見合いは、緊張する人が多いと思います。「このお見合いで結婚相手が決まるかもしれない!」と考えると身構えてしまい、さらに緊張感が高くなる・・。

実際のところ、約60分程度のお見合いで一回話しただけで ...

No Image

「の」

「なんとかなる」という考え方が、彼らの基本思考です。その先にあるのは、「誰かがなんとかしてくれる」という他力本願な考え方。

彼らのまわりにいる「誠実で心配性の人」が、実際に彼らを助けてくれます。その心理の裏 ...

No Image

「ね」

生真面目な人って、何故か煙たがれる存在だったりするんですよね。

真面目なのは悪いことではないはずなんだけど、真面目に″生″がついちゃうと…言い方は悪いけどクソ真面目ってこと。

真面目過ぎる人はど ...

No Image

「ぬ」

「学生時代はモテたのに最近はめっきり……」「気づけば彼女が3年以上いない……」と思うことが最近増えた方、いるのではないでしょうか?

大人になって仕事の経験値は上がったものの恋愛はご無沙汰、という方は要注意! ...

No Image

「に」

婚活で知り合った相手との1度目のデートが無事に終わってホッとするのも束の間、最終ゴールである結婚まで進めるには2回目のデートを成功させなければなりません。

特に婚活では2回目のデートでそのまますんなり婚約ま ...

No Image

「な」

「婚活」って、巷にあふれている言葉ながら、実際にやってみるとたいへん!考えていたイメージとは大きく違うこともあるでしょう。

まずは、自分自身を振り返り、客観的に見ることができたという意見。友人同士で話してい ...

No Image

「と」

年下好きな女性の特徴は、基本的に世話を焼くのが得意な女性は、年下男性を好きになりやすいです。

誰に対しても世話を焼いてあげたい!という気持ちでいるので、もちろん対象は男性だけではありません。

し ...

No Image

「て」

転職も結婚も、人生の一大事。人生の大事なライフイベントが故に、結婚を機に転職をするという男女も多く、何かとタイミングが重なることも少なくありません。

結婚を機に転職をする男女は多いと思います。では、そのベス ...

No Image

「つ」

社会人になると学生時代とは違い中々デートをする時間がありませんよね。人によっては月に一回程度や全然会えない場合も。

デートが少ないと恋愛がうまくいかないと勘違いしていませんか?実は頻度が少ないのは結婚への近 ...

No Image

「ち」

プロポーズで大切なのは何だろう?素敵なディナー、シャンパン、ケーキ、バラの花束、婚約指輪……。

どれもプロポーズを素敵に彩ってくれるものには違いないけれど、やはり一番大切なのは彼女へ結婚の意思を伝える言葉。 ...

No Image

「た」

誰だって、結婚に夢とあこがれを持っているものです。けれど、結婚は意外に地道な作業の繰り返しです。

彼からプロポーズされたあなたは、まさに幸せの絶頂にいるでしょう。

結婚式はどんな風にしよう?新婚 ...

No Image

「そ」

仕事が終わって疲れて家に帰ると、妻と子供たちが笑顔で出迎えてくれる。明るくて居心地の良い家。男性誰もが、思い描いている家庭像があると思います。

幸せな家庭像を思い描いて誰もが結婚しますが、結婚して家庭生活を ...

No Image

「せ」

人はそれぞれの人生で、出会うべき人と出会うようになっている。必要な出会いをつかみ、必要なことを経験できる人は、それによって人生がますます豊かになっていく。

ところが、せっかく出会うべき人と出会っているのにも ...

No Image

「す」

余裕ある男子ってなぜか惹かれるんだよね〜。

何かアクシデントがあった時でも、落ち着いて対処している姿を見ると、素直に(カッコいいなー)って思うし、慌てずに冷静にコトの問題に向き合ってるスマートさに惚れるんだ ...

No Image

「し」

落ち着いていて、気品が漂う。そんな「おしとやかな女性」を求める男性は多いはず。気になる異性の目を惹きつけたいなら、男性目線の「おしとやか」の定義を知っておきたいところです。

9割近い男性が「おしとやかな女性 ...

No Image

「さ」

新年度が始まる4月のこの時期は、街を歩くとあちこちで華やかな桜の木を目にします。一年中ずっと花を咲かせる時期を待って、春が訪れるこの時期だけ圧倒するような姿で咲き誇り、わずか10日ほどで散ってしまう桜は我々日本人の心を ...

No Image

「こ」

男性の本気の言葉はどこまで信用できるのでしょうか?たとえば、「3年後には結婚しよう」という彼の言葉や、「この(愛する)気持ちはずっと変わらない」という言葉。

プロポーズの時、よく男性が言う「君を必ず幸せにす ...

No Image

「け」

−あきらめたらそこで試合終了ですよ。

これはスラムダンクの安西先生の言葉ですが、婚活でもこの言葉の持つ意味が大事になります。

婚活をしていると辛いことはあります。なかなかいい人が見つからなかった ...

No Image

「く」

結婚をしたら、安定的な暮らしがしたい。笑いが絶えない幸せな家庭生活を望むなら、まずは相手を選ばなければいけません。目先の楽しみだけでなく、将来を見据えて彼氏を選ぶのも重要かも。

結婚生活に向いている男子は、 ...

No Image

「き」

独身の時は一人の判断で色んなことができても、家庭を持つようになると自分の身勝手な行動で家族を困らせてしまうことも出てきます。

自分とパートナーには、それぞれ理想と思う家庭の形があるので、それを擦り合わせてい ...

No Image

「か」

アラサーといえば、結婚を真剣に考えるお年頃。子供も欲しいし、将来の設計をしっかり立てたい!でも一方で、仕事が楽しくなってきて、それどころではないという人がいるのは確か。

でも世間では結婚しない独身の女性を「 ...

No Image

「お」

23歳女性の例です。

彼氏がこの歳で一度もできたことがなく、また、自分が告白したいと思えるほど好きになる男性もいませんでした。

大学で何度か好意を持たれるようなことはありましたが、誰からも告白さ ...

No Image

「え」

実業家や世界で活躍するアスリートたちも、こぞってつけているという「夢ノート」ご存知ですか?

夢ノートとは、あなたがどうしても実現したい夢、なりたい姿、などをノートや手帳に記しながらイメージし、明確化すること ...

No Image

「う」

奥手な男性の擦れていないピュアな雰囲気に惹かれてしまった・・・。そんな経験はありませんか?でも経験豊富な男性とは違って、相手からの積極的なアプローチは期待できませんよね。

となれば女性の方から攻めるしかない ...

No Image

「い」

妹が先に結婚する。何で妹は結婚できて当然、私はできなくて当然なの?妹がなんか気を使ってるっぽいのもムカつく。

2人姉妹。

妹が先に結婚する。

父は「年齢が上も下もない。(結婚)できる ...

No Image

「あ」

せっかくの休日なのに外は雨・・・なんてことも。でも、そんな日だからこそ楽しめるデートがあるんです。世代別の理想の雨の日デートとは!

「家でゆったり」「相合傘」が忘れられない思い出に

雨の日デート ...

No Image

「わ」

好奇心旺盛な人のわかりやすい特徴として、実年齢よりも若く見える人が多いことでしょう。好奇心がない、やる気がない、怠惰な生活を送っていますといくら若い人でもどことなく老けて見えるものです。

好奇心を持っていま ...

No Image

「ろ」

皆さん、ゴールデンウィークの予定は決まりましたか?年に一度の大型連休ですし、遠出の計画を立てるなら早めの方がお得ですよ~。

彼氏がいる人は、連休にしかできないデートを満喫!今はまだいないという人も、お友達と ...

No Image

「れ」

自分から連絡・ラインをしない人は、一体何を考えているのでしょうか。今は、ネットワークが充実している社会なので、人との繋がりに連絡は欠かせません。

これは、恋愛でも同じです。恋愛に至っては、余計に自分から連絡 ...

No Image

「る」

皆さんは、恋愛において相手の外見をどのくらい重視していますか?「私はやっぱりイケメンがすき!」「いやいや、性格が大事だよ」と、それぞれ基準があるかと思います。

昨今、「顔だけ」で恋人を選ぶのはナンセンス、と ...

No Image

「り」

あなたは理想の夫婦像ってありますか?

街中でふと目にした仲睦まじい様子の老夫婦の姿に、顔も心も和んでしまった経験は誰しもあるはず。いろいろなことがある結婚生活、きっと老夫婦にもいろいろあったことでしょう。 ...

No Image

「ら」

「ラブラブでいられる時期って、いつまでなんですか?」と質問されることがよくあります。ですがカップルによってそれは様々。3ヶ月の場合もあれば、3年の場合もあります。もしくはずーっとラブラブでいるというカップルも。 ...

No Image

「よ」

結婚相談所へ入会する際に提出する「身上書」に養子縁組を希望する、希望しないを選ぶ項目があります。そこで、「養子縁組とは」について書きたいと思います。

実の親子関係のない人との間で、親子関係、またそれを通じた ...

No Image

「ゆ」

友達から恋人になった経験を持つ人は、男女ともに41%複数人の仲間内で遊ぶ関係から、ふたりで会う仲になっていく過程が自然かどうかが重要なようだ。

「ふたりでいる時間が長くなって意識し始めた」「長年の付き合いか ...

No Image

「や」

ヤキモチも、嫉妬も、自分が気になる人の関心が他へ向くのを恐れることから出てくる感情という点では同じです。

しかし、ヤキモチはどこかかわいく、けなげな印象を与えるのに対し、嫉妬はドロドロした憎悪の感情が渦巻く ...

No Image

「も」

彼の前で、我慢ばかりしていませんか?意外と男性はわがままな女性が大好き。真面目で自信のない女性がわがままを言い始めたら突然モテ始めた、なんて話もありがちですよね。

ポイントは、自己中心的なわがままではなく彼 ...

No Image

「め」

「キレイの秘訣は何ですか?」トーク番組に女優さんが出演すると、必ずと言っていいほどよく、司会者がそんなふうに聞きますよね。それに対する答えの定番は「特別なことは何もしていないんですよ~」。

「嘘つけ!何かし ...

No Image

「む」

危険な目に会ったことのある人の事例

私は普段の生活から出会いは全くなくもう婚活アプリしかないと思いここ一年程で4人会いました。特に恋愛に発展する人もいなかったんですが怖い変な人もいなかったので、気長にやって ...

No Image

「み」

学生時代、お世辞にも綺麗とは言えない彼女でしたが、目の前にいる彼女は「綺麗な人」そのものでした。

別人かと思うくらいの変化に驚きを隠せませんでしたが、よくよく見ると顔はやはり以前のままで、美人なわけでも、顔 ...

No Image

「ま」

何か新しいことをするときにはどうしてもためらってしまうのが人間というものです。「うまくいかなかったらどうしよう。。。」

というネガティヴな気持ちが支配してしまい、考えれば考えるほどうまくいかないときのことば ...

No Image

「ほ」

大好きな異性との初デートは、年齢に関わらずドキドキするもの。「絶対に楽しい一日にしよう!」と気合を入れて出かける方も多いはず。

しかし、ささいな言動がきっかけとなり、雰囲気を重くしてしまうこともありますよね ...

No Image

「へ」

普段の生活ではなかなかいい人と出会えず、「出会いがない!」と思っている人もいるのでは?

新しい出会いを求めようとすると、「王子様のような男性が目の前に現れるかも!」と期待が膨らんでしまうかもしれません。しか ...

No Image

「ふ」

「不束者」は「ふつつかもの」と読みます。

不束者の意味
1.気がきかない。
2.行き届かない。
3.不調法な。
4.太くて丈夫そうなこと。
5.太めで不恰好。 ...

No Image

「ひ」

心が広い人というのは、どんな物事もそれをきちんと理解して受け止めることができるからこそ、心が広くなります。

普通の人であれば、自分とは違う考えであれば批判しますが、心が広い人であればそのような考え方もあると ...

No Image

「は」

「2回ばかり食事に行った彼女の口癖は、『ねぇ、聞いて聞いて~』だった。俺が会話を得意じゃないこともあり、最初は『間がもっていいな』『女の子っぽくてかわいいなあ』なんて思っていたんだけど、『この前職場の人がさ~』『わたし ...

No Image

「の」

いつでも穏やかにニコニコとしており、とても話しかけやすいような雰囲気を持っているのんびり屋さん。おっとりしていて焦らず、自分の世界を持っているイメージを持たれる人も多いようです。

「のんびり」とは、「緊張感 ...

No Image

「ね」

人生・仕事の結果は、考え方×熱意×能力という一つの方程式で表すことができます。

「能力」とは、知能や運動神経、あるいは健康などがこれにあたり、両親あるいは天から与えられたものです。

「能力」に「 ...

No Image

「ぬ」

子供の頃「大人になっても少女漫画って読むのかなぁ?」と小さな疑問を持っていました。漫画の前に「少女」という言葉がついているので、少女でなくなったら、もう読めなくなると勘違いしていたようです。

大人になった今 ...

No Image

「に」

恋愛における好きな人のタイプは「背が高い人に惹かれる」といった見た目から、「優しい人が好き」といった性格までさまざまあります。

好きな人のタイプはあるものの、なぜかいつも自分と似た人を好きになる。そんな人も ...

No Image

「な」

結婚相談所・仲人の仕事とは?
お相手探しからご成婚まで夫婦へのご縁を取り持つお仕事です。

結婚相談所は夫婦としての約束を交わすまでのご縁をお繋ぎする仕事です。会員様の「結婚したい!」という気持ちを熱 ...

No Image

「と」

ほとんどの男性って、若い女性が好きなイメージがありませんか?それに、結婚も男性が年上で女性が年下というカップルが多いですよね。

でも、中には「好きな女性のタイプは年上」「お付き合いするなら年上の女性が良い」 ...

No Image

「て」

女性からは疎まれやすく、男性からはモテる天然女性。あなたの周りにも「天然」と言われる女性が一人くらいはいるのではないでしょうか。

天然の女性は同性からは嫌われやすいですが、男性にはモテます。同性の友達として ...