No Image

「か」

付き合ったばかりの頃は、この人とずっと一緒にいたいって、幸せいっぱいの気持ちに。けれど、しばらくすると、ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってある。

恋愛には、予測で ...

No Image

「お」

社会に出て多くの男性と出会ったけれど、なかなかいい人に巡り会えない・・・そんな時、ふと思い出す、懐かしい同級生のこと・・・。

しかし、再び巡り会えたとしても、恋に発展するなんてことはあるの?そもそも彼は昔馴 ...

No Image

「え」

夢や目標ができることで、人生の輝き方も違うはず。しかし、無謀な夢であったり、叶えることが難しい夢を持ってしまった時、あなたならどうしますか?

夢と現実のギャップが大きい時には、一度立ち止まってどうしたら良い ...

No Image

「う」

信頼を取り戻すのは決して簡単なことではありません。なんらかの理由で、恋人からの信頼を失ってしまったらどうしますか?

一度失われた信頼を取り返すのは簡単ではありません。それでも付き合い続けるという選択をしたな ...

No Image
「い」

「ごめん!遅刻しそう!」

気になる男性との待ち合わせ、時間通りに集合場所に到着したけれど彼は遅刻してしまいそう・・・・

待ちぼうけを食らうのは残念ですが、男性の遅刻は女性に対する本気度を測る絶好の機会でも ...

No Image

「あ」

愛のある生活を送るということが寿命にまで関わってくるとは意外なことですが、実際に家族や友達と仲が良いと長生きする傾向にあります。

人と関わることが苦手な方も、少しずつコミュニケーションをとるように心がけてい ...

No Image
「わ」

節度ある量のアルコール摂取、特にワインの摂取は衰えた記憶力の回復に役立つ、とノルウェーの研究グループは発表した。

大部分の研究で、節度あるアルコール摂取と認知機能の維持には関係があるという結論が出た。その理由としては ...

No Image

「ろ」

英国王室に嫁いだ、キャサリン妃のウエディングドレスは記憶に新しいですよね。

王室らしいクラシカルで気品あるウエディングドレス姿は女性の理想!

日本でウエディングドレスが普及しはじめたのは50年ほ ...

No Image

「れ」

別れた彼氏と復縁したい、それなら別れてからもしっかり連絡は取っておくべき!って思いませんか?しかし復縁とは難しいもので、頻繁に連絡を取っていると成功には繋がらないものなのです。

だからといって、復縁したい相 ...

No Image

「る」

年齢や外見、収入、性格、家事など結婚相手に求める条件は人それぞれ違います。これは絶対に譲れない、これはできれば満たしてほしいと思うことをメモに書き出して優先順位をつけてみましょう。

出会いたい相手の輪郭がわ ...

No Image

「り」

好きな人ができて、まず一番に願うことは「両思い」になることではないでしょうか?片思いしているときにも恋愛は楽しいものですが、やはり気持ちを伝えられない日々は辛い時もありますよね。

恋愛をしていれば、両思いに ...

No Image

「ら」

ネクタイを緩める仕草は女子から人気のある男のモテ仕草の代表です。多少お酒が回ってきたタイミングでネクタイを緩めるとドキッとする女子が多そう。

ちょっとした小技ですが「塵も積もれば山となる」。狙った女子が居た ...

No Image

「よ」

誰もが憧れる容姿端麗な人。知り合いにも必ず一人はいて、つい羨ましくなりますが容姿端麗な人は果たしてそれだけで幸せになれるのでしょうか?

どんなに恵まれた人でも一度は言われてみたい言葉があります。それは「容姿 ...

No Image

「ゆ」

赤い糸で結ばれた運命の人との結婚を目前にして、心はバラ色の時だからこそ、結婚する前に知っておくべきこともあります。

結婚式の計画は楽しいですし、女子としてはウエディングドレス選びにも心はウキウキします。

No Image
「や」

人によって定義そのものが違い、人によって受け取り方も違うあやふやなもの。

人に対して与えてあげられる人でありたいと願い、人に与えてもらいたいと願う都合のいいもの。人に向けるそれと、人に向けられるそれの結合地点。

No Image

「も」

女性なら、誰でもドラマのような運命の出会いや燃えるような恋に憧れるものです。結婚にある程度勢いが必要なことを考えると、「燃えるような恋をしてサッサとゴールインした方がいいんじゃないの!?」との意見もあれば、「よく知らな ...

No Image

「め」

スッキリとした目元、キリリとした目元、可愛い目元など、目元を褒められるのは、性格までほめられたように嬉しいもの。

つまり、爽やかな人、クールな人、可愛い人など、目元の印象はその人自身の印象に結びつきやすいの ...

No Image

「む」

一般的には、誰だって「好きな人と結婚したい」と思うだろう。

だが、この「好き」ってのが意外とクセモノだ。まず、好きって慣れちゃうのだ。わかりやすい例をあげてみよう。仮にあなたが面食いでイケメンと結婚したとす ...

No Image

「み」

「彼と結婚できた理由は、胃袋をつかめたこと。」

なんて話を聞くことがありますよね。実際に『付き合った彼女が自分の好きな料理を作ってくれて、それがものすごく美味しかった!あぁ、結婚したら毎日こんな料理が食べら ...

No Image

「ま」

「ケンカするほど仲がいい」とはいっても、ぶつかってばかりだと、無駄なエネルギーを消耗してしまいます。

最悪の場合、ケンカ別れということも・・・・。

夫婦や家族、恋人とケンカをしたときに、あなたは ...

No Image

「ほ」

明るい性格の女性は男性に人気がありますよね。特に、結婚相手となると、容姿などよりも明るく朗らかな性格を求める男性も少なくありません。

恋人や結婚相手にかぎらず、友達付き合い、仕事上の付き合いにしても、明るく ...

No Image

「へ」

九州屈指の温泉地で湧出量世界第2位を誇るのが、大分にある別府温泉。泉質の異なる8つの温泉地からなる別府温泉は、温泉好きにはたまらない名所です。

そんな「温泉の町」として知られる別府ですが、それだけに限らず観 ...

No Image

「ふ」

今現在、「婚活」という単語を聞いてピンとこない人はほとんどいないのではないでしょうか?

「婚活」とはその名の通り「結婚するための活動」である婚活ですが、その歴史は非常に浅く、一般的になってきたのはここ15年 ...

No Image

「ひ」

婚活で出会った男性が一人っ子だった時、特に気にしない女性もいれば、敬遠する女性もいます。結婚するにあたって家族構成はどうしようもないですが、それと同時に結婚生活を左右する重要な要素でもあります。

【一人っ子 ...

No Image

「は」

話し方は人それぞれであり、その中も個性が見られます。そのため、ゆったりとした話し方をする人もいれば、ササっと早口に話してしまう人もいます。

ただし、この早口には話してしまう人は、聞き取りづらかったり、なんだ ...

No Image

「の」

残り物には福がある。自分と出会う相手は婚活市場で誰にも選ばれなくて残っているのではない。自分と出会うためにわざわざ残ってくれているのだ。

そこに感謝する気持ちも大切だ。

残り物でも余り物でもない ...

No Image

「ね」

若手と管理職における意識のギャップを考える際、その背景として、それぞれの金銭感覚の違いについても捉えておく必要があるのではないでしょうか。

将来、出世したら貰えると思う年収の最高額はいくらだと思うか聞いたと ...

No Image

「ぬ」

半世紀の歴史を紡ぐ本物の大聖堂!ステンドグラスが輝くなか伝統的な教会式を!

こちらは名古屋市東区葵1丁目にあるカトリック布池教会です。

地下鉄3駅から徒歩圏内の好立地に佇むのは、国の登録有形文化 ...

No Image

「に」

義理人情に厚い人っていますよね。できればあなたも、自分自身「義理人情に厚い人だな」と思われたい…と考えているのでは?

義理人情に厚い人の特徴とは?どこをマネしたら、義理人情に厚い人になれるのでしょう。

No Image

「な」

離婚して2年、奥様と死に別れた彼と結婚を前提で一年弱付き合っています。奥様の3回忌がもうすぐなのでそれが終わったら荷物を処分すると。

まだ家にはたくさんのものがあるらしいので家には行ったことがありません。 ...

No Image

「と」

「いつも彼女と一緒にいたら、結果的になんとなく付き合うことになった」という男子がいました。「なんとなく」って、微妙なニュアンスの言葉ですよね。

いつも一緒にいて「何があったから」付き合ったのか?という「なに ...

No Image

「て」

初デートの相手に求めるものは人によって違いますが、好感度の高い第一印象を与えることが肝心です。

初デートで相手がすごく期待しているとこちらにそれが伝わりますよね。

カッコよくて優しい人との出会い ...

No Image

「つ」

私は人に言葉を発する時に、話を聞く側の立場に立って一度自分の言葉を頭の中で確認してから発します。

自分が発した言葉で、好きな相手を悲しませたり傷つけたりすることが怖いからです。

なので話し合いや ...

No Image

「ち」

男友達から言われた、衝撃の一言

「ある日ふと、仲の良い男友達に言われたんです」「○○は可愛いけど、それでも中の上だよね。」

「雷が打たれるぐらいの衝撃でした。ショック、っていうのもありましたが、 ...

No Image

「た」

頼りになる人というのは、どんなに不利な状況に立たされたとしても、決して動じることはありません。

目の前のことにいちいち一喜一憂せず、感情的にならないのです。

もちろん、一人でいる時には、悩んだり ...

No Image

「そ」

「こうすれば彼、私のこと気にかけてくれるかな……?」

恋する女性ならば、誰もが一度はちょっとした駆け引きを試したことがあるはず。それは恋愛本から学んだものだったり、女友達からのアドバイスだったりもするだろう ...

No Image

「せ」

「結婚したい!」「出会いが欲しい!」、このような思いから婚活を始める人は多いでしょう。街コンやお見合いパーティなど、新たな出会いを楽しみながらパートナーを探す婚活は上記のような願いのある人にとってはうって

No Image

「す」

「私の好みは小栗 旬みたいな人なのに、お申し込みが来たお相手は某お笑い芸人にソックリな人からで。

最初はハッキリ言って「ありえない~この人とお付き合いするのとか絶対ムリムリ~」って思ってたが、

No Image

「し」

彼女ができると、「彼女を幸せにしたい」と思う男性が多いのではないでしょうか。

しかし、女性のタイプによっては心配させるようなことを何もしていなくても、不安に感じる人もいます。

そん

No Image

「さ」

プロポーズのタイミングっていつがいいんだろう?そろそろ結婚したいんだけど彼女はどう思っているかな?

大切な人へそろそろプロポーズをしたいけれど、いつの日にプロポーズをすべきか悩んでいる人もいる

No Image

「こ」

アラフォー女性は、年齢だけで価値が低いとまで言われる存在です。

その上で結婚を目指すなら、女性らしさと若々しさで男性の心を掴み、なんとなく結婚を考えているくらいの男性と勢いで結婚するのが最短ル

No Image

「け」

結婚目前のあなたは結婚したら給与口座を変える!

結婚前の方がいれば、結婚のタイミングでとりあえず給与口座を変えることを考えてください。

婚姻中に夫婦の合意によって築いた財産(預貯金

No Image

「く」

せっかく出会って、せっかく好きになった人への想いを断ち切らなければいけないのは辛いです。

思い続けるだけなら好きな人にも迷惑をかけないから、気がすむまで好きでいたいと思うでしょう。

No Image

「き」

皆さんは過去にどんな恋愛をしてきましたか?

その中には良い思い出として今思い出しても幸せな気持ちになれる恋愛、それとは逆に思い出したくない恋愛との二つがあると思います。

そしてほと

No Image

「か」

人生が変わるきっかけを求めている人は多いと思います。

もっと言うと「何か決定的な転機となるようなきっかけがないと人生は変わらない」と思っている人は多いのではないでしょうか。

その考

No Image

「お」

お酒が飲めないと、飲み会やコンパなどの出会いの場から遠ざかってしまいがち。

でも実は、そんなお酒が飲めない男性と付き合って良かったと思っている女の子が結構いるようです。

① 飲み会

No Image

「え」
Merry Christmas🎄

どうしても「つらい、寂しい」といったデメリットが目立つ遠距離恋愛。遠距離恋愛でないカップルに比べると、結婚にまで結びつく確率は低いと言われています

No Image

「う」

女性らしい雰囲気の基本は「美」です。女性ホルモンによって、女性は基本的な「美」を手に入れます

肌は美しくなり、髪にはつやが出てきます。

しかし、どれくらい美であるかが重要です。磨き

No Image

「い」
一通のメールから始まる恋、友人からの一押しから始まる恋、キスから始まる恋。

運命の人と結ばれる瞬間は、どんなシチュエーションでも最高の幸せを感じるものですよね。「でも、やっぱりカレから告白されて付き合いたい ...

No Image

「あ」

新しい出会いを引き寄せたいと言いながら、実際にやっていることは元彼へ連絡をしたり、男友達に甘えたりと、言動が一致していない人も多いのではないでしょうか。

毎日、頑張っているからこそ、誰かに寄り

No Image

「U」
⚫︎ 意外と見落としがちな営業時間
意外にもテーマパークのオープン時刻は「9時から」と思い込んでいる人は少なくない。
USJは時期によっては開演時間が9時の場合と10時の場合があ

No Image

パフォーマンスが高いチームの特徴の一つに、それぞれの得意なことや価値観、またお互いに期待していることがわかっているということがあります。

「チームにおける期待」を合わせる

困難なプロジェクトをより成功に近づける ...

No Image

女性の婚活を始めるベストな年齢は25歳~27歳くらいでしょう。

一般的にはちょっと早い印象があるかもしれないですが、20代での結婚を是が非でも
狙うのであれば、全然早くないです。

女性の25歳~27歳く ...

No Image

パフォーマンスが高いチームの特徴の一つに、それぞれの得意なことや価値観、またお互いに期待していることがわかっているということがあります。

「チームにおける期待」を合わせる

困難なプロジェクトをより成功に近づける ...

No Image

⚫︎ デートシーン
彼とのデートは、思いっきり可愛く仕上げたいもの♡
男性の憧れは、ナチュラル感の漂うプックリしたクチビルです。
オフの時だからこそ、ツヤツヤ感がアピールできるリップで、彼の視線を ...

No Image

そろそろ婚活を本気で始めよう!と思ってお見合いパーティーの申し込みをしてみたものの、相手の男性と何を話せばいいんだろう?とわからず悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
■ 尋問にならない、上手な質問の仕方
&#x ...

No Image
「P」

さて、ピンクも日常のいたるところで見かけるメジャーな色ですね。特にファッションの中でも、ピンクは重要な役割を果たし多くの人に愛されています。

特にピンクが好きだという方も多いと思いますが、ピンク好きの方の性格や特徴は ...

No Image
「O」

前から気になっていた彼からの、待ちに待った告白!思わずガッツポーズしたくなる気持ちはぐっとこらえ、ぜひ可愛い「OKの返事」で、彼をキュンとさせたいものです。

こんな時、どんな言葉でどう伝えるのが効果的なのでしょうか? ...

No Image
「N」

自分の仕事もあるのに、他の人の仕事も頼まれて、断りたいのに断れない。

なんでもズルズルと引き受けてしまう。その結果、自分で自分の首を絞めてしまう・・。

そんな「断りベタ」な女性って、オフィスでも多いですよ ...

No Image
「M」

1.出会える数がハンパじゃなく多い
マッチングアプリを使うと、数十万人の異性と出会えるようになります。ここは合コンや街コンの比にはならないほどのメリットでしょう。

2.一人一人を大事にしなくなる
マッ ...

No Image
「L」

あなたの周りにも羨ましいぐらいラブラブのカップルが何組かいるでしょう。

1.お互いの素晴らしさを認めて愛し合う

お互いの良いところを素直に「すごい」「素晴らしい」と思い、口や態度に出して表現しているカップ ...

No Image
「K」

カラオケデート、密室な上、照明も薄暗い・・・そんな環境、初めてだととっても緊張しますよね。うまくいけば彼と良い雰囲気になって付き合うきっかけになるかも?

■ 「一緒に歌って?」とマイクを手渡す

「最初に歌 ...

No Image
「J」

花嫁が幸せになると言われるジューン・ブライドですが、いろいろな説があります。

ギリシャ神話に出てくる、神様のゼウス。ゼウスは神様と人類の家族の守護神・支配神として神々と人間たちの父と考えられていました。

...

No Image
「I」

恋愛に限らず「好き」な人には、色々と世話を焼きたくなってしまうもの。かまいたくてたまらなくなる、放っておけない・・・そんな間白。たとえ「何も言わないで、ただ聞いていて欲しいだけなんだけどさ」と切り出されても、「自分にできることな ...

No Image
「H」

恋がしたいと思ったとき、あなたはどうしますか?ただ「恋がしたい」と思っているだけでは何も生まれないので、まずは自分から行動する必要がありますよね。

■ 「恋がしたいのにできない」女性の共通点

恋がしたいと ...

No Image
「G」

「私って本当に愛されてるのかな?」そう不安に思うのは、きっと彼がうまく愛情表現ができない不器用な人だからかも。恋に落ちると、男性は相手を尊重するように話してくれます。たくさん褒めてくれたり、うれしいことがあれば、心からお祝いして ...

No Image
「F」

長い間、友達関係でいたけれど、ふと気づいたら好きになっていた・・・・なんて経験、ありませんか?男友達に恋をしてしまったとき、悩むのは告白するべきかどうか。告白したことで今の関係が壊れるのは嫌だけど気持ちを隠して友達でい続けること ...

No Image
「E」

せっかく大好きな彼と一緒にいても、何もしないでいると関係がマンネリ化してしまうのは必然です。そうなってくると彼の方も飽きてきて、浮気心が芽生えてくるかもしれません。恋人としていい関係を保ちたいなら、二人の関係をもっとエキサイティ ...

No Image

「E」

婚活を楽しむ方法はいくつでもあります。

メンタルや捉え方を変えれば楽しい可能性の広がる活動になります。

週末も参加したければ参加すれば良いですし、疲れている週や金欠の時などは無理に参加せず、 ...

No Image

「D」

結婚式を挙げることが決まったら、まず初めにやること

それは・・・・

ドレス選びです

 

まず《その1》

結婚式の日程が決まったら、即、ドレス試着 ...

No Image

「C」

都会のように多くの人が集まる場では、自然と競争が生まれます。仕事では成果が求められ、プライベートでは友人の持っているバッグのブランドが気になりがち。しまいにゃ婚活でも我先にいい男を見つけようとライバルと競い、男性か ...

No Image

「B」

「ブラックユーモア」は、ある対象を攻撃するために、「笑い」と「皮肉」を意図的に交えて作られた言葉です。「相手を打ち負かしたい」、「相手より優位に立ちたい」という心理状態になった人間が、優越感に浸るためにブラックユー ...

No Image
「A」

■ まずは友達になる

グループや社内だけの間柄ではなく「一対一」の関係を築くためにも、まずは友達というポジションを手に入れましょう。口実はなんでもいいので、「個人的に連絡を取る」機会を設けることが重要。ただしあまりに ...

No Image
「わ」

■ マイナス面も正直に書くことで、よりマッチングの精度を上げる太っていてそれがコンプレックスだった私は、ネット婚活のプロフィールに「太っていて外見がコンプレックスです」と書いて婚活をしていました。それは婚活ではプロフィールに様々 ...

No Image
「ろ」

最初はラブラブだった関係も時間が経つにつれてマンネリ化してトキメキを感じられなくなっていきます。いつもドキドキしていたデートにいつものパターンが生まれて、それに流されるようになり、「つまらないなあ、退屈だなあ」なんて気持ちがお互 ...

No Image
「れ」

「マメな男性はモテる」とよく言われますが、いったい彼らは普段どんなことを実践しているのでしょうか?

⚫︎毎日欠かさずにメールや電話をする

「いつも私のことを考えてくれている気がして嬉しい」と ...

No Image
「る」

国道3号線の中でも熊本はオススメのデートスポット満載です。絶景スポット、グルメ、ショッピング街、温泉・・・・熊本には季節を問わず、四季折々の風情が楽しめるスポットが満載。「熊本って熊本城くらいしか知らないかも・・・」「熊本でデー ...

No Image
「り」

男性が「女心がわからない」というのと同じように、女性にも「男心がわからない」と言いたくなる瞬間はありますよね。どうして、そう思うのか、なぜそんな行動を取るのか理解しがたい男性たち。

■ なかなか告白しない

No Image
「ら」

先日、とあるお寺の住職と知り合いになりました。宗派と言いますか、全く異なる世界のお話も聞けてとても勉強になります。霊魂の話、憑依体のお話、お祓い、波動修正などなど、私が敢えて繋がらない世界のお話も聞けます。

今回は輪 ...

No Image
「よ」

彼氏のお母さんとも仲がいいという人は、あなたの身近にいませんか?彼女たちのように、恋人の家族にまで好かれる女性になれば、結婚後の生活もうまくいきそうです。

【1】家を訪問するときは手土産を欠かさないなど気遣いがある「 ...

No Image
「ゆ」

今現在お付き合いしている彼氏と、ゆくゆくは結婚しよう(あるいは結婚したい)と思っている結婚に前向きな女子の皆さま、男性が結婚を決めた理由を知りたくありませんか?男性は、彼女といつ、どんな時に、どのタイミングで結婚しようと思うので ...

No Image
「や」

婚活で出会った彼と交際に発展!だけどお互いの休みが合わずに悩んでいる婚活女子は多いようです。中には付き合い始めたもののお互い仕事の都合で会えず、そのまま音信不通に。。。すれ違いから別れを告げたり、告げられることもあります。別れま ...

No Image
「も」

今の自分が満たされていないからこそ、人はそういう時に、過去を思い出してみては、あの時、別の選択もありえたのだ。そうしたら、別の人生もありえたのに・・・・と言って、時おり悔いいることになるのではないかな。そんな風にも思います。今が ...

No Image
「め」

恋愛をひと通り経験すると、始まる前からすでに、はじまった後の厄介な悩みが頭をもたげてしまい、恋愛をすること自体がおっくうに・・・。この気持ち、もしかしてアラサーあるあるなのかも?

Q あなたは、恋愛を面倒だと思います ...

No Image
「む」

結納には「関東式」「関西式」「九州式」という大きくは3つに分かれる結納の形式の1つにあるくらい、九州地方の結婚式は、結納に昔ながらのしきたりを重んじる地域が多いのが特徴です。結納の前にも、鯛やお酒、お茶などを持参する「久喜茶」や ...

No Image
「み」

死別後の再婚よりも別離後バツイチになってからの再婚の方がはるかに多いのです。それは何故なのか?未亡人が再婚するメリットとデメリット、心の安心度を含めて考えてみたいと思います。

いきなりですが、未亡人が再婚するメリット ...

No Image
「ま」

「モテる」ことと「外見的に可愛い/カッコいい」は全く関係ありません。でもっと言うと、「モテる」のいうことと「幸せな結婚ができる」というのも関係ない。モテたい時期は誰にでもあるので、恋愛を楽しめばよい。ただ、「数うちゃ当たる」とか ...

No Image
「ほ」

「激しく求め合うのが愛情でしょ?」そういった価値観が当たり前になると、自分のことだけではなく、相手のことも苦しめることになります。相手を見守る穏やかな愛ではなく、自分のために相手を支配し、コントロールしようとしてしまうからです。 ...

No Image
「へ」

恋愛偏差値って知っていますか?恋愛偏差値とは、自分の思い通りに恋を進める能力を示す言葉です。容姿が綺麗な子や性格がよくて同性に好かれる子でも、恋愛偏差値が低すぎると恋愛は上手くいかないかもしれないんです。でも逆に、恋愛偏差値が高 ...

No Image
「ふ」

最近、恋をすることに行き詰まりを感じてしまっているアナタ。昔の知恵に耳を傾けて、今の状況を見直してみるのもアリだと思いませんか?古き良きデート習慣をチェックです!

1.玄関で始まり、玄関で終わる

彼に家ま ...

No Image
「ひ」

当時は自分が死んでも泣いてくれる人なんかいないんじゃないかと思って、胸が苦しかったです。自分は必要とされるほどの価値がないと思ってしまっていたし、どうすればこの寂しさが解消されるのかもわからなかった。「でも本当は、誰かに必要とさ ...

No Image
「は」

男性にとっては最大のミッションであり、一世一代の勝負の日。プロポーズの準備は大きく分けて次の6つのステップ。指輪購入の検討なども踏まえて3ヶ月前くらいから準備をしていくようにしましょう。

STEP1 プロポーズする日 ...

No Image
「の」

「引き寄せの法則」って知っていますか?簡単に言うと「自分に起きる事は、自分が思った事からしか起こらない」という法則。つまり、常に悪い出来事楽しい事が起きてほしいのなら楽しい事を、成功したいのなら成功する事を考えていればそれが実現 ...

No Image
「ね」

男性にアプローチされると嬉しい反面、不安になることもありますよね。「彼は本当に私のことが好きなのだろうか?」「ほかの子にもアプローチしているのではないか?」と思うこともあるでしょう。男性が女性にするアプローチって簡単に分けると2 ...

No Image
「ぬ」

それまではかけがえのない存在だった女友だちも、恋愛が絡んだことで関係が悪化してしまったことはありませんか?同じ人を好きになったりすることで、トラブルになってしまうこともあるのかもしれませんね。女性の皆さんに、恋愛に対して「女同士 ...

No Image
「に」

お似合いのカップルとして、まず思い浮かぶのは「美男美女」。神田正輝と松田聖子のような、昔の芸能人カップルに多いパターンです。もう1つが「美女と野獣」。見てくれの悪いのは男性の方というパターン。見てくれは悪くても、お金持ちだったり ...

No Image
「な」

今年こそ結婚したいと思っていたのに、気づけばもう3月。「ヤバイ!」と思っている人は、スケジュールを立てて婚活をしてきましたか?婚活は、受験勉強ヤバイ就職活動と同じ。ゴールを設定して、きちんと予定を組むことが大事なんです。「頑張っ ...

No Image
「と」

好きな人だったり、気になる人が二人できて、どちらを選べばいいのかわからないときってありますよね。同時に二人の男性を好きなってしまった場合、何を基準にして選べばいいのでしょうか。同時に二人の男性を好きになった経験は?ある・・36. ...

No Image
「て」

日々家事や育児に追われる妻にとって、毎日のスケジュールはパパの帰宅時間に左右されがち。仕事や飲み会で遅くなる夫に不満がたまっている妻もいれば、逆に早く帰ってくる夫に対して「面倒が増える…」と負担に思う妻もいるようです。新婚当初は ...

No Image
「つ」

みなさんは、「気の強い女」と聞いてどんなイメージを抱きますか?芯を持って強く生きるのは、とても大切なこと。しかし、そのせいで男性から苦手意識を持たれてしまうのは避けたいですよね。同性から見ればカッコよく映る気の強い女性ですが、男 ...