No Image

「ね」

生真面目な人って、何故か煙たがれる存在だったりするんですよね。

真面目なのは悪いことではないはずなんだけど、真面目に″生″がついちゃうと…言い方は悪いけどクソ真面目ってこと。

真面目過ぎる人はど ...

No Image

「ぬ」

「学生時代はモテたのに最近はめっきり……」「気づけば彼女が3年以上いない……」と思うことが最近増えた方、いるのではないでしょうか?

大人になって仕事の経験値は上がったものの恋愛はご無沙汰、という方は要注意! ...

No Image

「に」

婚活で知り合った相手との1度目のデートが無事に終わってホッとするのも束の間、最終ゴールである結婚まで進めるには2回目のデートを成功させなければなりません。

特に婚活では2回目のデートでそのまますんなり婚約ま ...

No Image

「な」

「婚活」って、巷にあふれている言葉ながら、実際にやってみるとたいへん!考えていたイメージとは大きく違うこともあるでしょう。

まずは、自分自身を振り返り、客観的に見ることができたという意見。友人同士で話してい ...

No Image

「と」

年下好きな女性の特徴は、基本的に世話を焼くのが得意な女性は、年下男性を好きになりやすいです。

誰に対しても世話を焼いてあげたい!という気持ちでいるので、もちろん対象は男性だけではありません。

し ...

No Image

「て」

転職も結婚も、人生の一大事。人生の大事なライフイベントが故に、結婚を機に転職をするという男女も多く、何かとタイミングが重なることも少なくありません。

結婚を機に転職をする男女は多いと思います。では、そのベス ...

No Image

「つ」

社会人になると学生時代とは違い中々デートをする時間がありませんよね。人によっては月に一回程度や全然会えない場合も。

デートが少ないと恋愛がうまくいかないと勘違いしていませんか?実は頻度が少ないのは結婚への近 ...

No Image

「ち」

プロポーズで大切なのは何だろう?素敵なディナー、シャンパン、ケーキ、バラの花束、婚約指輪……。

どれもプロポーズを素敵に彩ってくれるものには違いないけれど、やはり一番大切なのは彼女へ結婚の意思を伝える言葉。 ...

No Image

「た」

誰だって、結婚に夢とあこがれを持っているものです。けれど、結婚は意外に地道な作業の繰り返しです。

彼からプロポーズされたあなたは、まさに幸せの絶頂にいるでしょう。

結婚式はどんな風にしよう?新婚 ...

No Image

「そ」

仕事が終わって疲れて家に帰ると、妻と子供たちが笑顔で出迎えてくれる。明るくて居心地の良い家。男性誰もが、思い描いている家庭像があると思います。

幸せな家庭像を思い描いて誰もが結婚しますが、結婚して家庭生活を ...

No Image

「せ」

人はそれぞれの人生で、出会うべき人と出会うようになっている。必要な出会いをつかみ、必要なことを経験できる人は、それによって人生がますます豊かになっていく。

ところが、せっかく出会うべき人と出会っているのにも ...

No Image

「す」

余裕ある男子ってなぜか惹かれるんだよね〜。

何かアクシデントがあった時でも、落ち着いて対処している姿を見ると、素直に(カッコいいなー)って思うし、慌てずに冷静にコトの問題に向き合ってるスマートさに惚れるんだ ...

No Image

「し」

落ち着いていて、気品が漂う。そんな「おしとやかな女性」を求める男性は多いはず。気になる異性の目を惹きつけたいなら、男性目線の「おしとやか」の定義を知っておきたいところです。

9割近い男性が「おしとやかな女性 ...

No Image

「さ」

新年度が始まる4月のこの時期は、街を歩くとあちこちで華やかな桜の木を目にします。一年中ずっと花を咲かせる時期を待って、春が訪れるこの時期だけ圧倒するような姿で咲き誇り、わずか10日ほどで散ってしまう桜は我々日本人の心を ...

No Image

「こ」

男性の本気の言葉はどこまで信用できるのでしょうか?たとえば、「3年後には結婚しよう」という彼の言葉や、「この(愛する)気持ちはずっと変わらない」という言葉。

プロポーズの時、よく男性が言う「君を必ず幸せにす ...

No Image

「け」

−あきらめたらそこで試合終了ですよ。

これはスラムダンクの安西先生の言葉ですが、婚活でもこの言葉の持つ意味が大事になります。

婚活をしていると辛いことはあります。なかなかいい人が見つからなかった ...

No Image

「く」

結婚をしたら、安定的な暮らしがしたい。笑いが絶えない幸せな家庭生活を望むなら、まずは相手を選ばなければいけません。目先の楽しみだけでなく、将来を見据えて彼氏を選ぶのも重要かも。

結婚生活に向いている男子は、 ...

No Image

「き」

独身の時は一人の判断で色んなことができても、家庭を持つようになると自分の身勝手な行動で家族を困らせてしまうことも出てきます。

自分とパートナーには、それぞれ理想と思う家庭の形があるので、それを擦り合わせてい ...

No Image

「か」

アラサーといえば、結婚を真剣に考えるお年頃。子供も欲しいし、将来の設計をしっかり立てたい!でも一方で、仕事が楽しくなってきて、それどころではないという人がいるのは確か。

でも世間では結婚しない独身の女性を「 ...

No Image

「お」

23歳女性の例です。

彼氏がこの歳で一度もできたことがなく、また、自分が告白したいと思えるほど好きになる男性もいませんでした。

大学で何度か好意を持たれるようなことはありましたが、誰からも告白さ ...

No Image

「え」

実業家や世界で活躍するアスリートたちも、こぞってつけているという「夢ノート」ご存知ですか?

夢ノートとは、あなたがどうしても実現したい夢、なりたい姿、などをノートや手帳に記しながらイメージし、明確化すること ...

No Image

「う」

奥手な男性の擦れていないピュアな雰囲気に惹かれてしまった・・・。そんな経験はありませんか?でも経験豊富な男性とは違って、相手からの積極的なアプローチは期待できませんよね。

となれば女性の方から攻めるしかない ...

No Image

「い」

妹が先に結婚する。何で妹は結婚できて当然、私はできなくて当然なの?妹がなんか気を使ってるっぽいのもムカつく。

2人姉妹。

妹が先に結婚する。

父は「年齢が上も下もない。(結婚)できる ...

No Image

「あ」

せっかくの休日なのに外は雨・・・なんてことも。でも、そんな日だからこそ楽しめるデートがあるんです。世代別の理想の雨の日デートとは!

「家でゆったり」「相合傘」が忘れられない思い出に

雨の日デート ...

No Image

「わ」

好奇心旺盛な人のわかりやすい特徴として、実年齢よりも若く見える人が多いことでしょう。好奇心がない、やる気がない、怠惰な生活を送っていますといくら若い人でもどことなく老けて見えるものです。

好奇心を持っていま ...

No Image

「ろ」

皆さん、ゴールデンウィークの予定は決まりましたか?年に一度の大型連休ですし、遠出の計画を立てるなら早めの方がお得ですよ~。

彼氏がいる人は、連休にしかできないデートを満喫!今はまだいないという人も、お友達と ...

No Image

「れ」

自分から連絡・ラインをしない人は、一体何を考えているのでしょうか。今は、ネットワークが充実している社会なので、人との繋がりに連絡は欠かせません。

これは、恋愛でも同じです。恋愛に至っては、余計に自分から連絡 ...

No Image

「る」

皆さんは、恋愛において相手の外見をどのくらい重視していますか?「私はやっぱりイケメンがすき!」「いやいや、性格が大事だよ」と、それぞれ基準があるかと思います。

昨今、「顔だけ」で恋人を選ぶのはナンセンス、と ...

No Image

「り」

あなたは理想の夫婦像ってありますか?

街中でふと目にした仲睦まじい様子の老夫婦の姿に、顔も心も和んでしまった経験は誰しもあるはず。いろいろなことがある結婚生活、きっと老夫婦にもいろいろあったことでしょう。 ...

No Image

「ら」

「ラブラブでいられる時期って、いつまでなんですか?」と質問されることがよくあります。ですがカップルによってそれは様々。3ヶ月の場合もあれば、3年の場合もあります。もしくはずーっとラブラブでいるというカップルも。 ...

No Image

「よ」

結婚相談所へ入会する際に提出する「身上書」に養子縁組を希望する、希望しないを選ぶ項目があります。そこで、「養子縁組とは」について書きたいと思います。

実の親子関係のない人との間で、親子関係、またそれを通じた ...

No Image

「ゆ」

友達から恋人になった経験を持つ人は、男女ともに41%複数人の仲間内で遊ぶ関係から、ふたりで会う仲になっていく過程が自然かどうかが重要なようだ。

「ふたりでいる時間が長くなって意識し始めた」「長年の付き合いか ...

No Image

「や」

ヤキモチも、嫉妬も、自分が気になる人の関心が他へ向くのを恐れることから出てくる感情という点では同じです。

しかし、ヤキモチはどこかかわいく、けなげな印象を与えるのに対し、嫉妬はドロドロした憎悪の感情が渦巻く ...

No Image

「も」

彼の前で、我慢ばかりしていませんか?意外と男性はわがままな女性が大好き。真面目で自信のない女性がわがままを言い始めたら突然モテ始めた、なんて話もありがちですよね。

ポイントは、自己中心的なわがままではなく彼 ...

No Image

「め」

「キレイの秘訣は何ですか?」トーク番組に女優さんが出演すると、必ずと言っていいほどよく、司会者がそんなふうに聞きますよね。それに対する答えの定番は「特別なことは何もしていないんですよ~」。

「嘘つけ!何かし ...

No Image

「む」

危険な目に会ったことのある人の事例

私は普段の生活から出会いは全くなくもう婚活アプリしかないと思いここ一年程で4人会いました。特に恋愛に発展する人もいなかったんですが怖い変な人もいなかったので、気長にやって ...

No Image

「み」

学生時代、お世辞にも綺麗とは言えない彼女でしたが、目の前にいる彼女は「綺麗な人」そのものでした。

別人かと思うくらいの変化に驚きを隠せませんでしたが、よくよく見ると顔はやはり以前のままで、美人なわけでも、顔 ...

No Image

「ま」

何か新しいことをするときにはどうしてもためらってしまうのが人間というものです。「うまくいかなかったらどうしよう。。。」

というネガティヴな気持ちが支配してしまい、考えれば考えるほどうまくいかないときのことば ...

No Image

「ほ」

大好きな異性との初デートは、年齢に関わらずドキドキするもの。「絶対に楽しい一日にしよう!」と気合を入れて出かける方も多いはず。

しかし、ささいな言動がきっかけとなり、雰囲気を重くしてしまうこともありますよね ...

No Image

「へ」

普段の生活ではなかなかいい人と出会えず、「出会いがない!」と思っている人もいるのでは?

新しい出会いを求めようとすると、「王子様のような男性が目の前に現れるかも!」と期待が膨らんでしまうかもしれません。しか ...

No Image

「ふ」

「不束者」は「ふつつかもの」と読みます。

不束者の意味
1.気がきかない。
2.行き届かない。
3.不調法な。
4.太くて丈夫そうなこと。
5.太めで不恰好。 ...

No Image

「ひ」

心が広い人というのは、どんな物事もそれをきちんと理解して受け止めることができるからこそ、心が広くなります。

普通の人であれば、自分とは違う考えであれば批判しますが、心が広い人であればそのような考え方もあると ...

No Image

「は」

「2回ばかり食事に行った彼女の口癖は、『ねぇ、聞いて聞いて~』だった。俺が会話を得意じゃないこともあり、最初は『間がもっていいな』『女の子っぽくてかわいいなあ』なんて思っていたんだけど、『この前職場の人がさ~』『わたし ...

No Image

「の」

いつでも穏やかにニコニコとしており、とても話しかけやすいような雰囲気を持っているのんびり屋さん。おっとりしていて焦らず、自分の世界を持っているイメージを持たれる人も多いようです。

「のんびり」とは、「緊張感 ...

No Image

「ね」

人生・仕事の結果は、考え方×熱意×能力という一つの方程式で表すことができます。

「能力」とは、知能や運動神経、あるいは健康などがこれにあたり、両親あるいは天から与えられたものです。

「能力」に「 ...

No Image

「ぬ」

子供の頃「大人になっても少女漫画って読むのかなぁ?」と小さな疑問を持っていました。漫画の前に「少女」という言葉がついているので、少女でなくなったら、もう読めなくなると勘違いしていたようです。

大人になった今 ...

No Image

「に」

恋愛における好きな人のタイプは「背が高い人に惹かれる」といった見た目から、「優しい人が好き」といった性格までさまざまあります。

好きな人のタイプはあるものの、なぜかいつも自分と似た人を好きになる。そんな人も ...

No Image

「な」

結婚相談所・仲人の仕事とは?
お相手探しからご成婚まで夫婦へのご縁を取り持つお仕事です。

結婚相談所は夫婦としての約束を交わすまでのご縁をお繋ぎする仕事です。会員様の「結婚したい!」という気持ちを熱 ...

No Image

「と」

ほとんどの男性って、若い女性が好きなイメージがありませんか?それに、結婚も男性が年上で女性が年下というカップルが多いですよね。

でも、中には「好きな女性のタイプは年上」「お付き合いするなら年上の女性が良い」 ...

No Image

「て」

女性からは疎まれやすく、男性からはモテる天然女性。あなたの周りにも「天然」と言われる女性が一人くらいはいるのではないでしょうか。

天然の女性は同性からは嫌われやすいですが、男性にはモテます。同性の友達として ...

No Image

「つ」

彼氏のいない期間が長かったり、彼氏の態度に不安を感じたりすると、「付き合うとはなんだろう?」と疑問に思うこともあります。

「付き合う」の定義は、人によって違うもの。

•「お互いに好きだという気持 ...

No Image

「ち」

恋はしたいけどいい人がいない…。そもそも異性との出会いがない…。そう嘆きながら長らく恋愛をお休みしている人も少なくないのではないでしょうか。

恋人にするからには妥協した男性ではなく、選び抜いた相手がいいと思 ...

No Image

「た」

「だって」という口癖の人、周りにいませんか?

多くは女性がこの口癖を使う傾向にありますが、この口癖の使われ方にはいくつかの特徴がありますよね。

「だって!」と語尾を強くする

たとえば ...

No Image

「そ」

一生を捧げてもいい完璧な相手には、いろんな人間性を求めるべきです。例えば、一つは社交性であることだったり、または一緒にいて落ち着ける相手だったり。

もっと言えば、一緒にいて安心できて幸せを感じられる相手だっ ...

No Image

「せ」

近年は、結婚しても仕事を続け、キャリアを積んでいきたいと考える女性も多くなってきています。その背景には、自己実現に対する欲求もありますが、生活にお金がかかる世の中になってきているという事実も。

いくら愛する ...

No Image

「す」

すでに同棲していた場合は、そのままの家で暮らすことも多いようです。この場合では、特に家具や電化製品を揃える必要もなく、当然引越し費用もかかりません。

結婚後は何かとお金がかかりますが、出費を抑えることができ ...

No Image

「し」

恋愛には幸せな時間もたくさんあるけど、それだけとはいかないいかないのが現実です。

最近は芸能人の不倫スキャンダルがメディアで騒がれることも珍しくありませんが、私たちの日常にも、疑いや不安がうごめくことはあり ...

No Image

「さ」

私たちは初めて会う人に対して、「爽やかな人」とか「優しそうな人」など、様々な印象を瞬時に感じます。時間にするとおよそ15秒で第一印象は決まると言われています。

人の印象を決める要素として、その人の外見や装い ...

No Image

「こ」

恋煩いといえば、不治の病ですよね。心の病気と言えなくもない辛い症状が恋煩いにはつきものです。恋わずらいの意味あなたはどんな風に受け取っていますか?

恋わずらい…。正直、辛いです。

何となく言葉の ...

No Image

「け」

あなたっていつも○○なところがダメなのよね!」、「お前はいつも××だからダメなんだ!」なんて、いくら恋人に不満があるからって上から目線のダメ出しはいけません。

自分は「恋人のためを思って言っている」なんて意 ...

No Image

「く」

「草津温泉(くさつおんせん)」も古くからの名称であるが、かつては、「草津湯/草津の湯(くさつのゆ)」、あるいは、上野国の異称である「上州」を冠して「上州草津湯/上州草津の湯」と呼ぶことが多かった。

現在でも ...

No Image
「き」

日本では好きな人と好きなように結婚できます。このあたり前のように見える結婚の自由は近年話題になっている中国、インドの例に見るように、外国では当たり前ではありません。

中国はインドのように「女性に人権がないから自由に結 ...

No Image

「か」

付き合ったばかりの頃は、この人とずっと一緒にいたいって、幸せいっぱいの気持ちに。けれど、しばらくすると、ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってある。

恋愛には、予測で ...

No Image

「お」

社会に出て多くの男性と出会ったけれど、なかなかいい人に巡り会えない・・・そんな時、ふと思い出す、懐かしい同級生のこと・・・。

しかし、再び巡り会えたとしても、恋に発展するなんてことはあるの?そもそも彼は昔馴 ...

No Image

「え」

夢や目標ができることで、人生の輝き方も違うはず。しかし、無謀な夢であったり、叶えることが難しい夢を持ってしまった時、あなたならどうしますか?

夢と現実のギャップが大きい時には、一度立ち止まってどうしたら良い ...

No Image

「う」

信頼を取り戻すのは決して簡単なことではありません。なんらかの理由で、恋人からの信頼を失ってしまったらどうしますか?

一度失われた信頼を取り返すのは簡単ではありません。それでも付き合い続けるという選択をしたな ...

No Image
「い」

「ごめん!遅刻しそう!」

気になる男性との待ち合わせ、時間通りに集合場所に到着したけれど彼は遅刻してしまいそう・・・・

待ちぼうけを食らうのは残念ですが、男性の遅刻は女性に対する本気度を測る絶好の機会でも ...

No Image

「あ」

愛のある生活を送るということが寿命にまで関わってくるとは意外なことですが、実際に家族や友達と仲が良いと長生きする傾向にあります。

人と関わることが苦手な方も、少しずつコミュニケーションをとるように心がけてい ...

No Image
「わ」

節度ある量のアルコール摂取、特にワインの摂取は衰えた記憶力の回復に役立つ、とノルウェーの研究グループは発表した。

大部分の研究で、節度あるアルコール摂取と認知機能の維持には関係があるという結論が出た。その理由としては ...

No Image

「ろ」

英国王室に嫁いだ、キャサリン妃のウエディングドレスは記憶に新しいですよね。

王室らしいクラシカルで気品あるウエディングドレス姿は女性の理想!

日本でウエディングドレスが普及しはじめたのは50年ほ ...

No Image

「れ」

別れた彼氏と復縁したい、それなら別れてからもしっかり連絡は取っておくべき!って思いませんか?しかし復縁とは難しいもので、頻繁に連絡を取っていると成功には繋がらないものなのです。

だからといって、復縁したい相 ...

No Image

「る」

年齢や外見、収入、性格、家事など結婚相手に求める条件は人それぞれ違います。これは絶対に譲れない、これはできれば満たしてほしいと思うことをメモに書き出して優先順位をつけてみましょう。

出会いたい相手の輪郭がわ ...

No Image

「り」

好きな人ができて、まず一番に願うことは「両思い」になることではないでしょうか?片思いしているときにも恋愛は楽しいものですが、やはり気持ちを伝えられない日々は辛い時もありますよね。

恋愛をしていれば、両思いに ...

No Image

「ら」

ネクタイを緩める仕草は女子から人気のある男のモテ仕草の代表です。多少お酒が回ってきたタイミングでネクタイを緩めるとドキッとする女子が多そう。

ちょっとした小技ですが「塵も積もれば山となる」。狙った女子が居た ...

No Image

「よ」

誰もが憧れる容姿端麗な人。知り合いにも必ず一人はいて、つい羨ましくなりますが容姿端麗な人は果たしてそれだけで幸せになれるのでしょうか?

どんなに恵まれた人でも一度は言われてみたい言葉があります。それは「容姿 ...

No Image

「ゆ」

赤い糸で結ばれた運命の人との結婚を目前にして、心はバラ色の時だからこそ、結婚する前に知っておくべきこともあります。

結婚式の計画は楽しいですし、女子としてはウエディングドレス選びにも心はウキウキします。

No Image
「や」

人によって定義そのものが違い、人によって受け取り方も違うあやふやなもの。

人に対して与えてあげられる人でありたいと願い、人に与えてもらいたいと願う都合のいいもの。人に向けるそれと、人に向けられるそれの結合地点。

No Image

「も」

女性なら、誰でもドラマのような運命の出会いや燃えるような恋に憧れるものです。結婚にある程度勢いが必要なことを考えると、「燃えるような恋をしてサッサとゴールインした方がいいんじゃないの!?」との意見もあれば、「よく知らな ...

No Image

「め」

スッキリとした目元、キリリとした目元、可愛い目元など、目元を褒められるのは、性格までほめられたように嬉しいもの。

つまり、爽やかな人、クールな人、可愛い人など、目元の印象はその人自身の印象に結びつきやすいの ...

No Image

「む」

一般的には、誰だって「好きな人と結婚したい」と思うだろう。

だが、この「好き」ってのが意外とクセモノだ。まず、好きって慣れちゃうのだ。わかりやすい例をあげてみよう。仮にあなたが面食いでイケメンと結婚したとす ...

No Image

「み」

「彼と結婚できた理由は、胃袋をつかめたこと。」

なんて話を聞くことがありますよね。実際に『付き合った彼女が自分の好きな料理を作ってくれて、それがものすごく美味しかった!あぁ、結婚したら毎日こんな料理が食べら ...

No Image

「ま」

「ケンカするほど仲がいい」とはいっても、ぶつかってばかりだと、無駄なエネルギーを消耗してしまいます。

最悪の場合、ケンカ別れということも・・・・。

夫婦や家族、恋人とケンカをしたときに、あなたは ...

No Image

「ほ」

明るい性格の女性は男性に人気がありますよね。特に、結婚相手となると、容姿などよりも明るく朗らかな性格を求める男性も少なくありません。

恋人や結婚相手にかぎらず、友達付き合い、仕事上の付き合いにしても、明るく ...

No Image

「へ」

九州屈指の温泉地で湧出量世界第2位を誇るのが、大分にある別府温泉。泉質の異なる8つの温泉地からなる別府温泉は、温泉好きにはたまらない名所です。

そんな「温泉の町」として知られる別府ですが、それだけに限らず観 ...

No Image

「ふ」

今現在、「婚活」という単語を聞いてピンとこない人はほとんどいないのではないでしょうか?

「婚活」とはその名の通り「結婚するための活動」である婚活ですが、その歴史は非常に浅く、一般的になってきたのはここ15年 ...

No Image

「ひ」

婚活で出会った男性が一人っ子だった時、特に気にしない女性もいれば、敬遠する女性もいます。結婚するにあたって家族構成はどうしようもないですが、それと同時に結婚生活を左右する重要な要素でもあります。

【一人っ子 ...

No Image

「は」

話し方は人それぞれであり、その中も個性が見られます。そのため、ゆったりとした話し方をする人もいれば、ササっと早口に話してしまう人もいます。

ただし、この早口には話してしまう人は、聞き取りづらかったり、なんだ ...

No Image

「の」

残り物には福がある。自分と出会う相手は婚活市場で誰にも選ばれなくて残っているのではない。自分と出会うためにわざわざ残ってくれているのだ。

そこに感謝する気持ちも大切だ。

残り物でも余り物でもない ...

No Image

「ね」

若手と管理職における意識のギャップを考える際、その背景として、それぞれの金銭感覚の違いについても捉えておく必要があるのではないでしょうか。

将来、出世したら貰えると思う年収の最高額はいくらだと思うか聞いたと ...

No Image

「ぬ」

半世紀の歴史を紡ぐ本物の大聖堂!ステンドグラスが輝くなか伝統的な教会式を!

こちらは名古屋市東区葵1丁目にあるカトリック布池教会です。

地下鉄3駅から徒歩圏内の好立地に佇むのは、国の登録有形文化 ...

No Image

「に」

義理人情に厚い人っていますよね。できればあなたも、自分自身「義理人情に厚い人だな」と思われたい…と考えているのでは?

義理人情に厚い人の特徴とは?どこをマネしたら、義理人情に厚い人になれるのでしょう。

No Image

「な」

離婚して2年、奥様と死に別れた彼と結婚を前提で一年弱付き合っています。奥様の3回忌がもうすぐなのでそれが終わったら荷物を処分すると。

まだ家にはたくさんのものがあるらしいので家には行ったことがありません。 ...

No Image

「と」

「いつも彼女と一緒にいたら、結果的になんとなく付き合うことになった」という男子がいました。「なんとなく」って、微妙なニュアンスの言葉ですよね。

いつも一緒にいて「何があったから」付き合ったのか?という「なに ...

No Image

「て」

初デートの相手に求めるものは人によって違いますが、好感度の高い第一印象を与えることが肝心です。

初デートで相手がすごく期待しているとこちらにそれが伝わりますよね。

カッコよくて優しい人との出会い ...

No Image

「つ」

私は人に言葉を発する時に、話を聞く側の立場に立って一度自分の言葉を頭の中で確認してから発します。

自分が発した言葉で、好きな相手を悲しませたり傷つけたりすることが怖いからです。

なので話し合いや ...

No Image

「ち」

男友達から言われた、衝撃の一言

「ある日ふと、仲の良い男友達に言われたんです」「○○は可愛いけど、それでも中の上だよね。」

「雷が打たれるぐらいの衝撃でした。ショック、っていうのもありましたが、 ...

No Image

「た」

頼りになる人というのは、どんなに不利な状況に立たされたとしても、決して動じることはありません。

目の前のことにいちいち一喜一憂せず、感情的にならないのです。

もちろん、一人でいる時には、悩んだり ...

No Image

「そ」

「こうすれば彼、私のこと気にかけてくれるかな……?」

恋する女性ならば、誰もが一度はちょっとした駆け引きを試したことがあるはず。それは恋愛本から学んだものだったり、女友達からのアドバイスだったりもするだろう ...

No Image

「せ」

「結婚したい!」「出会いが欲しい!」、このような思いから婚活を始める人は多いでしょう。街コンやお見合いパーティなど、新たな出会いを楽しみながらパートナーを探す婚活は上記のような願いのある人にとってはうって

No Image

「す」

「私の好みは小栗 旬みたいな人なのに、お申し込みが来たお相手は某お笑い芸人にソックリな人からで。

最初はハッキリ言って「ありえない~この人とお付き合いするのとか絶対ムリムリ~」って思ってたが、