No Image

⚫︎ デートシーン
彼とのデートは、思いっきり可愛く仕上げたいもの♡
男性の憧れは、ナチュラル感の漂うプックリしたクチビルです。
オフの時だからこそ、ツヤツヤ感がアピールできるリップで、彼の視線を ...

No Image

そろそろ婚活を本気で始めよう!と思ってお見合いパーティーの申し込みをしてみたものの、相手の男性と何を話せばいいんだろう?とわからず悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
■ 尋問にならない、上手な質問の仕方
&#x ...

No Image
「P」

さて、ピンクも日常のいたるところで見かけるメジャーな色ですね。特にファッションの中でも、ピンクは重要な役割を果たし多くの人に愛されています。

特にピンクが好きだという方も多いと思いますが、ピンク好きの方の性格や特徴は ...

No Image
「O」

前から気になっていた彼からの、待ちに待った告白!思わずガッツポーズしたくなる気持ちはぐっとこらえ、ぜひ可愛い「OKの返事」で、彼をキュンとさせたいものです。

こんな時、どんな言葉でどう伝えるのが効果的なのでしょうか? ...

No Image
「N」

自分の仕事もあるのに、他の人の仕事も頼まれて、断りたいのに断れない。

なんでもズルズルと引き受けてしまう。その結果、自分で自分の首を絞めてしまう・・。

そんな「断りベタ」な女性って、オフィスでも多いですよ ...

No Image
「M」

1.出会える数がハンパじゃなく多い
マッチングアプリを使うと、数十万人の異性と出会えるようになります。ここは合コンや街コンの比にはならないほどのメリットでしょう。

2.一人一人を大事にしなくなる
マッ ...

No Image
「L」

あなたの周りにも羨ましいぐらいラブラブのカップルが何組かいるでしょう。

1.お互いの素晴らしさを認めて愛し合う

お互いの良いところを素直に「すごい」「素晴らしい」と思い、口や態度に出して表現しているカップ ...

No Image
「K」

カラオケデート、密室な上、照明も薄暗い・・・そんな環境、初めてだととっても緊張しますよね。うまくいけば彼と良い雰囲気になって付き合うきっかけになるかも?

■ 「一緒に歌って?」とマイクを手渡す

「最初に歌 ...

No Image
「J」

花嫁が幸せになると言われるジューン・ブライドですが、いろいろな説があります。

ギリシャ神話に出てくる、神様のゼウス。ゼウスは神様と人類の家族の守護神・支配神として神々と人間たちの父と考えられていました。

...

No Image
「I」

恋愛に限らず「好き」な人には、色々と世話を焼きたくなってしまうもの。かまいたくてたまらなくなる、放っておけない・・・そんな間白。たとえ「何も言わないで、ただ聞いていて欲しいだけなんだけどさ」と切り出されても、「自分にできることな ...

No Image
「H」

恋がしたいと思ったとき、あなたはどうしますか?ただ「恋がしたい」と思っているだけでは何も生まれないので、まずは自分から行動する必要がありますよね。

■ 「恋がしたいのにできない」女性の共通点

恋がしたいと ...

No Image
「G」

「私って本当に愛されてるのかな?」そう不安に思うのは、きっと彼がうまく愛情表現ができない不器用な人だからかも。恋に落ちると、男性は相手を尊重するように話してくれます。たくさん褒めてくれたり、うれしいことがあれば、心からお祝いして ...

No Image
「F」

長い間、友達関係でいたけれど、ふと気づいたら好きになっていた・・・・なんて経験、ありませんか?男友達に恋をしてしまったとき、悩むのは告白するべきかどうか。告白したことで今の関係が壊れるのは嫌だけど気持ちを隠して友達でい続けること ...

No Image
「E」

せっかく大好きな彼と一緒にいても、何もしないでいると関係がマンネリ化してしまうのは必然です。そうなってくると彼の方も飽きてきて、浮気心が芽生えてくるかもしれません。恋人としていい関係を保ちたいなら、二人の関係をもっとエキサイティ ...

No Image

「E」

婚活を楽しむ方法はいくつでもあります。

メンタルや捉え方を変えれば楽しい可能性の広がる活動になります。

週末も参加したければ参加すれば良いですし、疲れている週や金欠の時などは無理に参加せず、 ...

No Image

「D」

結婚式を挙げることが決まったら、まず初めにやること

それは・・・・

ドレス選びです

 

まず《その1》

結婚式の日程が決まったら、即、ドレス試着 ...

No Image

「C」

都会のように多くの人が集まる場では、自然と競争が生まれます。仕事では成果が求められ、プライベートでは友人の持っているバッグのブランドが気になりがち。しまいにゃ婚活でも我先にいい男を見つけようとライバルと競い、男性か ...

No Image

「B」

「ブラックユーモア」は、ある対象を攻撃するために、「笑い」と「皮肉」を意図的に交えて作られた言葉です。「相手を打ち負かしたい」、「相手より優位に立ちたい」という心理状態になった人間が、優越感に浸るためにブラックユー ...

No Image
「A」

■ まずは友達になる

グループや社内だけの間柄ではなく「一対一」の関係を築くためにも、まずは友達というポジションを手に入れましょう。口実はなんでもいいので、「個人的に連絡を取る」機会を設けることが重要。ただしあまりに ...

No Image
「わ」

■ マイナス面も正直に書くことで、よりマッチングの精度を上げる太っていてそれがコンプレックスだった私は、ネット婚活のプロフィールに「太っていて外見がコンプレックスです」と書いて婚活をしていました。それは婚活ではプロフィールに様々 ...

No Image
「ろ」

最初はラブラブだった関係も時間が経つにつれてマンネリ化してトキメキを感じられなくなっていきます。いつもドキドキしていたデートにいつものパターンが生まれて、それに流されるようになり、「つまらないなあ、退屈だなあ」なんて気持ちがお互 ...

No Image
「れ」

「マメな男性はモテる」とよく言われますが、いったい彼らは普段どんなことを実践しているのでしょうか?

⚫︎毎日欠かさずにメールや電話をする

「いつも私のことを考えてくれている気がして嬉しい」と ...

No Image
「る」

国道3号線の中でも熊本はオススメのデートスポット満載です。絶景スポット、グルメ、ショッピング街、温泉・・・・熊本には季節を問わず、四季折々の風情が楽しめるスポットが満載。「熊本って熊本城くらいしか知らないかも・・・」「熊本でデー ...

No Image
「り」

男性が「女心がわからない」というのと同じように、女性にも「男心がわからない」と言いたくなる瞬間はありますよね。どうして、そう思うのか、なぜそんな行動を取るのか理解しがたい男性たち。

■ なかなか告白しない

No Image
「ら」

先日、とあるお寺の住職と知り合いになりました。宗派と言いますか、全く異なる世界のお話も聞けてとても勉強になります。霊魂の話、憑依体のお話、お祓い、波動修正などなど、私が敢えて繋がらない世界のお話も聞けます。

今回は輪 ...

No Image
「よ」

彼氏のお母さんとも仲がいいという人は、あなたの身近にいませんか?彼女たちのように、恋人の家族にまで好かれる女性になれば、結婚後の生活もうまくいきそうです。

【1】家を訪問するときは手土産を欠かさないなど気遣いがある「 ...

No Image
「ゆ」

今現在お付き合いしている彼氏と、ゆくゆくは結婚しよう(あるいは結婚したい)と思っている結婚に前向きな女子の皆さま、男性が結婚を決めた理由を知りたくありませんか?男性は、彼女といつ、どんな時に、どのタイミングで結婚しようと思うので ...

No Image
「や」

婚活で出会った彼と交際に発展!だけどお互いの休みが合わずに悩んでいる婚活女子は多いようです。中には付き合い始めたもののお互い仕事の都合で会えず、そのまま音信不通に。。。すれ違いから別れを告げたり、告げられることもあります。別れま ...

No Image
「も」

今の自分が満たされていないからこそ、人はそういう時に、過去を思い出してみては、あの時、別の選択もありえたのだ。そうしたら、別の人生もありえたのに・・・・と言って、時おり悔いいることになるのではないかな。そんな風にも思います。今が ...

No Image
「め」

恋愛をひと通り経験すると、始まる前からすでに、はじまった後の厄介な悩みが頭をもたげてしまい、恋愛をすること自体がおっくうに・・・。この気持ち、もしかしてアラサーあるあるなのかも?

Q あなたは、恋愛を面倒だと思います ...

No Image
「む」

結納には「関東式」「関西式」「九州式」という大きくは3つに分かれる結納の形式の1つにあるくらい、九州地方の結婚式は、結納に昔ながらのしきたりを重んじる地域が多いのが特徴です。結納の前にも、鯛やお酒、お茶などを持参する「久喜茶」や ...

No Image
「み」

死別後の再婚よりも別離後バツイチになってからの再婚の方がはるかに多いのです。それは何故なのか?未亡人が再婚するメリットとデメリット、心の安心度を含めて考えてみたいと思います。

いきなりですが、未亡人が再婚するメリット ...

No Image
「ま」

「モテる」ことと「外見的に可愛い/カッコいい」は全く関係ありません。でもっと言うと、「モテる」のいうことと「幸せな結婚ができる」というのも関係ない。モテたい時期は誰にでもあるので、恋愛を楽しめばよい。ただ、「数うちゃ当たる」とか ...

No Image
「ほ」

「激しく求め合うのが愛情でしょ?」そういった価値観が当たり前になると、自分のことだけではなく、相手のことも苦しめることになります。相手を見守る穏やかな愛ではなく、自分のために相手を支配し、コントロールしようとしてしまうからです。 ...

No Image
「へ」

恋愛偏差値って知っていますか?恋愛偏差値とは、自分の思い通りに恋を進める能力を示す言葉です。容姿が綺麗な子や性格がよくて同性に好かれる子でも、恋愛偏差値が低すぎると恋愛は上手くいかないかもしれないんです。でも逆に、恋愛偏差値が高 ...

No Image
「ふ」

最近、恋をすることに行き詰まりを感じてしまっているアナタ。昔の知恵に耳を傾けて、今の状況を見直してみるのもアリだと思いませんか?古き良きデート習慣をチェックです!

1.玄関で始まり、玄関で終わる

彼に家ま ...

No Image
「ひ」

当時は自分が死んでも泣いてくれる人なんかいないんじゃないかと思って、胸が苦しかったです。自分は必要とされるほどの価値がないと思ってしまっていたし、どうすればこの寂しさが解消されるのかもわからなかった。「でも本当は、誰かに必要とさ ...

No Image
「は」

男性にとっては最大のミッションであり、一世一代の勝負の日。プロポーズの準備は大きく分けて次の6つのステップ。指輪購入の検討なども踏まえて3ヶ月前くらいから準備をしていくようにしましょう。

STEP1 プロポーズする日 ...

No Image
「の」

「引き寄せの法則」って知っていますか?簡単に言うと「自分に起きる事は、自分が思った事からしか起こらない」という法則。つまり、常に悪い出来事楽しい事が起きてほしいのなら楽しい事を、成功したいのなら成功する事を考えていればそれが実現 ...

No Image
「ね」

男性にアプローチされると嬉しい反面、不安になることもありますよね。「彼は本当に私のことが好きなのだろうか?」「ほかの子にもアプローチしているのではないか?」と思うこともあるでしょう。男性が女性にするアプローチって簡単に分けると2 ...

No Image
「ぬ」

それまではかけがえのない存在だった女友だちも、恋愛が絡んだことで関係が悪化してしまったことはありませんか?同じ人を好きになったりすることで、トラブルになってしまうこともあるのかもしれませんね。女性の皆さんに、恋愛に対して「女同士 ...

No Image
「に」

お似合いのカップルとして、まず思い浮かぶのは「美男美女」。神田正輝と松田聖子のような、昔の芸能人カップルに多いパターンです。もう1つが「美女と野獣」。見てくれの悪いのは男性の方というパターン。見てくれは悪くても、お金持ちだったり ...

No Image
「な」

今年こそ結婚したいと思っていたのに、気づけばもう3月。「ヤバイ!」と思っている人は、スケジュールを立てて婚活をしてきましたか?婚活は、受験勉強ヤバイ就職活動と同じ。ゴールを設定して、きちんと予定を組むことが大事なんです。「頑張っ ...

No Image
「と」

好きな人だったり、気になる人が二人できて、どちらを選べばいいのかわからないときってありますよね。同時に二人の男性を好きなってしまった場合、何を基準にして選べばいいのでしょうか。同時に二人の男性を好きになった経験は?ある・・36. ...

No Image
「て」

日々家事や育児に追われる妻にとって、毎日のスケジュールはパパの帰宅時間に左右されがち。仕事や飲み会で遅くなる夫に不満がたまっている妻もいれば、逆に早く帰ってくる夫に対して「面倒が増える…」と負担に思う妻もいるようです。新婚当初は ...

No Image
「つ」

みなさんは、「気の強い女」と聞いてどんなイメージを抱きますか?芯を持って強く生きるのは、とても大切なこと。しかし、そのせいで男性から苦手意識を持たれてしまうのは避けたいですよね。同性から見ればカッコよく映る気の強い女性ですが、男 ...

No Image
「ち」

恋の終わりにはいつも理由があるもの。それは、浮気性や浪費癖などのわかりやすい理由だけではありません。働く女子に、「別れる決定打になったこと」を聞いてみました。「男なのにぶりっ子で、甘えた声で謝ればなんでも許してくれると思っていた ...

No Image
「た」

体育会系の男子といえば、スポーツマンでモテる印象がありますね。何事にも積極的で、女子をグイグイ引っ張るタイプ。果たしてそのイメージは本当でしょうか?体育会系男子は運動部を通して長年努力をしてきた人が多いでしょう。そのため、目標を ...

No Image
「そ」

50代シングル女性の悩み

この年齢でなんとも恥ずかしい話なのですが、ご意見をお聞きしたいと思い書いております。よろしくお願いします。彼とは3ヶ月前に婚活パーティーで知り合いました。自分で言うのもなんですが、とても気に ...

No Image
「せ」

「結婚したい!」「出会いが欲しい!」、このような思いから婚活を始める人は多いでしょう。街コンやお見合いパーティーなど、新たな出会いを楽しみながらパートナーを探す婚活は上記のような願いのある人にとってはうってつけの方法に思えます。 ...

No Image
「す」

好きじゃない人と結婚「経済的に安定していたから」・・・結婚は好きだけではできない、経済的な面が大きいことがあげられます。好きじゃない人と結婚する大きな決め手はやはりお金のようです。「年齢的に焦っていたから」・・・女性は30過ぎる ...

No Image
「し」

「あの人とは波長が合うわ」とか「あの上司とは波長が合わないわ」と、相性が良いとか悪いという表現に「波長」という言葉を使う時があります。波長が合わないと聞くと、水と油のような相反する性格のように感じてしまいます。しかし、水と油は乳 ...

No Image
「さ」

インターネット上の情報と、経験から、ある結論にたどり着きました。「酒乱は性格だ」ということです。あなたもご存じの通り、性格は簡単には変えられません。というか、一生変えられない人がほとんどです。これと同じように、酒乱は治せない人が ...

No Image
「こ」

今や独身であってもなかなか婚活が上手くいかず、運命の相手と巡り会えずにいる男女が非常に多くいます。その中でもデメリットが多いのではないか?婚活し辛いのではないか?と言われるのが、一度結婚をして子供を授かり離婚したバツイチ子持ちの ...

No Image
「け」

現代日本においては「晩婚化」「少子高齢化」など、男女が結びつく機会が減っています。様々な要因が考えられますが、一つの原因として「恋愛格差」があげられるでしょう。しかし、恋愛に格差が生まれてしまうのは仕方のないことでしょう。という ...

No Image
「く」

「熊本には三つの宝がある。熊本城、阿蘇、そしてくまモンだ」そう語るのは熊本県知事・蒲島郁男さんです。ゆるキャラブームを超えて、日本のみならず世界で愛されるキャラクターとなった「くまモン」。くまモンの誕生から現在までのストーリーを ...

No Image
「き」

「友達以上恋人未満」という言葉があるが、相手との距離で恋愛対象になる可能性を判定することができるのはご存知だろうか?もっとも簡単な方法は、一緒に歩いてみることである。75㎝以上離れて歩くなら友達、45㎝未満なら恋人、その間が友達 ...

No Image
「か」

あなた、もしくはあなたの周囲に、社内恋愛をしている仲良しカップルはいませんか?出会いがないと悩む現代の若者にとって、職場は貴重な出会いの場でもあります。一緒に仕事を頑張るうちにあ互いに惹かれあっていったり、相手の悩みを聞いている ...

No Image
「お」

男性の心理や恋愛観って、本当によくわからないですよね。言葉で伝えてくれないし、表情にも出さないからいまいち察することも難しい。そう思っていませんか?でも実はそうでもないんです。「男の気持ちがわからなーい!」「なんで言葉で言ってく ...

No Image
「え」

メールに使われている絵文字の種類や数で相手の気持ちを憶測して、一喜一憂するのは片思いの醍醐味です。しかし、男性は女性と比べると絵文字を使わない人が多いので、なかにはメールを受信するたびにヘコんでいる女性もいるのではないでしょうか ...

No Image
「う」

人は誰でも多かれ少なかれ、嘘をつくものです。そして、嘘をついた方が人間関係がうまくいったり、嘘をつかざるをえない場面もあるでしょう。とは言っても、あまりにも嘘ばかり言う人は、次第に周りからの信頼を失っていきます。虚言癖とは、どう ...

No Image
「い」

仕事を取るか、結婚を取るか…仕事と結婚が両立しないと思うから、「結婚しない」という選択肢をとることになります。でも、それって本当?女性が仕事が忙しくて未婚だったら、仕事が忙しい男も同じ未婚なの?そんなわけはありません。仕事がどん ...

No Image
「あ」

ときどき、エネルギーが無限にあるかのようなパワフルな人を知っている。日の出とともに目を覚まし、午前8時前にジムに行く人、いつも仕事後の遊びや週末のハイキングを楽しみにしている人を皆さんも知っていることだろう。しかしおそらく、あな ...

No Image
「C」

ビタミンCは、コラーゲンの構築の際に補酵素として機能することや、抗酸化作用など、様々な生体機能に関与しています。ビタミンCは、未調理の果物、野菜に多く含まれています。ビタミンCが多く含まれる野菜としては、パプリカ、パセリ、芽キャ ...

No Image
「A」

ハートのACEとはつまり、最高の恋ができる相手であり、結婚相手であり、人生のパートナーだといえます。前世からのつながりを持つ魂の恋人、なんて言い方をする人もいるようですが、結局のところ、「この人と結ばれれば幸せ決定!」という特別 ...

No Image
「わ」

放っておけば男は必ず帰ってくる。女性は恋愛に夢中になると視野が狭くなります。朝から晩まで彼のことばかり考えるため、視野が狭くなってしまいます。恋愛は女性にとって生き甲斐かもしれませんが、あまり恋愛ばかりに夢中になっていると、仕事 ...

No Image
「ろ」

人間関係を築いていく上でどうしても避けられないのが嫌いな人との接触です。自分の好きな人ばかりが世の中にいるわけではありません。中には気の合わない人、嫌いな人もいます。「この人嫌い!」と言って付き合いをなくしてしまう事も出来ればい ...

No Image
「れ」

婚活を始めていい相手を見つけたのであれば、自分から積極的に行動をしていくようにしたほうがいいでしょう。自分にとってのいい相手というのは、他の人にとってもいい相手に違いありません。ですのでのんびりと構えているようでは、後悔をしてし ...

No Image
「る」

彼からの電話も取れないほど忙しい女性たちは、留守電に残された「ほんの数十秒の言葉」から大きな力をもらうこともあるようです。

【1】体調を気遣ってくれている

「体が弱っていると心まで弱るので、そういう時に心 ...

No Image
「り」

「男をつかむなら、まず胃袋をつかめ!」と昔からよく言われてきた胃袋神話。確かに、料理上手な妻を持つ男性は、仕事が終わるとまっすぐうちに帰るので、浮気なし、家庭円満などとよく言われますが、それってホントなんでしょうか?それがホント ...

No Image
「ら」

女性の恋愛がスムーズに進むことは珍しく、大抵は好きな男性ができても、付き合うまでにはなんらかの障害が起こります。そんな障害で最も多い例は、ライバルの出現です。そういった時には恋のライバルに勝利しなければ、男性と付き合うことはでき ...

No Image
「よ」

どこかで読んだのですが、「素直な気持ちをちゃんと口に出すこと」はとっても重要なんだそう!「調子に乗っていると思われたら嫌だな~」とか「好意があるのが伝わるのが嫌だな~」と感じて、ついつい素直な感情を封印いてしまいがちな方が多いそ ...

No Image
「ゆ」

男女の友情は成立しないという意見が多い中、2012年、アメリカのとある大学の助教授、ブレスク・レチェック氏は、「成立しないとは言えない」という研究発表をしました。「成立する」とは断言できない背景がそこにあり、やっぱりなかなか難し ...

No Image
「や」

感謝の気持ちなしでは、人は生きていけません。なぜなら、感謝する相手がたくさんいるのに、気づいていないことになるからです。それでは、どんどん孤立してしまいます。友達も失うことになるかもしれません。感謝する相手は、人間だけではありま ...

No Image
「も」

元彼のことはきれいさっぱり忘れたと友達には公言していても、心のどこかでまだ忘れられないでいるということはないだろうか。新しく別の男性と付き合い始めてもまだ元彼のことを思い出すなど、別れた後でもやっぱり元彼のことがまだ好きだったと ...

No Image
「め」

貴女は鏡を見るときに、自分の白目まで気にしてみることがありますか?透明感のある女性は白目も綺麗な白に保たれているものです。肌や髪のお手入れをしっかりしても、せっかくあいめいくをしたとしても、白目が濁っていたり充血したりしていては ...

No Image
「む」

■ストレス解消のために、無意識に行っている仕草、行動ストレスを感じないという人は稀で、多くの人が何らかのストレスを感じて日々を過ごしています。週末に好きなDVDを見たり、買い物をするなどストレス解消を意識しています。ストレスを感 ...

No Image
「み」

次のルールで恋愛ゲームを行う場合を考えてみましょう。参加人数は男女とも同人数とします。男性だけが好みの女性に告白ができ、告白を受けた女性はOKすることも拒否することもできます。男性がある女性に告白しても、その女性が他の男性を好む ...

No Image
「ま」

街コンでは参加者が結婚を望んでいるかどうかはわかりません。「友人に誘われて来ただけ」「流行ってるみたいだから興味本位で来ただけ」という人も多く参加しており、結婚につながる出会いにはなりにくいというデメリットがあります。アドレスを ...

No Image
「ほ」

惚れたら負けという言葉がありますよね。恋愛において、相手を好きになってしまった方が負けという意味ですが、惚れても勝つためにはどうすれば良いか?

Q.「惚れたら負け」とは、どんな意味だと思いますか?

①恋は ...

No Image
「へ」

清潔感のある女性はいつの時代も好まれます。行きすぎたメイクや、派手なネイルなどは一般の男性は、ちょっと引いてしまいます。着飾りすぎず、ありのままでいることが何よりも清潔感につながるようですね。髪の毛が長い人が、食事の時に後ろで髪 ...

No Image
「ふ」

初婚で婚活を始める方というのは、大きく分けて3パターンです。

1・恋愛経験がそれほどないまま、現在まで来てしまった

2・長く付き合っていた恋人と、20代後半か30代になってから別れた

3・恋愛 ...

No Image
「ひ」

恋人とお付き合いして5年という女友だちに、彼との仲を長続きさせるコツを聞いてみました。すると、「嫌な思いを腹にため込まない」とのこと。でも彼氏側に聞いてみると、「とにかく自分から謝って穏便に・・・」と言っていました。うーん、女性 ...

No Image
「は」

男女の恋愛においては、当然のことながら会話が交わされますが、その際、男女間で話し方に違いがあります。男性はすぐに結論を出したがるのですが、女性は、過程を話して後になって結論を話す傾向にあるのです。男性は、目標達成型の心理傾向を持 ...

No Image
「の」

付き合い当初は「この子と結婚したい」と、強く心に誓う男性も少なくありません。それでも、なんとなく「のらりくらり」してしまう理由は、月日が過ぎるにつれて、二人の関係に慣れや甘えが出てくること。そして何よりも、仕事などの環境の変化が ...

No Image
「ね」

「大好き!」「愛してる!」と思っていても、些細なことがきっかけで、恋の熱が一気に冷めてしまうことがあります。短期間で振られることが多い人は、一発レッドカードのようなことをしているのかもしれません。人はどういう時に一瞬で冷めて、別 ...

No Image
「ぬ」

ことわざや慣用句は、日常生活で使う機会は多いことです。よく使われている言葉であれば、なんとなく意味は分かるのですが、あまり見慣れない言葉だと理解に苦しむこともありますよね。「抜き差しならない」という言葉。一見どんな状況を指してい ...

No Image
「に」

仕事をしているといいことばかりではありません。どちらかというと、いやなことのほうが多いかもしれません。そんな時には日記をつけることが効果的。あなたのその日の愚痴を日記に書き綴りましよう。誰に見られるわけではありませんので、好きな ...

No Image
「な」

君はよくため息をついているよ。ため息をつかれると、こちらが何か悪いことをしたかと思ってしまうし、周囲の雰囲気も重苦しくなってしまう」癖は、自分では気づいていない場合が多く、意識せずにやっていることがほとんどです。あなたには、他人 ...

No Image
「と」

おじいちゃんとおばあちゃんになっても、いつまでも手を繋いでいろんなところへと出かけていきたいーー。そんなスウィートな気持ちを持って結婚するカップルはとても多いはずです。もしかすると将来「手をつなぐ」という行為はなくなってしまうか ...

No Image
「て」

あなたの周りにも雑な人だなぁ~と思う人はいますか?雑な人を見ると、イラッとしてしまったり、信頼できなかったり、時にはコイツはめんどくさい人だなぁと思ってしまうこともありますよね~。雑な人の心理的な特徴のひとつとして、疲れることや ...

No Image
「つ」

自分のことよりも、好きなった相手のことを常に優先する「尽くす女」というタイプの女性がいます。このような女性は、どんな心理で、どのくらい深い愛情をもって、相手に尽くしているのでしょうか?結婚や同棲をしていなくても、彼の家に頻繁に行 ...

No Image
「ち」

大好きな彼が「良いんだよ、気にしてないから!」と笑って許してくれている瞬間がありませんか?大抵それはとても些細なことです。しかし、降り積もるのを見逃してはおけない、彼からのあなたへの「不満」でもあります。女性にとって化粧をするか ...

No Image
「た」

他人から自分がどう思われているのかを、必要以上に気にする人がいますよね。笑い声が聞こえてきたら「自分が笑われているかも」と思ったり、周りの目が気になってオドオドしてしまったりします。過剰に周りを意識してしまうと、コミュニケーショ ...

No Image
「そ」

魅力的な人を見ると、自分も「もっと魅力的になりたい」と思うことってありますよね。魅力的な人と呼ばれている人は、魅力的な要素が沢山あって充実した人生を歩んでいる人が多い気がします。幸せや満足感を感じる時、人は最高の笑顔で過ごしてい ...

No Image
「せ」

時々、自分が世界に一人ぼっちで取り残されたような、どうしようもない孤独感を感じることがあります。周りのみんなは楽しそうに人生をエンジョイしてるのに、自分はひとりでいるのは、惨めな気持ちになってしまうこともありますよね。ついつい寂 ...

No Image
「す」

隙のない女が男性から口説かれることが少ない原因は、行動や見た目、ライフスタイルへの強いこだわりなど、息が詰まるほどの完璧主義な一面にあるのかも?余裕を感じさせる雰囲気に欠けるので恋と縁が薄いのです。男性から食事やデートに誘われた ...

No Image
「し」

「ちょっと、私のこと好きなの嫌いなの?どっちかハッキリしなさーーいっ!!」何事も白黒つけないとイライラする、まるでオセロのような気質のアナタ。気づけば彼から距離を置かれてしまっていないでしょうか?物事、白黒ハッキリさせないと気が ...

No Image
「さ」

二人では解決できない大きな問題があって、長年付き合っていた恋人と別れた。だけど、その人が過去に与えてくれた安心感や楽しかった思い出が心に残っていて、すぐにヨリを戻してしまう。そんなカップルって、結構いると思うんです。でも、そうや ...

No Image
「こ」

そろそろ結婚を意識しているのになかなかプロポーズしてくれない彼。でも、女性の方からプロポーズを急かすような態度をするのもちょっと・・・というもどかしい気持ちを抱えている女性もいらっしゃるかもしれません。実際のところ、付き合い始め ...