No Image

男性が年上という夫婦は一般的にも結構多いでしょう。ただし、その年の差が大きければ大きいほど、夫も妻も後悔してしまう一面があるようです。

若いお嫁さんと結婚できて、周りから見るといいことが多そうなイメージの年上夫ですが、本音 ...

No Image

年の離れたもの同士でも、自分にとって運命を感じる人であれば、結婚して夫婦になることは珍しくありません。

でも、これから年の差婚をしようとしている人や、すでに年の差婚をしている人の中には、「結婚して後悔しないかな?」と心配に ...

No Image

告白する勇気がある人は、一体どんな考えでいるんだろう。なんて思ってしまうものですよね。

しかし告白する勇気があるからといって、あれこれ考えて告白しているとは限らないんですね。

実は予想外に多いのが「その場のノリ ...

No Image

自分から告白する勇気のある人は、「後悔だけはしたくない」という気持ちが大きいです。

もちろん、ここでいう後悔とは「告白しなかったことの後悔」なんですね。後になって、「告白すれば良かった!」と後悔しても遅いのです。

No Image

好きな人に自分から告白する人を見ると「凄いな〜」と感心してしまうものですよね。どうすればそんな勇気が出るのか、自分から告白できる人の考えを知りたい人は多いはず。

自分から告白する勇気がある人は、現状のままでは嫌という気持ち ...

No Image

女性の見た目を重視して、見た目だけで女性を選ぶ男性って多いですよね。でも「見た目は重視しない」派のピュアな男性も中には存在します。

たとえば、イケメンで美人と釣り合いそうな男性であっても、精神的に弱く心に傷を負っている男性 ...

No Image

「その10年が人生を決める」とも言われる、20代。

大半は自分の理想や夢を追い、自分の欲に素直になって、その10年を駆け抜けてゆく。しかし、中には事情を抱え、20代でそれは叶わず、30代を迎えるものもいる。

忙 ...

No Image

全国的に50代以上の方の入会が増加傾向にあります。人生100年時代になってまだまだ50歳になっても後50年も人生が残っています。

50歳になり、一度、結婚に失敗した方、初婚の方、また配偶者との死別の方などがいらっしゃいます ...

No Image

結婚相談所で長く仲人をやっていますと、無料カウンセリング時にある程度は結婚までいく人、そうでない人の区別がつきます。

どういうところを見るかといいますと、結婚に対するモチベーションの高さや具体的にいつまでに結婚したいという ...

No Image

「わ」

男性から忘れた頃に連絡を受け取り、どのように対応したのか分からなかった経験はありませんか?

付き合っている彼ではなく、昔付き合っていた者彼であったり、男友達であったり、いきなり連絡が来ることがありますよね。 ...

No Image

「ろ」

働き方改革が進む中、その施策の一つとして注目を浴びている「女性の活躍推進」。

最近では、バリキャリ(バリバリのキャリアウーマン)と言う言葉が話題となるなど、ファッションや恋愛よりもキャリアを重視する、と言う ...

No Image

「れ」

恋愛上手と一言で言っても、どんな女性が恋愛上手か分からないですよね。

自分はもしかしたら恋愛ベタかもしれない、どんな人が恋愛上手なのか分からない…などなど、この手の悩みや疑問は上げればあげるほど分からなくな ...

No Image

「る」

恋をすると、まるで自分が別人になったかのように考え方や生き方が変わることってありますよね。

人は意識的に誰かを好きになることはできません。

だからこそ誰かを好きになった時の気持ちは何にも比べるこ ...

No Image

「り」

自分のことを理解してくれる人に対しては、好印象を抱いたことはありませんか?自分の価値観を認めてくれる人は「味方」だと思い、印象が良くなります。

相手のことを尊重して理解しようと心がけると、あなたが好かれるよ ...

No Image

「ら」

ラブラブなカップルほど、長続きしない!そんなイメージを持っている人は多いと思います。実際に長続きするカップルは、一見ラブラブには見えないんですね。

これはラブラブではないということではなく、人前でラブラブで ...

No Image

「よ」

入会すれば、必ずお相手が見つけられますか?

お客様ご自身でお相手を見つけていただきますので、必ずお相手が見つかるとは保証できません。ただし、出会いの場は広がりますし、すべての会員様がご成婚できるように専任の ...

No Image

「ゆ」

夢の中に好きな人が出てくるとドキドキして嬉しくなりますよね。特に片思い中の相手が出てくると、目覚めたときに嬉しい気持ちで一杯になります。

夢はその人の深層心理を表しています。

好きな人に会いたい ...

No Image

「や」

一般的には、今でも女性が家事・育児を担当するという風習が根強くあります。

ただ、女性の社会進出も進んでいる現在、この解決策として、妊娠しても産休・育休が取りやすく、寿退社が減った会社も多いとされます。

No Image

「も」

体の作りも脳の働きも、男女では異なります。たとえば、感情的に多くの言葉を使ってコミュニケーションを楽しみたい女と、少ない言葉で論理的に話し、「結論」を知りたい男。

相手を尊重し合わずに話し合えば、女は、「も ...

No Image

「め」

「愛する、それはお互いに見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである」これは『星の王子さま』の著者、サン=テグジュペリが残した有名な言葉です。

「恋する」「愛する」、共に誰かを思う気持ちは同じで ...

No Image

「む」

目標達成を目指した時、人の行く末は以下の5つのどれかに当てはまります。

一度ないし二度トライしてみて、容易に成功する
ちょっと手を出すものの、すぐ諦める
何度も何度も挑戦し、なんとか目標達成 ...

No Image

「み」

皆さんは、恋愛において相手の外見をどのくらい重視していますか?

「私はやっぱりイケメンが好き!」「いやいや、性格が大事だよ」と、それぞれ基準があるかと思います。

昨今、「顔だけ」で恋人を選ぶのは ...

No Image

「ま」

自分は外交的なのか、それとも内向的なのか。誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

でも、どちらのカテゴリーにもはっきりと当てはまらない人…なんて人もきっといるはず。

ときどき誰にも止 ...

No Image

「ほ」

一般的に、日本に生まれた人であれば、十数年間くらいは親や学校、友達の影響に従って、受動的に日々を過ごす場合が大半だと思います。

しかし、それが20代、大学生、社会人になると、誰かから指示通りに行動するのでは ...

No Image

「へ」

恋愛中の恋人がいるのに、他の男性や女性ともデートを重ねていると言うのなら、それは浮気と言わざるを得ないかもしれません。

ですが、婚活という場においては真剣交際をする本命のお相手が見つかるまで、複数のお相手と ...

No Image

「ふ」

夢中になりすぎる性格の女性や、周りが見えなくなるほど恋愛にハマってしまう人は、恋に翻弄されるでしょう。

ズバリ、恋愛は冷静なほうが勝ちます。

冷静になるには恋に合理的になること。合理的に恋をする ...

No Image

「ひ」

モテない男の特徴に「モテない男あるある」というのがあります。性格や仕草、考え方などが主ですが、「見た目」の部分、特に肥満デブ、ハゲ、チビといったことについて触れていきたいと思います。

昔は男性は外見よりも学 ...

No Image

「は」

初めての彼氏、つい彼に釣り合いたくて背伸びをしてしまっていませんか?

恋愛経験がないと思われたくない気持ちも分かりますが、素直な自分でいるのが一番!背伸びをしても、恋愛経験が豊富な相手であればあるほど、バレ ...

No Image

「の」

農家は、サラリーマンと違って特殊な職業です。

農家の息子と結婚して農家に嫁ぐというイメージは農家出身でないとなかなかできません。農業未経験で都会に住んでいた方が、田舎の農家に嫁ぐと高い確率で「失敗した」と感 ...

No Image

「ね」

「根は真面目だね/根は優しいね」と言われても、「それってどう言う意味だろう?」とか、「悪い意味なのか?良い意味なのか?」と悩む人もいれば、そう言われる人の特徴は?

基本的には根は真面目/根は優しいとは良い意 ...

No Image

「ぬ」

新年を迎えるにあたり、目標や抱負を立てた方は多いのではないでしょうか。ですが、その目標、年間を通して常に意識したり、または実行できていましたか?

実は目標を立てながら「今年こそは!」と思いつつ、どこかで「ま ...

No Image

「に」

「人生つまらないな」と感じてしまう時ありますよね。毎日同じことの繰り返しだったり、刺激がない日々を送っていると、なんとなく面白くないなあと感じてしまいます。

そんな感情が続くと、人生までもがつまらないと思え ...

No Image

「な」

相手との心の距離をグッと近づけてくれる心理効果があるのが名前呼び。しかし大人になるとそんな気軽に名前呼びに切り替えることが照れくさくなりがちです。

大好きな人を名前で呼びたい、大好きな人の声で名前呼びされた ...

No Image

「と」

友達として仲良しだけど、本当は彼が好き!でも、もし告白してフラれたら?この関係が崩れてしまうのは嫌。

彼は私のこと、どう思っているんだろう!?このまま自然にいい感じになって、彼女になれたらいいのに・・・。 ...

No Image

「て」

電話のベルが鳴ったら、できるだけ早く受話器を取り、「ハイ、○○です」とか「○○でございます」と、こちらの名前を名乗ります。

特に待たせたときは、「お待たせしました」の一言を忘れずに。

先方が話し ...

No Image

「つ」

いろいろなことが起こる日々。毎日、穏やかで優しく明るい気持ちでいたいけど・・・そんな日ばかりではありませんよね。

でも、ネガティブな気持ちは、周りのいいことも見落としてしまいがちに。

いつもポジ ...

No Image

「ち」

男性と知り合う方法として、友人からの紹介というものがありますが、果たして上手く行きやすい出会い方なのでしょうか?

ナンパなど、やはり運命的な出会いほど、相手の中身はどういう人なのか、事前に知ることが難しいで ...

No Image

「た」

愛情表現が足りないと感じる女性、愛情表現をしているつもりなのに伝わっていないと感じる男性、愛情表現って難しいですよね。

「彼は本当に私のことが好きなのだろうか?」という不安は、いつも女性たちを悩ませます。 ...

No Image

「そ」

一緒にいて居心地が良い素朴な人。自然体で気取っておらず、ついリラックスさせられます。

しかし、人から素朴な人と言われると、褒め言葉かどうかわからない場合もあるのではないでしょうか。

素朴には、ふ ...

No Image

「せ」

合コンで知り合った男性や友人の紹介で知り合った男性とデートすることってありますよね。

そんなとき、相手の自分に対する気持ちはある程度態度で気づくことができてしまうんです。

たとえば、男性の自分を ...

No Image

「す」

大好きでこの先もずっと一緒にいたい彼氏だからこそ、「彼は私のことどう思っているんだろう・・・」って彼氏の気持ちも気になってしまいますよね。

もちろん彼にもずっと一緒にいたいと思ってもらいたいのは当然。

No Image

「し」

およそすべての人間が一度は経験する深い絶望という感情。

多くの人はこの感情を忌み嫌い、遠ざけて生活しています。そうして、ある時、何もかもが嫌になり自暴自棄になってしまう。

失望のスパイラルは長く ...

No Image

「さ」

「男性の優しさとは?」女の子の間でも、たびたび議論が巻き起こる話題のひとつですね。

優しさはパートナーにしたい男性の必須条件として語られることも多いですが、中には「優しいだけの男なんてつまらない」なんて声も ...

No Image

「こ」

アラサーにもなると、人を好きになりにくくなります。さまざまな経験をして、男性を見る目が肥えてしまっていることがその理由。

仕事同様、恋愛は達成感と屈辱感の繰り返しです。そこに結婚・・・つまりは妊娠と出産への ...

No Image

「け」

一緒にいる時間が長くなってくると必ずといっていいほどやってくる「倦怠期」。

「倦怠期の時期」がいつやってくるかなんて明確にはわかりませんが、だいたい3の倍数、つまり3ヶ月おきにやってくるなんてよく言われます ...

No Image

「く」

個人ショップから大規模なチェーンに至るまで、店舗の宣伝費の一環として、ホットペッパービューティーやエキテンなどの口コミサイト、レストランならば食べログやぐるなびといったサイトに登録しているケースは少なくないでしょう。 ...

No Image

「き」

恋に落ちる瞬間、あなたはどのような気持ちになりますか?「性別で違いがある」なんて言われますが、今や柔軟で流動的な恋愛事情。

恋に落ちることは、それに伴う不安や苦労に関係なく、人生で最も重大で、新鮮な体験のひ ...

No Image

「か」

そろそろ結婚しないとマズい、と分かっていても「なかなか結婚に踏み切れない…」という人も多いかもしれません。

そんな人は、結婚したらどんな幸せが待っているか、具体的に想像したことはあるのでしょうか? ...

No Image

「お」

恋の始まりでは、「目があった瞬間、ピンときた」なんてことがある一方で、恋の終わりはなんとなく曖昧で、いつから別れの予兆が始まっていたのか気づきにくいもの。

「考えてみると、あの頃から君の態度は違ってた〜」な ...

No Image

「え」

小さなことでも屈託なく笑う素敵な笑顔の女性を、眩しいと感じる人は多いでしょう。

内面の美しさと優しさがにじみ出たような魅力的な笑顔は、女性からも男性からもモテるのです。

その華やかで明るい雰囲気 ...

No Image

「う」

「人は見かけによらぬもの」とはいうものの、実際のところ少なからず影響はあるだろう。特に恋愛においては、このことを感じる人は多いはず。

だが容姿に恵まれた人は、そのルックスのおかげで本当にいいこ

No Image

「い」

恋愛における一途な男性とは、決して相手を裏切ることなく一人の女性との恋愛関係を育もうと努力する人のことを意味します。

女性にとって理想のパートナーとも言えますが、一途な男性と浮気性の男性を見分けるのは実は非 ...

No Image

「あ」

夫婦は実は家族でありますが、赤の他人同士なのです。夫と妻に当たり前ですが血のつながりはもちろんありません。

家族を見てみると子供や親はこれもまた当たり前ですが血のつながりがあります。

そうなので ...

No Image

「わ」

恋愛をしていると、毎日が輝いて目に映るものすべてがキラキラして見えますよね。良い恋愛をしていると、充実感ややる気がみなぎってきて、心が浮き浮きとしてくるでしょう。

ですが、恋愛は一人ではできま

No Image

「ろ」

婚活をしている人が6回目のお見合いで、やっと交際成立になりましたが、男性も女性も問わず、1回目のデートに行ってすぐにキャンセルしてしまう人が多いのです。

個人的な感想ですが、それはあまりにももったいないこと ...

No Image

「れ」

劣等感とは、過去に周囲から「低い評価」を受け、その苦しみに耐えられなくなり、自分もその評価に降伏することで作られます。

「そうだよ。どうせ私は○○だよ」と認めた瞬間に、劣等感は完成するわけです。

No Image

「る」

男性の中にはお付き合いする女性を選ぶ際に、性格などの内面よりも「美人かどうか」「可愛いかどうか」などの外見的な魅力を重視して決める人がいます。

それが、いわゆる「面食い」。面食いの男性は、女性から嫌われやす ...

No Image

「り」

結婚につながる良縁を掴み取りたい!出会いを求めている人なら、誰でもそう願うものですよね。でもそもそも良縁って?

まず「良縁」と「縁結び」の違いはなんなのか?

お付き合いされた方が全員「良縁」だっ ...

No Image

「ら」

「彼女を口説くのはオシャレなバルで」ーー。アルコールの力を借りて女性を落とすのは昔からの定石だが、最近はランチデートで外堀を埋める方が効果的だという。

「男性を取捨選択するためのチェックポイントみたいなもの ...

No Image

「よ」

好きだけれど、女性からのアプローチって男性から引かれないかな……?なんていう悩みを抱える女性はいると思います。

女性は控えめであるべき、なんていう考え方だってありますよね。

しかし、女性からのア ...

No Image

「ゆ」

結婚を軸としたライフスタイルについて独身男女の皆さんに聞きました。男女とも人生を左右するのが出産の問題です。

夫と妻が何歳の時に子供を持つか。さらに妻の育児期間中収入があるかないかによって夫婦のライフスタイ ...

No Image

「や」

よく「優しい男がいい」という女性がいますが、「優しいだけの男」は決してそれには当てはまりません。

「いい男」は自分より立場が下の人を大切にできます。たとえば仕事でも協力企業の担当者に横柄に接することなどは決 ...

No Image

「も」

恋愛上手な女子から、「もっと積極的にがんばれ!」と言われたことはないですか?またはその反対に「いつかそのうち恋人なんかできるよ」って悩んでいる気持ちを全然わかってくれなかったり。

あなたはあなたなりに頑張っ ...

No Image

「め」

気になる人をデートに誘うとき、直接会ったり電話で誘うよりも「メール」なら簡単に誘えるような気がしますが、いざ誘うとなるとやっぱり緊張するものです。

でも、いくら緊張したってデートに誘うことができなければ、お ...

No Image

「む」

狙ってないのに、つい出ちゃうあいつ。無意識に方言が出てきてしまうって方いませんか?生まれてから何年もその言葉で育ってきたから、当たり前。

気にすることはありません。むしろ、方言が出てしまう女の子はモテるなん ...

No Image

「み」

結婚したいと毎日のように唱える日々の中で、ふと「何で結婚したいんだろう?」という疑問が浮かぶことはありませんか?

目的を見失ってしまうと一気に結婚への気持ちが薄れたり、挫折してしまうこともあります。 ...

No Image

「ま」

マメな男性がモテる理由は「女性が男性から大事に思われている」と感じることに他なりません。

マメな男性は観察力があると言われており、「今女性の気分はどんな感じかな」「忙しくしているのかな」と相手の視点に立って ...

No Image

「ほ」

世の中には、自分で何でもでき、ぐいぐいと人生を切り開いていく女の子もいれば、男性に守ってもらえる女の子もいます。

彼に、「ほっとけない」と思わせ、いつまでも愛情をつなぎとめておくためには、どうすれば良いので ...

No Image

「へ」

「土日祝に、仕事が休めないが、お見合いは大丈夫だろうか?」「お見合い日程がうまく組めないのでは」と心配されている方も多いです。

「ご心配いりません」「平日夜のお見合い」をお勧めします。あなたは平日なら休めま ...

No Image

「ふ」

結婚を前提に付き合う彼氏は、この人で大丈夫かな?今付き合っている彼氏は結婚相手にふさわしい?……こんな悩みを抱えている人は少なくないはず。

一緒にいて無理のない彼氏なら結婚もOK

男女問わず、自 ...

No Image

「ひ」

一人で生きていくという選択は、ときには周りの人に受け入れてもらえないことがあります。

一人で生きる覚悟をしたけれど、実際これから大丈夫なのかと不安に感じてしまう人も多いでしょう。

一人で生きると ...

No Image

「は」

好きと態度で示せたら、片思いから脱出できるのに。わかって欲しいけど、知られたくない気持ちは恋する悩みの一つですよね。

素直に好きだと態度に表せばいいのですが、気になる人の前ではうまく表現できないもの。

No Image

「の」

「お付き合いしている彼がいるけど、将来が見えないからお別れして違う人に乗り換えたい……」そう思う女性も少なくないはずです。

どれだけ好きな彼でも、将来性のない人とは関係を続けていくのは難しいもの。そんなこと ...

No Image

「ね」

引き寄せの法則は自分で頑張って願いを叶えるのではなく、他力という見えない力によって自然と願いが叶えられていく、という仕組みになっています。

そのため、自力で頑張れば頑張るほど引き寄せの法則は働きにくくなりま ...

No Image

「ぬ」

専業主婦が夫に対して家事分担をお願いするのは、おかしなことなのでしょうか?結論から言うと、「おかしくはありません!」専業主婦はとても忙しいものです。

毎日の食事の支度を考え、掃除・洗濯をし、子供がいる家庭で ...

No Image

「に」

お見合いで意気投合して、お互いがもう一度会いたいという意思表示をすることで「交際」という段階に進みます。

その間に結婚に向かって互いを理解し合いながらお相手との距離を縮めて良好な関係を築いていき、結婚する意 ...

No Image

「な」

人生を共に過ごすパートナー選びは慎重に行いたいものです。婚活を始める際には、好みの条件や共通点を重視される方が多いですが、相性にも注目することが大切なのです。

基本的な考え方や生活の仕方に大きな違いがあると ...

No Image

「と」

毎日通勤途中に見かける彼、バイト先や仕事先で顔は合わせるけど名前もわからない彼などなど、一目惚れした経験のある方は多いのではないでしょうか?

そして、今現在一目惚れしたものの、アプローチ方法が分からず「この ...

No Image

「て」

やっと取り付けたデートの約束。めでたく恋を成就させるためにも、失敗は許されません。しかしながら、「実は初デート…」と尻込みしてしまう30代男性も多いのでは?

相手のことを深く知らないままにデートへ誘ったなら ...

No Image

「つ」

カップルにとって、付き合い始めるまでにはドキドキしたり、他に好きな人がいるんじゃないかいろいろ考えちゃいますよね。

でも付き合い始めれば、安心とラブラブなとき。ずっと好きな彼氏といつまでも付き合っていたい! ...

No Image

「ち」

「男性の優しさとは?」女の子の間でも、たびたび議論が巻き起こる話題の一つですね。

優しさはパートナーにしたい男性の必須条件として語られることも多いですが、中には「優しいだけの男なんてつまらない」なんて声も聞 ...

No Image

「た」

女の子を飽きさせない、デートの会話術

どんな会話であれ共通する、会話を飽きさせないポイントは、二人の会話を盛り上げるということ。

つまり、相手の興味のある話を共有する、もしくはこちらの話に興味を ...

No Image

「そ」

大好きな人と相思相愛になることができたら最高だ・・・そう思いませんか?

相思相愛ってなんともいい響きですよね。でも、なんとなく使っているこの言葉、そもそもどういう意味なのかご存知でしょうか?

相 ...

No Image

「せ」

デートの最中、彼氏の態度にイライラさせられたことはありませんか?せっかくのデートなのに、ムカついてしまう彼氏の態度とは?

優柔不断すぎる!

「予定を何も考えていなくて、どうするのかもはっきりしな ...

No Image

「す」

恋愛・・・と一口に言いますが、「恋」と「愛」とでは厳密に言うと、意味が違います。

恋するということは、特定の相手に思慕の情を抱くこと。決まった相手を好きになり、一緒にいたいと思いことです。

一方 ...

No Image

「し」

今年一年けい花をお引き立ていただきありがとうございます。

来年も、婚活に役立つメッセージを積極的に発信してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

誰か新しい人と

No Image

「さ」

恋愛で悩む多くの女性からのご相談で、こう言うお話をよく聞きます。

「彼は変わったんですよね。昔はもっと優しかったのに・・・。」

「昔の彼は、もっと〜だったし、私に一生懸命だった・・・。」 ...

No Image

「こ」

婚活で何回目に会ったときに交際申し込み・告白をするか?

初めて2人で会う→一週間後にもう一度食事→更に一週間後に終日デートという形で進み、終日デートの終わりに交際申し込み、もしくは終日デートの次に会った時に ...

No Image

「け」

日本ではいまだに、適齢期を超えて独身でいると、周囲からの視線が厳しくなる傾向があります。

たとえ、キャリア的に成功していても、どこか哀れな目で見られたり、負け犬扱いされたり・・・。

シングルは自 ...

No Image

「く」

経営者のあなたは、多くの商品やサービスの中で、ある商品だけが受け入れられ一気に広がっていく理由を、じっくり考えてみたことはあるでしょうか?

なぜ、特定の商品やサービスについてだけ、消費者同士の口コミ広がり続 ...

No Image

「き」

結婚前は冴えなかった男性が、既婚男性になってから急にモテるようになることがありますよね。

素敵な男性と知り合いになり「やっと私にも春が来た!」と思った矢先、「実は俺、結婚して奥さんも子供もいるんだよね…。」 ...

No Image

「か」

気になる異性と一緒にいる時、やたら考え方が合ったり、趣味嗜好が同じだったりする時はありませんか?それはもしかしたら「波長が合う」ということなのかもしれません。

波長が合うとは、いったいどういうことを指すのか ...

No Image

「お」

私たちは、「人に親切にしよう」と子供の頃から教えられてきました。

子供のときには純粋にできた「親切」ですが、大人になってくるとそこに「打算や見返り」が見え隠れしていませんか?

「親切」のつもりで ...

No Image

「え」

結婚は大きく分けると「恋愛結婚」と「お見合い結婚」の2つがありますが、あなたはどちらをしたいと思いますか?

もし、街頭で未婚の男女がテレビインタビューされたとしたら、やはり「恋愛結婚がいい」という人が多いの ...

No Image

「う」

世の中には強運の持ち主と不運な人、運の良い人と、悪い人がいるように見え、「運も実力のうち」なんてことを言いますが、、運なんて本当に存在するのでしょうか?

我々はすべて、科学的には確率論に支配された偶然に一喜 ...

No Image

「い」

「大人になるほど恋愛がうまくいかない」そう感じている女性は多いはず。

仕事の忙しさからすれ違ってしまったり、結婚にこだわるあまり打算的になってしまったり、はたまた過去のトラウマが邪魔になったり・・・とにかく ...

No Image

「あ」

新しい出会いを引き寄せたいと言いながら、実際にやっていることは元彼へ連絡をしたり、男友達に甘えたりと、言動が一致していない人も多いのではないでしょうか?

毎日、頑張っているからこそ、誰かに寄り掛かりたくなる ...

No Image

「わ」

「結婚適齢期っていつ?」そんな疑問を抱いたことがある方は多いはず。最近ですと、女性は平均20代後半で結婚する方が多いようです。

この平均年齢は年々上昇していて「晩婚」の傾向にあります。「仕事やプライベートの ...

No Image

「ろ」

大好きな彼女。好きな気持ちが強ければ、長く付き合っていくうちに、結婚を意識し始めますよね。彼女そろそろ結婚かな?プロポーズはいつ?なんて考えてしまう男性も少なくないはず!

しかしながら、男性が結婚を決意する ...

No Image

「れ」

「いい女」の条件とはどんなことだと思いますか?

顔やスタイルが良くて、オシャレで……。実はそれらは全部女性目線の「いい女」なのです。では、男性の考える「いい女」の条件とはどんなものなのでしょうか? ...