No Image

「め」

「愛する、それはお互いに見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである」これは″星の王子様〟の著者、サン=テクジュペリが残した有名な言葉です。

「恋する」「愛する」、共に誰かを思う気持ちは同じです ...

No Image

「む」

綺麗な女性をゲットするのは、男の夢ですよね!綺麗だから・美人だからという理由で付き合うことを諦めていませんか?

実は、美人ほどアタックすると逆に成功しやすいことがあるんです!相手の外見だけで諦めずにアプロー ...

No Image

「み」

知的でいて、美しい女性。そうあれたら、とても嬉しいですよね。知的であるものの、美しくあることにこだわりがない人も、また逆に、美しいけれど知性に欠けるという人も、せっかく女性に生まれてきたのに残念な気がします。 ...

No Image

「ま」

「人間は自分にないものに魅力を感じる」と良く言われています。たとえば、「地味で目立たない主人公と学校のアイドルのような男子がお互いに惹かれ合い、恋をする」なんて設定は漫画の世界ではお決まりのパターン。

現実 ...

No Image

「ほ」

永遠に続く恋を「本当の恋」と呼ぶ人もいれば、過去の記憶にあった恋愛を「本当の恋」と呼ぶ人もいます。それが、片思いなのか両思いなのかも人それぞれ。

たとえ付き合っていても、彼が無職だったり、浮気性だったり・・ ...

No Image

「へ」

好きな人の連絡先を手に入れたけれど、どんなLINEをしていいか分からない・・・と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

LINEは顔が見えないため、男性が喜んでいるのかどうかが分かりにくいものです。

No Image

「ふ」

「彼氏としては最高」な男性が「結婚相手」としてふさわしいかはまた別の話だと言われています。

付き合っていた男性に対して、「この人とは結婚できない」と思った経験のある女性は約75%。4人中3人ですから、かなり ...

No Image

「ひ」

あなたはひとりが苦手ですか?

一人で家にいるのがそわそわする。休日は誰かと予定が入っていないと不安になる。こんなことに心当たりがあるなら、あなたはとても寂しがり屋な人かもしれません。

さみしがり ...

No Image

「は」

ハッピーエンドといえば道中にいろいろな問題を抱えながらも物語の最後にはおおよそ都合よくめでたく終わるような小説や映画などの結末を指していますよね。

漫画にせよドラマにせよ映画にせよ、世の中には最後は大団円で ...

No Image

「の」

コミュニケーションの悩みは誰にもつきものです。あなたもコミュニケーションが上手な人を見て、「あの人みたいになりたい」と、そう思ったことがあるかもしれませんね。

⚫︎ 初対面の人と会話が続かず、 ...

No Image

「ね」

人間関係における「やさしさ」とは?私が知る成功している人たちは、軒並みみんな優しい。これは偶然ではありません。

なぜならやりがいのあることは、たいてい一人ではなし得ないものだから。周囲との良好な関係を築くこ ...

No Image

「ぬ」

せっかくのデート。計画を綿密に練る人もいれば、行き当たりばったりの人もいるだろう。デートの計画には、その人のタイプがはっきりと出るものであるが、一体どちらのタイプがモテるのだろうか?

⚫︎ 計 ...

No Image

「に」

お見合いが成立して日程が確定したら、あとは当日に向けて準備をしていきます。しかし相手が急な予定や約束が入ってしまい、「どうしてもお見合いができない・・」という場合もあります。

お見合いの日程が変更される理由 ...

No Image

「な」

人は「ないものねだり」を繰り返します。そんな欲深い心理に振り回されることで、生きづらさを感じている人も中に入るかもしれません。

「ないものねだり」という言葉があるように、ついつい人はないものねだりをしてしま ...

No Image

「と」

「突然ごめんね」そんな言葉から始まったのは、本当に突然の告白。突然の告白はとてもドラマティックです。

でも実際、自分がその場面に遭遇すると、びっくりして頭が回らなくなるかもしれません。それが、好きな人からの ...

No Image
「て」

自分の気持ちをうまく伝えられないと、もどかしい思いをしますよね?

「いいアイデアが浮かぶのにうまく話せない」「話を最後まで聞いてもらえない」そうした悩みを抱える人はとても多いのです。

相手にしっかりと気持 ...

No Image

「つ」

出会った後にまず悩むのが「連絡はどうすればいいのか」「連絡の頻度はどれくらいが目安なのか」ということです。

この点を間違えると相手によくない印象を与えてしまうので、必ず押さえておきましょう。

ま ...

No Image

「ち」

諺とは、昔から、言い伝えてきた教訓や風刺などを短い言葉で表しています。簡潔で分かりやすい言葉ですが、一見して、なぜその言葉がその意味を持つのか分かりません。

たとえば、「石の上にも三年」この諺は、辛いことも ...

No Image

「た」

誰だって、結婚に夢とあこがれを持っているものです。けれど、結婚は意外に地道な作業の繰り返しです。

彼からプロポーズされたあなたは、まさに幸せの絶頂にいるでしょう。

結婚式はどんな風にしよう?新婚 ...

No Image

「そ」

そつがない人の意味とは、行動や態度に無駄がなく、何事もテキパキとこなしてしまうような人のことです。

仕事などに関しても手抜かりなく、ミスも少ない人に対して使われます。そんなそつがない人はあなたの周りにも1人 ...

No Image

「せ」

結婚しているのと結婚してないの、どちらが世間体が悪いかと言われれば、結婚してない方が明らかに世間体は悪いです。

なぜなら大人になると結婚して家庭を持つ人の方が結婚しない人より多いから。ほとんどの人が結婚する ...

No Image

「す」

誰かを好きになる瞬間や、誰かを好きになる過程と聞くと、同じではないかと思っている人は多いです。しかし実際には男性と女性では、誰かを好きになる瞬間や好きになる過程は違います。

男は瞬間的に女性を好きになること ...

No Image

「し」

いきなりですが、「あなたの長所と短所をお聞かせください!」。

自己紹介や自己PRなどでも、「10秒以内に長所を3つ、短所を3つ発表ください!」など、不意に質問されて、一瞬固まってしまった経験はありはせんか? ...

No Image

「さ」

結婚相談所の「3ヶ月ルール」という言葉を聞いたことがある人もない人も、「出会って3ヶ月で結婚するのが結婚相談所だ」と聞くと、驚くかもしれません。

IBJ日本結婚相談所連盟で2018年に成婚した人たちの交際期 ...

No Image

「こ」

国際結婚・・・憧れる方も大勢いらっしゃいますよね。

「海外の大きなお家で、素敵な外国人の旦那さんと、目も髪もクリクリの子供に愛されて幸せな日々・・・まるで映画のような日々を送れそう」

夢を壊して ...

No Image

「け」

みなさん、結婚するときに相手に求めることは何ですか?相手への気持ちは大前提ですが相手の経済力を気にする人もいるかと思います。

結婚する際自分の経済力をあてにされると嫌がる男性はいますよね。ですが、実際には相 ...

No Image

「く」

辛い経験は人を成長させてくれます。人との付き合い方、生活のスタイル・・・人生に対する考え方がガラリと変わったりします。より良い自分になるには、挫折や失敗を経験することも大切なのです。

寒い夜をヒーター無しで ...

No Image

「き」

婚活の効率が良いのは結婚相談所に登録することですよね。

けれど、登録してもなかなか男性から声がかからないと時間の無駄になってしまいます。登録したての頃は数人とお見合いしたけれど、2〜3ヶ月もしたらパッタリと ...

No Image

「か」

男性が「カワイイ」と思う女性の定義については、人それぞれではありますが基本的に男性らしくないということが挙げられます。

男と女がどうして惹かれ合うのか?

とっても深い話題ですが、要するに、「相手 ...

No Image

「お」

「20代で婚活って、ちよつと早いかな。」「もう40代になっちゃったけど、今から婚活って遅いでしょ?」年齢を理由に婚活に踏み切れない人は多いのではないでしょうか。

〈20代になったら結婚〉という時代が変わり、 ...

No Image

「え」

「えっと」をつける人の心理の1つに考えながら言葉を選んで話しているケースがあります。この場合、性格は慎重で思慮深い人がとても多いです。

人に何かを伝えるためにベストな言葉をどうすればいいのか「えっと」と言っ ...

No Image

「う」

男性の好みのタイプは?と聞かれたら、優しい人と答える方は多いものです。

しかし、優しい人だと思っていたのに、付き合いが長くなってくると冷たい一面が見えてしまったり、優しいとは言えない優柔不断な男だったりした ...

No Image

「い」

彼氏の理想の彼女になりたい!と願う女性は多いと思います。彼氏から「君は理想の女性だ!」なんて言われたら、とても嬉しいですよね。

でも、男性の考える理想の彼女とはどういう女性なのでしょうか?まずはそれがわから ...

No Image

「あ」

入籍後にやることはたくさんありますよね。特に女性は苗字が変わる人も多いので、行うべき手続きは山ほどあります。

新居への引越しも伴う人ならもう大変。様々な変更手続きが必要になります。

苗字が変わる ...

No Image

「わ」

人それぞれ違う好きなタイプ。自分の中にある好きなタイプに基づいて、お付き合いする人を選びますよね。

できることなら、好きな人の好みのタイプに近づきたいと誰もが思っているはず!恋愛をうまく進めるためにも、異性 ...

No Image

「ろ」

あなたは老後において仕事を続けたいと思われるでしょうか?「今まで忙しく走ってきたので、老後は何もせずにのんびりと過ごしたい」

多くの方は、当初そう考えていらっしゃるようです。しかし、実際に老後を迎えられ、し ...

No Image

「れ」

最近ここに至っては音楽鑑賞のカタチですが随分と多様にわたるものです。

たとえば…

部屋のオーディオプレイヤーでCDを聴く

部屋のオーディオプレイヤーでレコードを聴く

部屋 ...

No Image

「る」

女性の外見を重視してしまう男の心理のひとつとして、「自分の価値を高めたいから」という理由があります。

男は綺麗で可愛い外見をした女性を恋人に選ぶことで、「俺はこんなにキレイな女性を恋人にすることができるんだ ...

No Image

「り」

思い切ってデートに誘ってみたら、なんとも言えない返事をされた。「これってOK?それともNG?」なんて、悩んだ経験がある男性もいるのではないでしょうか。

◼️ 「その日はダメ」

No Image

「ら」

気になっていた彼との初デートがとても楽しかったら、またデートしたいと考えるのは当然のことです。

ですが「自分から次のデートに誘うのは恥ずかしくてできない」と感じる女性も多いのではないでしょうか?

No Image

「よ」

まず初めに、付き合うということが何なのかを考えましょう。付き合うことの「心構え」を語る前に、付き合うとはどういうことなのか、どこに向かっているのか、を知る必要があります。

付き合うということが何なのか分から ...

No Image

「ゆ」

婚活男性に対して女性はどういう風に思っているかというと、実は最初からあまり良い印象を持たれていない場合が多いです。

たとえば、女性は結婚を真剣に考えてやってきていても、男性側はとにかく出会うだけを求めていて ...

No Image

「や」

「遅番/夜勤がある」「シフト制で休日が読めない」「長時間労働で大変」など、結婚したいのに職場の事情で婚活しにくい男性もいることでしょう。

「シフト制のため不定休」「労働時間が長い」といった仕事が大変なワーク ...

No Image

「も」

最初はどんなにラブラブでも、一定の時間が経つとカップルも落ち着くものですよね。そんな中で、彼女をどんどん好きになってしまった男性もいるようです。

倦怠期を迎えるカップルとの違いはどんなことでしょうか?

No Image

「め」

携帯電話、スマホは一人に一台が当たり前になったこのご時世。世の女性たちは彼とどれくらいの頻度で連絡を取るのでしょう?

ちなみに、20〜30代の女性にアンケートで聞いてみたところ、「毎日」がダントツという結果 ...

No Image

「む」

好きだから。そう、「好きだから」無理をしてでも彼と一緒にいたい。もしかしたら自分ではもう無理をしている感覚が麻痺してないかもしれません。

でも無理な恋愛はNG。

会いたいけど、疲れる

No Image

「み」

愛情表現が足りないと感じる女性、愛情表現をしているつもりなのに伝わっていないと感じる男性、愛情表現って難しいですよね。

「彼は本当に私のことが好きなのだろうか?」という不安は、いつも女性たちを悩ませます。だ ...

No Image

「ま」

付き合いが長くなると、どうしてもマンネリ化してしまいますよね。倦怠期を招かないためにも、デート改革をして気分を一新するのが◎。

いつもデートは彼任せという方は、たまには自分からデートプランを提案してみません ...

No Image

「ほ」

結婚相談所では、ほぼ100%に近い確率でお見合いはホテルのラウンジを利用します。

一般的には高級ホテル・・・と呼ばれるようなホテルには、宿泊者向けにラウンジ(クラブラウンジやエグゼクティブラウンジと呼ばれる ...

No Image

「へ」

JAIA輸入車新規登録台数ランキングではメルセデス・ベンツは日本でのシェアがフォルクスワーゲンに続き2位と大人気のブランドです。

そのベンツの中でも日本で最も売れているのはCクラス。ベンツの入門としてまずは ...

No Image

「ふ」

ふてぶてしい人は身近にいないでしょうか?彼らのどこか偉そうで図々しいブスッとした顔つきは、見ている人に良くない印象を与えます。

ふてぶてしいという言葉を耳にしたことがあるでしょうか?具体的にはどういう意味な ...

No Image

「ひ」

あなたにとっていつの間にか大切な存在になっていた…そんな人がいるはずです。恋をすると、好きな人が大切な存在になるでしょう。

あなたと同じく、好きな人にとって大切な存在は自分でありたいものです。誰だって好きな ...

No Image

「は」

初恋の人がどんな人であったのか覚えていますか?きっと誰の心の中にも初恋の思い出というものが残っていることでしょう。

思い出すだけで胸がキュン・・・とするのではないでしょうか。初恋から時が経ち同窓会などで会う ...

No Image

「の」

婚活をしていれば、ときには断らなければいけないシーンも出てくるでしょう。今後の接点がなくなるとはいえ、相手を傷つけないように断るのはなかなか難しいものです。

ましてや正式に告白されたわけでないなら、なおのこ ...

No Image

「ね」

気さくでさっぱりとした性格のサバサバ女子。フランクなので、男女問わず交友関係が広いイメージですが、それはあくまでも真のサバサバ女子に限ってのことです。

意外と乙女

「私サバサバ系だから女の子扱い ...

No Image

「ぬ」

そもそも同じ趣味の人と出会うと、どんな良いことがあるのでしょうか?

まずメリットとして挙げられるのは、共通の話題が多く話が広がりやすいという点です。初対面だったり、出会ってから日が浅いとどうしても話に詰まっ ...

No Image

「な」

やたらと自分のことが好きな「ナルシストな女」、あなたの周りにはいませんか?実は男性から見ても、「ナルシストだな」と思う女性が身近に存在しているようです。

あまりにもナルシスト過ぎると、男性からドン引きされて ...

No Image

「と」

「普段は明るいけど、本当は寂しがり屋じゃない?」なんて言われると、どうしてわかるの?と思ってしまうこと、ありませんか?

これがバーナム効果です。このバーナム効果を恋愛に効果的に使えば、「自分のことをわかって ...

No Image

「て」

ネットで検索すれば、婚活パーティー、出会いパーティー、○○県 ○○市などたくさん出てくるはずです。

また、新聞でも広告が出ているときがあります。雑誌、地元のタウン誌を見れば、たくさん見つけることができます。 ...

No Image

「つ」

街を歩くカップルに注目すると、恋人同士はラブラブに見えますが、なぜか夫婦は愛情が冷めているように見えるものです。

確かに、あからさまにラブラブな一面を見せている夫婦はあまりいないですからね。最も、それは冷め ...

No Image

「ち」

お見合いに限ったことではありませんが、遅刻というのは非常に印象が悪いものです。「待つ」という行為は、想像以上にパワーを使うもの。

間に合うように準備をして移動するということに加え、お見合いともなればかなりの ...

No Image

「た」

高嶺の花と言われることは、女性としてとても名誉なことではありますが、実は高嶺の花はモテないという事実がありますよね。

何もかもが完璧に見える高嶺の花がモテない理由とは一体?

「高嶺の花」という言 ...

No Image

「そ」

忖度とは、他人の気持ちを推し量ること。つまり、察するというやつです。

これって恋愛ではよくある話ですよね。「彼は私のこと好きなのかな?」「どうすれば彼女は喜んでくれるだろう」というように、相手の気持ちを考え ...

No Image

「せ」

青春時代の感性って今の僕らの世代の人間はもう持ち合わせていないのだと思う。

なぜなら、青春時代の柔軟な感性は、固定化してしまい色々なものに対して新鮮な感性を維持できなくなってきているのではないでしょうか。 ...

No Image

「す」

スイーツ男子とは甘党でスイーツが大好きな男性のこと。女子より女子力のたかそうなスイーツ男子の特徴と行動パターンを知って、彼に愛される女性になりましょう。

「甘いものを食べないと元気が出ない」なんて言ってしま ...

No Image

「し」

幸せなカップルの秘訣はまず、共通の趣味があること。もともと同じ趣味や好みを持っていれば、一緒にいる時間もさらに楽しめますよね!

もしなければ、相手の趣味を真似して始めてみたり、少し勉強してみると、共通の話題 ...

No Image

「さ」

「寂しい」という感情を生み出す脳の部位は「肉体的な痛み」を生み出している脳の部位と同じところにあります。

そのため、寂しさには肉体の痛みと同レベルの苦しみが伴います。これは人間が「社会的な動物」であることか ...

No Image

「こ」

ニュースなどで取り上げられることもありますが、婚活・出会いの場が時代とともに多様化し、それに伴って様々なトラブルが起きることもあります。

例えば、パーティーでいうと、参加したらビジネスや宗教の勧誘をされた、 ...

No Image

「け」

「継続は力なり」とは、続けることの重要性、たゆまず、くじけずに続けていくことの大切さを述べた表現・格言です。

この格言の意味合いは主に次の3つに解釈できます。

①個々としての成果は

No Image

「く」

結婚は、いつでもすぐに別れられる同棲とは違い、社会的な責任も発生するため、「ノリで結婚してみたけど、なんか違ったから別れよ。」などという軽い判断はできません。

とはいえ、仮面夫婦を続けるのも、できれば避けた ...

No Image

「き」

決められない状況には、大きく分けて3つのケースがあります。

ひとつ目は、好ましいものの中から選択するケース。レストランでの注文、洋服やお土産選びで迷う時のように、「これもいいけど、あれもいい。可能ならば全部 ...

No Image

「か」

過去のトラウマで恋愛ができないというのは、よほどつらく苦しい思いをされたのだと思います。

そう簡単には忘れられるわけでもありませんから、次の恋に行くことができれば、どんなに楽でしょう。

あなたが ...

No Image

「お」

几帳面な性格の人はA型男子に多く見られるようです。アウトドアなどのデートの時は、念入りな準備に頼もしい限りです。

都会でのありがちなデートよりも、山登りや釣りなどのアウトドアデートの方が、A型男子の長所が活 ...

No Image

「え」

影響力のある人とは、自身の行動の影響が、周りに派生させるほど大きい人のことです。この派生する人の人数が多ければ多いほど、影響力があると言われています。

その逆に、他人をまったく影響させることができない人は影 ...

No Image

「う」

大好きな彼氏に嘘をついてしまったことはありませんか?「無駄な心配をかけたくない」「やましいことはないから心配ない」などという理由から、悪気はなくついた嘘であっても、ときに彼氏を傷つけてしまいこともあります。

No Image

「い」

「ずっと一緒にいたい」そう思える彼氏と出会ったことはありますか?大好きな人と「ずっと一緒にいたい」なんて、当たり前すぎますよね?

自分が彼氏と「ずっと一緒にいたい」と思うように彼氏にも自分と「ずっと一緒にい ...

No Image

「あ」

蒸し暑い夏本番の時期は、お見合いの服装選びに悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?お見合いは第一印象が大切なのはいうまでもありません。

約1時間ほどの短いお時間で、しっかりと自分をアピールし ...

No Image

「わ」

20代の中には「仕事にやりがいを感じている」「恋愛が楽しい」「結婚はまだ早い」と思っている人も多いです。

しかし、若い女性は婚活でも非常に人気が高く、得られるメリットも多いのです。しかし、若いゆえに気をつけ ...

No Image

「ろ」

50代、60代、70代と、悠々自適な人生を描く人もいる一方で、人との交流が少ない人も増えています。中高年で独身を貫く人の中には、熟年離婚や死別などを経験した人も多く含まれています。

定年退職後、家族以外の誰 ...

No Image

「れ」

女性は占いが好きです。何度恋をしても同じ迷いを抱えたり、目には見えない運命という存在に期待を膨らませたりして、占い師の元を訪ねる人は少なくありません。

でも、占いは頼りすぎると裏目にでるもの。独りよがりな思 ...

No Image

「る」

ヴィトンが好きな人というのは「高級品が好き」という特徴を持っていることが多いです。値段が高いものに対しての信頼が厚く、そのためヴィトンが大好きです。

ヴィトンのバックや財布などを見ていると、それなりの金額が ...

No Image

「り」

どんなにこじれた関係であったとしても、全ての男性が知っておくべき、変わらない事実がひとつだけあります。女性は男性を心から愛していても、別れを告げることがあるということです。

女性は苦しむでしょう。心が張り裂 ...

No Image

「ら」

世の中には恋愛に器用な人もいれば、不器用な人もいます。もっとうまく恋愛ができてたら今頃は幸せな結婚ができてたかも・・・なんて思っている人もいるかもしれません。

実は恋愛でいっぱいモテるからといって、その先に ...

No Image

「よ」

現代は非婚晩婚化が著しく進化している。生涯結婚率が減少しているだけじゃなく、20代〜30代ぐらいの結婚適齢期の年頃の男女であっても、彼氏彼女、恋人がいない男女が大幅に増加傾向にあるという。

そんな中、さらに ...

No Image

「ゆ」

「結婚したい」と言いながらも、なかなか結婚できない女性を見ていて、不思議に思うことがあります。

「見た目も悪くなければ、常識もあるし思いやりもあるし、性格に問題もない。色気がないかというとそんなこともない。 ...

No Image

「や」

アラフォー世代の皆さんは、親御さんや周りの人から、適齢期プレッシャーを与えられたことはありますか?

昨今、あまり親御さんも、適齢期のお子さんに結婚のことをうるさく言わなくなってきたようです。

晩 ...

No Image

「も」

恋はするものじゃなくて、落ちるもの。なんて言葉もありますが、ふと気づいたら「彼を好きになっていた」なんてこともありますよね。

どんな時に「もしかして好きかも・・・?」と自覚するものなのでしょうか?恋の始まり ...

No Image

「め」

女性のおしゃれのひとつとして最近人気がある「眼鏡」。目が悪くない人でもおしゃれなコーディネートアイテムとして取り入れる人がいます。

「眼鏡」を上手に使ったファッションコーデを楽しむ「メガネ女子」は、女の子か ...

No Image

「む」

好きだけれど、女性からのアプローチって男性から引かれないかな……?なんていう悩みを抱える女性はいると思います。女性は控えめであるべき、なんていう考え方だってありますよね。

しかし、女性からのアプローチは恋に ...

No Image

「み」

彼氏が欲しいのになかなかできなくて悩んでいる女性はたくさんいます。こんなに頑張っているのにどうして?あの子にはどうして彼氏ができるの?悩みはつきません。

もういいやと諦めてしまえれば楽なのですが、どうして諦 ...

No Image

「ま」

「マナー」と「エチケット」、いずれも周りの人への気配りを要する場面で使われます。

⚫︎ マナー:態度。礼儀。礼儀作法。

⚫︎ エチケット:礼儀作法

このよ ...

No Image

「ほ」

大好きだった彼なのに破局したりと、恋をすると失恋というビターな体験がつきものです。でもだからといって恋に臆病になっては、ますます幸せから遠ざかってしまいます。

あばたもえくぼなんて言いますが、お互いに惹かれ ...

No Image

「へ」

男性は女性と比べるとメールやLINEの返事も遅いし、返さないこともよくあります。そんな世の女性が不安になる魔の時間に何を思っているのか、紹介したいと思います。

仕事のこと

男性は仕

No Image

「ふ」

縁のある人とはどんな人なのでしょうか?また縁のある人との運命的な出会いとは?縁のある人とはどんな人か、その特徴、出会い方や出会える場所、縁のある人の反対である腐れ縁とはどのような縁なのか?

縁のある人とはど ...

No Image

「ひ」

美人や可愛い、おブスというのは、顔の作りより雰囲気と本人の意識の問題だったりします。なので、どんな人でも理想のイメージに近づくことは可能です。

美人は顔立ちが整っていて、とにかくシャープな印象。目鼻立ちがく ...

No Image

「は」

婚活・お見合いバスツアーとは、結婚につながる出会いを求めている男女のために用意された出会いの場です。

まず出会いの場と聞くと、婚活パーティーなどが思い浮かぶ人も多いと思います。しかし最近はパーティーのような ...

No Image

「の」

気になる彼や付き合っている彼と過ごすとき、あなたはどんな風に接していますか?

それは、彼との関係を結婚まで持っていく能力のことを指すと考えます。事情があって結婚できない場合はあなたと結婚したいと思わせる能力 ...

No Image

「ね」

「周りの女友達に次々と彼氏ができているなか、なぜか自分にはできない……」「彼氏ができない」が口癖になっているなど、彼氏が欲しいと思っているのにいい出会いがなくて、悩んでいませんか?

彼氏が欲しいのにできない ...

No Image

「ぬ」

必要以上に群れたりはせずに、ちゃんと自分の世界観やスタイルを持っている年上女性はカッコ良く見えるし、男性もなんとなく気になるはず。

どこかミステリアスな感じもあったりするので、どんどんと興味や関心が慕ってい ...

No Image

「に」

初めてのデートということで、今日はどんな日になってしまうんだろう、などワクワクする反面、ドキドキハラハラ落ち着かない〜、と心の中では勝手に一人修羅場みたいにもなりますが、でもある意味1回目のデートは「お試し」という位置 ...